究極神アク×超絶神ゼン

DM>今度の土曜日に、コアで大会あるので、その時に『リア』と『タイタス』を集めます。
こいつらには、何か可能性を感じてしまう今日この頃。
てか、最近ゴッドに色々注目してたりします。何か、神ってかっこいいやん?
とりあえず、『バイオレンズ・ヘヴン』撃とうぜ。暴力天国!

DMその2>さて、今日は『エリアス』について考えてみましょう。
スペックは、『アクアン』を劣化させたもの。あっちが強力すぎる故に殿堂入りしてしまっているため、調整されたタイプです。
コストは1重くなり、表向きにする枚数も三枚に落ち込んでおります。
『アクアン』の調整版という事で、いつも『アクアン』と比べられがち。比べずとも、『アクアン』が強烈に脳内に焼き付いているため、どうしても後一歩評価されない傾向にあります。
が、劣化ではあるものの、二枚でもヒットすれば『エナジー・ライト』と同等のアドバンテージを得る事が出来ます。それで、場にクリーチャーが残るというおまけ付き。
三枚全てヒットすれば、『トリプル・ブレイン』にクリーチャーが付いて来るのです。
しかも、ドローに対して反応する相手のカードに反応されないのも強みですかね。
『アクアン』程ではありませんが(というより、あちらのスペックが破格すぎましたよね)、こいつもかなり出来る子だと言えるでしょう。
ただ、コントロールに入れるのは、ちょいと難ありかもしれません。コントロールなら、場にアタッカーとしてのクリーチャーを残す意義があまり無いので。
コントロールなら、無難に『アクアン』を一枚詰むだけで十分なので、こちらにお呼びがかかる事はあまり無いかと思われます。
しかし、光と闇を軸としたビートダウン(例えば、ラルバガチャック)には、かなり相性が良いかと。場にクリーチャーが残るか残らないかは、ビートダウンにとって、非常に重要な事なので。
コスト5でパワー2000、大体の確立で二枚ドローとなると、悪いスペックではないでしょう。
また、墓地に落ちる水の枚数が『アクアン』よりも少ない、というのも長所です。
が、ここはあまり気にならないかな?どうでしょうねぇ。
何かクリーチャーの数が欲しいと思ったときは、こいつも思い出してみては如何でしょうか。

DMその3>VALDEさんが、あかがねさんとの対戦後に仰った法則。
強力なカードは、再録後に殿堂入りするという、事実あり得る法則。
実際に最近では、『母なる大地』『バジュラズ・ソウル』『凶星王ダーク・ヒドラ』などのカードが、再録後すぐに殿堂入りし、そのままプレミアム殿堂まで行ったものまであります。
この法則に則ると、次は『龍神ヘヴィ』『龍神メタル』『密林の総督ハックルキリンソーヤ』『蒼狼の始祖アマテラス』『パラダイス・アロマ』が殿堂入り候補かもしれませんね。
これに『パーフェクト・ギャラクシー』や『キング・アルカディアス』が絡んで来ると、結構妥当な殿堂入りが果たされる気がします。どうだろ。
問題は、再録後すぐに殿堂入りされると、ユーザにとってはかなりの痛手になるんですよね。
それで、「今後は慎重に行こう」という人が増えたりすると、売れ行きに響いてくるのでは?
という事で、殿堂入りするかどうかは、一長一短といったところですかね。
過去の事例からすると可能性はあるのですが、今回ばかりはどうとも言えません。
何せ、これらが殿堂入りしても、まだ『アク×ゼン』という、最終兵器を呼び出せる最終兵器が残ってるのですからね。
しかし、それらを度外視して考えると、これらの殿堂入りはかなり妥当。
過去の『ソウル・アドバンテージ』や『炎槍と水剣の裁』の殿堂入りは、かなり間違った殿堂入りと言えますからね。
あの二枚は、相手を著しく害する呪文。発動すると、その場で即座に効果を発揮してしまうため、出された後に対処する事が出来ません。
更に、著しい損失を受け、その後に同じ手を返す事さえも困難となります。
故に、「先に撃った方が勝ちだぜ!」な環境になりがちなのです。
相手を著しく害する呪文に関しては、私的な意見としては、一気にプレミアム殿堂まで引き上げるか、放置するかのどちらかを選択するのが妥当かと思われますです。

クロスカップ>何気に、こっちに本編の最後がどうなるかを伺わせる内容をいくらか入れてしまってるから、そろそろ本編を進めなければ、と思ってたり思ってなかったり。
バッドエンドとか言っておきながら、どう見てもグッドエンドで終わってますありがとうございましたw
さて、ふと思いましたが、このまま何度かあかがねさんとVALDEさんが戦う回数が増えて来ると、必然的に俺が圧倒的有利な状況になってきてます。これじゃ、面白く無い。
今は、VALDEさん VS 俺、VALDEさん VS あかがねさん、というパターンが続きつつあるので、そろそろ、俺 VS VALDEさん、俺 VS あかがねさん、というパターンに突入しても良いんじゃないでしょうか?とか思ってみたり思ってみなかったり。
事実、連戦ループに突入してないのは、俺だけだったりするので。
問題?そうだな。時間、かなw
追記>そういえば、肝心な事言うの忘れてました。
今週の対戦可能時間、載せておきますです。
5日(木) 20:00~22:00
6日(金) 20:00~22:00
7日(土) 20:00~22:00
8日(日) 一日中フリーダーム!
です。月曜と火曜は、間違いなく無理なので、ご了承ください。

BGM>最近、東方が多くなって来た気がするので、中和剤としてバイオハザード

バイオハザード0から、The Leech 。人型ヒルの登場テーマw
今だにトラウマ。ありゃ酷い!序盤から終盤まで、何度も世話になる相手です。
バイオ史上、最強クラスのホラークリーチャーだと思う。


バイオハザードの、研究所。
ゾンビ改の足音が、すぐそこまで……


バイオハザード2から、The Second Malformation of G 。G第二・第三形態戦。
もはや、この段階で既に人間からかけ離れ始めてる。


バイオハザード3から、ネメシス。
ロケットランチャーを持った、タイラントの強化型兵器。どこまで~もついて来る。


バイオハザード4から、 Back-Up 。ヘリから援護してくれる、あの時の曲。
もはや、戦争です。バイオじゃねえw
最後の、ガトリング砲攻撃は、今でも苦戦しますぜ。


バイオハザード5から、An Emergency 。ウロボロス戦。
感染すると、即DNAの判別をされ、適合しなければ即死亡。恐るべし。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ごめんね、引きの運がなくてごめんね。

と、言う訳で当たりに関してですが、これはもう当初の予定通りランダムで通そうと思います。
ランダムに関しては乱数ですので、今回のように偏りが出る事も有り得る訳で…
プラズマさんトコのメンバーが残っているのにしても、当たった時に勝っているっていうのもありますし(リクス以外はポイント1ですしねー。円太、アウスキーを落とせるチャンスは何度もありましたし…)。

取り敢えず、次の試合ではプラズマさんが確定なので、ここから集中攻撃が引けるように頑張りたいと思います(笑)。
王と当たっても、構わない。当方に迎撃の準備あり!!

No title

ま、まさか、あれアットランダムだったのですか!?
そうだったのなら、申し訳ありませんでした。

俺が生き残ってるのは、アウスキーの異常な粘りのせいかと……あれさえ無ければ、互角の戦いになりつつあったかもしれませんです。
プロフィール

プラズマ

Author:プラズマ
牢獄でもあり、我が家でもある。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク