あくのはどう

何者だ…。
人間か…。
この『光と闇の果て』までやってくるとは…。
一体何を求めている。力か?それとも栄光か?
残念ながら、ここには何もない。
過去も未来も、そして現在も。美しき闇に閉ざされ、永遠のせいじゃくに身をゆだねるのみ。
うすうす感づいているようだな。我が存在を。
見るがよい。かつて世界が恐怖した我が力…。
真の『無』の力を!!
――ファイナルファンタジー5-エヌオーのセリフより抜粋
FF5最強の魔導士様。
東方でこのセリフ言っても、何の違和感も無いな。
ポケモンで登場しようものなら、『ディメンションゼロ』で6タテされます。

DM>デュエルマスターズをやり始めて間もない頃、今のような状況は予測出来なかったな。
まさか、ここまで資産差を埋めてくれるカードゲームになってくれるとは、思ってませんでした。
これからより一層の発展を願いつつ、黒単四神帝を考えていこうぜ。
円太「毎度思うんだけどな。お前の前フリ、本題と関係ないだろ。」
プラズマ「今更だな。関係無い前フリこそ、俺の真価だ。
さて、四神帝は、史上初の単色ゴッドリンクが可能な神様。
しかも、完成すれば、攻撃の度に相手のクリーチャーのパワーを8000も下げる鬼畜な神。
それが無限に攻撃してくるのだから、相手からしてみれば恐ろしい神様なのです。」
明流「問題なのは、リンクが完成させ辛いって事ね。
完成する前に負けるかもしれないし、『スヴァ』の扱いにも気をつけないと!」
プラズマ「その通り。やはり神様と言えど、速攻にはなかなか対処出来ない。
揃えば強いが、揃うまでに倒されると負けるという、ジレンマだ。こればかりは、仕方ない。
どのように速攻に耐えながら神を揃えるか。ここが、一番重要なのかもしれん。」
円太「でも、他にも気をつける相手はいるだろ?手札破壊とか、特に厄介だぜ?」
明流「除去カードが多いデッキも、気をつけないとダメよ。」
プラズマ「手札破壊?黒単なら、やり返してやりなさい。
除去カードが多いのは、こっちだって一緒な事。そして、こちらは闇ですぜ。
墓地からカードを回収する事など、息をするようなもんでさぁ。
それに、黒単なら、神にこだわる必要も無い。序盤から『ザマル』で積極的に殴っても良しだ。」
明流「ちょっと、リスクが大きいかもしれないけどね。」
円太「でも、序盤から相手のペースを乱せるから、ゴッドを揃えるには丁度良いかもな!」
プラズマ「その通り。相手を序盤でかき乱し、立て直している最中に神を揃えて行く。
除去札を『ザマル』に使わせても良いわけだから、一石二鳥なのだ。
マナ事故も起こしにくいし、墓地回収も万全。問題は防御面だが、なんとかしろ。」

ポケ>弟がHGを買ったようで。
とりあえず俺は、四天王を倒さなければならんか。
レッドは、まだまだ無理です。頑張ればいけるけど、多分無理ッス。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

プラズマ

Author:プラズマ
牢獄でもあり、我が家でもある。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
Twitter
デュエル・マスターズ開発部XX
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク