はかいのつばさ

DM>WARNING ! WARNING !
Gが第五形態に進化します。
というわけで、本日のレポを軽く

2009年11月15日(日)
プロジェクトコア高槻
参加人数:20人くらい(?)
使用デッキ:闇単墓地進化速攻
 一回戦:VSヘブンズ・ゲート
  序盤からバシバシ殴っていくも、所々中量ブロッカーに邪魔される。
  とりあえず『クリティカル・ブレード』などで除去しつつ、相手シールドは残り一枚。
  その一枚が『ヘブンズ・ゲート』確定(『エメラル』仕込み』)だったので、警戒。
  守りを少し固めて殴ったら、案の定『シリウス』登場。
  が、そこから相手『スーパー・スパーク』。
  残った三枚を吹っ飛ばされ、敗北。

というわけで、本戦はまたも一没。
約束通り、G第四形態は第五形態に進化します。絶対します。
ちなみに、この後にミニ大会があったので、そちらも出場。

ミニ大会
使用デッキ:火水闇グレイテスト・シーザー
 一回戦:VS五色
  序盤から動けず、その間に相手はマナブーストから『ロマネスク』。
  こちらも少しずつ動き出すも、相手『スペル・デル・フィン』召還。
  こっちはナイトなので、除去手段がかなり限られ、対処が非常に困難に。
  『ヘヴィ』『バベルギヌス』で突破しようとすると、なんと二体目の『デル・フィン』登場。
  除去しきれず、『キング・アルカディアス』登場で終了。

と、ミニ大会まで一没でした。
う~ん、やっぱりまだまだですかねぇ。
と思いきや、今日は二度目のミニ大会が行われたので、それにも出ました。

ミニ大会その2
使用デッキ:光水闇ゴースト
 一回戦:VS四色アク×ゼン
  相手は序盤からマナブーストしてきたので、『タイムトリッパー』で少し鈍らせる。
  その後『ゼン』が出て来たので、残った一枚の手札を『ジェニー』で破壊。
  そこから『ジャックバイパー』『クシナダ』『ブラッディ・シャドウ』を展開。
  相手はなかなか手札が揃わず、その間に更に『キング・アルカディアス』を召還。
  後はビートして勝利。
 二回戦:VS光水闇自然ギャラクシー
  序盤から少し押されそうになるも、『ジャックバイパー』と『クシナダ』を揃える。
  その後も『メルニア』を召還し、相手の『ギャラクシー』を突破。
  シールドが八枚になった相手にビクビクしつつも、仕方ないのでじわじわ攻撃開始。
  相手もそう簡単には倒れてくれない物の、ちまちまひたすら攻撃。
  最後は『メルニア』で『ギャラクシー』を突破し、そのまま〆。
 決勝:VSシノビドルゲ
  相手は『ムーンナイフ』、『キリノ』、『ドルゲ』と流れるような展開。
  その直後にまた『ドルゲ』と『キリノ』が登場し、手がつけられない状態に。
  『メルニア』も『ハンゾウ』で倒され、『ジャックバイパー』も『ハンド』で倒される。
  そのまま、何も出来る事無く敗北。

というわけで、ミニ大会その2は準優勝。
ちなみにこのミニ大会その2、参加した時、自分の名前を「プラズマ」にしてましたw
久々に、こういうのも良いよね!
とりあえず、ゴーストはまだ出来る子だと証明出来た……かな?どうだろ。
シノビドルゲへの対策が、今後の課題となるか。

本日の感想:ナイトハイドロ強いッスw
ちょいと、Diceさんのデッキを、俺流に改良してリアルで使ってみよっかな?



バイオ>今度のダークロって、そういえばベロニカなんよね。
ってことは、スティーブですよね。
バイオでもトップクラスに泣ける、あのシーンもあるのでしょうか。
何か、切ないなぁ、あれは。

DMその2>G第五形態裏スリのデッキは、何にしよっか。
『アク×ゼン』のは、決まってます。当然、シックスしか無いでs(刺殺
Gの第五形態は、超ダメージを補うべく、周囲のゾンビや死体等を補食し、巨大化した元人間。
列車の一車両の半分を占める程の巨体を持ち、ダークロでは列車の天井突き破ってます。
という事は、色々取り込んで、末期になったデッキにすれば良いわけだ。さて、どうする。
そもそも、そんなデッキって、どんなデッキだ。

何か>一つ思った。
フランドール・スカーレット:ありとあらゆるものを破壊する程度の能力
ダークスティールの巨像:ダークスティールの巨像は破壊されない。
さあ、どうするんだ!

DMその3>さて、困った。
色々弄ると、多分手持ちデッキが大幅に変わりそうな予感。
裏スリ云々以前に、デッキをまず決めなければならんな。
『アク×ゼン』は絶対組みたいし、ゴーストも解体したくない。
けど、ハイドロも組んでみたい。さ~て、これは困った。

日常>毎週毎週、月曜と火曜だけが無駄にきつい。
これさえ乗り切れば余裕なのだが、この二日だけがきつい。
何とかならんかねぇ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

プラズマ

Author:プラズマ
牢獄でもあり、我が家でもある。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
Twitter
デュエル・マスターズ開発部XX
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク