神炎の影 グレイブ・ディール

DM>明日が雨らしいので、今日買いました『ザ・ゴッド・キングダム』。
早速改造し、色々やってみました。やはり、『アク×ゼン』はかなり手強い相手。
高速召還を狙う構成にしましたが、やはり安定性を求めるのが一番無難なようです。
といっても、『インフェルノ・サイン』は一枚入れておくと良いです。かなり使えます。
『大地と永遠の神門』はガチです。凄い使い易い。『アク』と『ゼン』が、より倒れ辛くなります。
『デ・バウラ』で回収して使い回す事が出来るため、絶対に握っておきましょう。
その『デ・バウラ』も『インフェルノ・サイン』でつり上げ、その効果で『大地と永遠の神門』を回収し、次のターンにマナからゴッドを繰り出すという恐ろしい技も可能。
『創造神サガ』は、やはり専用デッキで光りそうな一枚。
『アク×ゼン』とのシナジーは強烈すぎて、逆に使い辛い印象です。
神が居れば死なないのですから、死ににくい、それでいて強力でないゴッドと組ませるのが一番無難かと。『レオパルド×ルドヴィカ』や『レオパルド×ペガサス』、または『ファラオ×バルキリー×ポセイドン』辺りが無難か。『ファラオ』なら、単体でもある程度耐性はある。
そして一番歓喜したカードが、『神炎の影 グレイブ・ディール』!
黒い『サーファー』のようなカード。出すと、相手の小型システムを溶かせます。
『コッコ・ルピア』や『ミスト・リエス』、強化されてない『ムルムル』も対象です。
しかも、パワーは3000。ゴーストとしては、これ以上無い程の贅沢品ですよ、こいつ。
マナにゴッドが無くとも、十分優秀なクリーチャー。今後、よく見かける事になりそうです。
早速ゴーストに組み込み使いましたが、やっぱり凄い一枚。是非お試しあれ。
イラストがかっこよくて強いとか、何という救世主なんだ!

クロスカップ>今後注意する事。
それは、Vault様が新殿堂対応になっている事。
対戦ルームは、殿堂非対応の設定にしましょう。
実を言うと、この方が、間違って入られる可能性も下げられて良かったりする。
さあ、いよいよ王が真の暴走を始めるぞっ!
それにしても、何回か連続で小説担当だっただけに、何もしていないと違和感を感じるなw
安奈さんが、次もまた対戦です。しかも、次はどちらかが敗退します。
俺が担当したら、まさにアメリカンホラーの定石通りになってしまいます。
要するに、エロから恐怖へと進展する、よくあるパターン。
アメリカでは最初にポルノっぽいシーンを入れて、主人公達に対する不快感を抱かせてからホラーな展開へと移行するのがよくある展開なんですよねぇ。フレディVSジェイソンとか、まさにそれ。
これ以上語ると話は逸れるから、あえて語らないが。

何か>どうでも良い事。
アメリカンホラーでよくある事
・幽霊が結構人間っぽい
・そもそも幽霊じゃない、モンスター系が多い
・一度偽物でビビらせ、直後に本物登場!
・主人公サイドは、最初大体4人程度。
・怖がって仲間からはぐれた奴が、最初の犠牲者
・「先に行け!俺は後から行く!」
・「ダメよ!あなたを置いては行けないわ!」
・最後は、死ぬ寸前のところで決着がつく
ジャパニーズホラーによくある事
・幽霊が綺麗な女性
・手だけなど、体の一部が見えるフラグ立て
・一段落したと思ったら、最後にまだ残ってた的な展開
・隙間から覗いてたり
・物理的な攻撃が一切効かない(回避されるのではなく、HPが無限と思われる程高い
・相手が強烈な強さを持つため、特殊なイベントを発生させないと勝てない
・襲われる場所は、自宅が多い。
・BGMが少なく、静か
・死ぬ瞬間の映像は無い
なお、どちらにも共通する事は、相手が強靭な戦闘力を持っているという事。
ジェイソン、フレディ、伽倻子、貞子など、人間を遥かに超えている。
エイリアンやプレデターは、幽霊というより外の星の生物だから、ジャンル的にはSFなんよね。ホラーっぽいけど、俺はSFとしか認めねえからなぁ!

ゲーム>そいうえば、デッドスペースのWii版って売れ行きどうなってんやろね。
結構面白そうだとは思うんだけど、どうなんだろ。年齢規制あるけど。
結末は呪怨的な勢いだから、ホラーとしてはなかなかの作品。
それにバイオハザード的な要素も含まれてるから、私的には結構な良作だと思う。
グロい(四肢切断など)があるけど、元祖の方がアレだったからねぇ。
元祖は主人公までグチャグチャになるわ、切断面が見えるわで、かなりグロいです。
Wii版はガンシューティングなので、切れるのは相手だけ。死体もすぐに消えます。
もっとも、相手は人間が変異した得体の知れない怪物ですけども。
無駄な演出が無い分、最近のバイオよりも断然ホラーゲーっぽい。是非お試しあれ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

プラズマ

Author:プラズマ
牢獄でもあり、我が家でもある。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク