へんしん

DM>『イルルカ』って、黒単墓地進化速攻の新米の割には、かなりやる子だと思うんだ、うん。
問題は、墓地進化でないパーツが山札下に眠る可能性があるってことか。
ただ、即次のターンに墓地進化を出せるという点を見ると、速攻にはかなり向いてる。
擬似的な手札補充にもなり得るため、速攻ではかなり重宝。
しかも『エンフォーサー』で止まらないパワーを持っており、種族もデスパペットなので、色々恩恵を受けられる。
そして何といっても、擬似的にバトルゾーンに残る事である。
墓地には行くが、その時に墓地進化を手札に加えられれば、次のターンに出現する墓地進化が、こいつの代わりにバトルゾーンに居座る事になり、事実上クリーチャーの数は減らないに等しい。
これらの点から、『イルルカ』が墓地進化のビートデッキにかなり重要なカードであると言えるでしょう。
一気に書き上げたから、言葉遣いがすんげえ変なのは気にしないで下さいな。

DMその2>Vaultで、二つ程『ヤサカノフカ』デッキを構築。
一つは除去(デッキ名『あいにく俺の国は信仰心が薄くてね』)、一つはビート(デッキ名『ネプチューン』)で、リアルで組むのはビートの方。
リアルで使うなら、やっぱり他人とは違う戦術をやりたいじゃない。被ったら、なんか申し訳ないし。
名前の由来は、除去の方は以前語った通り。ビートの方は、バイオハザードで即死攻撃すら仕掛けてくるサメから。
ちなみに、こいつと『HEAVEN』を組むのなら、『染空の守護者エルス・エリクシオン』はほぼ必須。
ガチガチに搭載しなくとも、少し入れておけば、『ヤサカ』が『HEAVEN』で消えなくなる。
しかも、『ヤサカ』が『ハンゾウ』で溶けなくなる。これだけでも、かなりの働き。
怖いねぇ。

DMその3>ネギさんのとこの情報を元に、『大地と永遠の神門』がどんなカードか、もう一度考えてみた。
『大地と永遠の神門』
文明:自然/闇
コスト:6(5?)
呪文
■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
■S・トリガー
■自分の山札、またはマナゾーンから、名前に《神帝》とあるクリーチャーを一体、バトルゾーンに出しても良い。その後、山札をシャッフルする。
とまあ、こんな感じになりそうかな?いずれにせよ、強力な呪文である事に変わりないでしょう。
まあ、『神帝』デッキなら、の話ですが。
なお、このカードから推測するに、ミカド様の構築デッキでは、『アージュ』も入るかと。

クロスカップ>何とか間に合ったぜ!
時間がアレだから、そろそろSASUKE見てきます。11時まで見てきます。

という訳で>クロスカップの、今回の事をちょびっと。
あれだ。夢流を、脳内に移植するのに手こずりました。
あと、なかなかストーリーが決まらないのなんの。水族館を使おうかと思ってましたが、結局使いませんでした。
というか、使えそうなネタはほとんど使いませんでしたねぇ。
スケッチブックを使ったネタも考えましたが、特に盛り上がりそうなので没。
赤城勇騎の敗北を知るネタも考えましたが、二人が知る術が思いつかなかったので没。
ただ、これは伏線回収としてやる必要性がある程度高かったので、最後まで粘りました。
大会後に知る事にしましょう。そうだ、そうに決まっている。
で、結局使えたのは、王VSアウスキーと明流の暴走ネタくらい。
とりあえず、これでアウスキーの勝ち残る理由が明確になりました。以降彼は、容赦ない攻めを繰り広げるでしょうw
毎度のことながら、あれで良かったがガクブルしてます。

更に追記>今週の、対戦可能時刻について。
月~金曜:20:30~22:00
です。多分、これで可能かと。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

プラズマ

Author:プラズマ
牢獄でもあり、我が家でもある。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク