マインドブラスト

DM>Vault様のカード評価は、参考にならないけどネタの元としては非常に優秀だと思います。
評価されないカードがなぜ評価されないのか。評価されるカードはなぜ評価されるのか。
それを考えるだけでも、色々と見えてくるのではないでしょうか。
何か、それで最近ネタが増えつつあります。いや~、ありがたやありがたや。
という訳で今日は『魂縛』について考えてみよう。妖夢?何を言っているんだ君は。字が違う。
さて、この呪文。知らない人も居るでしょうから、効果を載せておきましょう。
■S・トリガー
■バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選ぶ。そのクリーチャーは、自分の次のターンのはじめまで「このクリーチャーは、可能なら攻撃する」を得る。 
という、地味な効果。ただし、コストは1と非常に軽いのが強み。
さあ、この呪文を見て、強烈なライバルが居る事に気付いた事と思われます。そう、みんなのヒーロー『ファントム・ベール』です。
こちらも、コストは同じ闇の呪文。しかし、効果は相手のクリーチャー全体に及びます。
シールド・トリガーこそありませんが、一見どう見てもあちらの方が優秀に見えます。
しかし、このような状況だとどうですか?
相手のバトルゾーンには、『パーフェクト・ギャラクシー』と『スカイソード』がいます。
『パーフェクト・ギャラクシー』のシールドフォース先には、城はセットされていません。
対してこちらには、『青銅の鎧』だけを従えており、手札は一枚のみです。
この状況に置いて『ファントム・ベール』を唱えると、相手の総攻撃でシールドが2枚に減らされ、一気に即死圏へと突入します。
ここでもし『魂縛』を『スカイソード』に使うと、果たして相手は、『パーフェクト・ギャラクシー』でも殴ってくるでしょうか。
答えは、かなりの確立でノーです。なぜなら、次のターンにシールドフォースを解除されてしまうからです。
『パーフェクト・ギャラクシー』を使ったギャラコンを使う人は、その圧倒的な性能故に、下手な攻撃を行わない傾向が強いです。故に、このような状況では、相手の手札が少し増えるのには目をつむって、『スカイソード』だけを動かす可能性が非常に高いと言えます。
また、ここで『ギャラクシー』に突撃させるのも手です。損害は大きいですが。
この場合、相手が『スカイソード』で突撃して来る可能性が非常に高いため、ある意味ギャンブル度の高い選択と言えるでしょう。
ただ、このカードで『ファントム・ベール』と同じ効果を得られると考えると、良い選択かもしれませんね。
さて、この状況だと手札が増えるだけに過ぎませんが、これが城やシールド・トリガーと絡んで来ると、話は少し変わって来ることになります。
例えば、『アクア・スーパーエメラル』でトリガーを仕込み、それに『ローズ・キャッスル』をセットしておいたと考えましょう。
これで相手が上記と同じ状況なら、かなりの確立で『ローズ・キャッスル』へと『スカイソード』を突っ込ませるでしょう。そこでトリガーが使えれば、しめたものです。
トリガーでなくとも、必要なカードを封じられた時などにも有効です。
そして稀にですが、シールド・トリガーが役立つ事もあります。本当に稀に、ですが。
例えば、こちらに『パーフェクト・ギャラクシー』がタップされていたとしましょう。
今、シールドフォースがブレイクされていしまいましたが、そこから『魂縛』が発動しました。
これで相手の「相手プレイヤーをアタックできない」ブロッカーを指定し、『ギャラクシー』に突っ込ませれば、突破口を開く事が出来ます。
このようなケースは本当に稀ですが、覚えておいて損は無いでしょう。この事は『悪魔聖霊バルホルス』を使う際にも役立ちますしね。

クロスカップ>昨日の対戦も盛り上がりましたねぇ。生で見させてもらいました。
しかし、一つ思った事が……あるのだが、クロスカップと全く関係ないし、語ると長くなるので、また後日。
とりあえず、今日に間に合いましたぜ。最後の最後で、時間を調整したのは秘密だ。
時間軸じゃ、護光がDiceに気付いたのが16時30分オーバー。円太はその直後に会った事に。
なお、アウスキーもその時点まで『生き残って』居る事になってしまいました。
恐らく、安奈さんに色々な場所を連れ回されていたのでしょう。そういう彼も、良いじゃないですか。
電話の向こうで焦っていたのは、次の対戦で負けた事を想定して、の事。
王に追われるか、Diceに追われるか。その間にかけていると考えれば、矛盾無し!のはず。
勝ったらどうするかって?その時は、また考えよう。
ただ、今回の時間調整はかなり難しい感じでした。というのも、鏡香さん、そんな長時間放置プレイやってたら、あんまりじゃないですか。ドMなら、話は別ですが
ちなみに、時間が時間なので、二人に敵の存在を同時に感づかせております。そろそろ、話も盛り上げていかなければ、と思いました故。
ちなみに、あの二人が戦ったのは池袋のどこか、です。そこまでは、あえて決めておりません。
大会も、七時間目に突入。いよいよ、闇と恐怖が支配する夜がやってきます。
毎度の事ながら、ガクブルしておr(ry

BGM>ラテン語

亡我郷、反魂蝶、その華開花すること能わず
とりあえず、神曲。鳥肌もんですぜw
てか、ゆゆ様何気に、エヌオーやエクスデスと年齢がそんなに離れてない。


大乱闘スマッシュブラザーズXより、メインテーマ。
最初聞いた時は、もはやスマブラじゃねえ!と思ったのは良い思い出。
『亜空の使者』エンディングで聞くと、なぜかほっとする。


ファイナルファンタジー7から、片翼の天使。セーファ・セフィロス戦。
今でも、やっぱり『スーパーノヴァ』の長さはすげえと思いますw
その割に、威力が低い!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ゆゆ様に限らず東方キャラの年は他の作品のキャラと比較して笑う物だと思います。
お前のような○○○歳がいるか!!と(笑)。

時間調整に関しては…本当に御免なさい。こっちの更新が遅かったです。
一応今回、何とか合わせてみましたが…ご迷惑おかけしております。

ただ話はやっぱり楽しみにしております。深刻化してくる物語の事を考えると、この企画もいよいよ後半戦か?!!と考えてしまいます。
ここまで続けられたのは勿論、皆様のお陰なのですがー。

思った事が気になりつつ、さて次は自分の番だぜ…書かないと…

No title

確かにあの世界では、人間界での年齢的な概念が一切通用しませんもんねぇ。という事は、みんなババァなn(スキマ送り
やはり、カリスマ性は年齢に比例するのでしょうかねぇ。

時間に関してはそんなに気にしてなかったので、気になさらないでくださいです。
まして、夜の方が王の動きを大胆に出来るので、より面白くなりそうかと(にやり
はっ!夜の王……夜王(やおう)か!
プロフィール

プラズマ

Author:プラズマ
牢獄でもあり、我が家でもある。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク