デッドリー・ボウル

I'll see you dead!
――Resident Evil 5 - Dialog of Albert Wesker
ウェスカー戦開幕の一言。

DM>『ジャック・バイパー』と『マグナム』が居る状態で『ブラッディ・シャドウ』をG・ゼロで召還。
『マグナム』の効果で破壊されるものの、『バイパー』の効果で手札へ。んでもって、また召還。
これに『ロードリエス』を絡ませれば、無限ドローが出来ます。が、実用性はないな。色的には合うけど。
そんなくだらない事はともかく。
最近思ったのが、化身コンに『緑神龍ダグラドルグラン』入れると面白くね?って事。
化身コンと言えば、6~8弾時代に無敵とすら言われたデッキ。今はライブラリアウト呪文が無くなったため使う人は居ないが。
が、今でも除去スペルを使い回せるため、使い方さえ誤らなければ非常に優秀かと。
以下に『恵みの化身』を守るかが重要となる訳ですが。
まず利点として、その環境に合わせた呪文を入れやすいという事があります。青単なら『バースト・ショット』や『サウザンド・スピア』辺りを、刺すだけで良いです。そんな枚数搭載しなくて良いはず。
なぜなら、このデッキには『神秘の宝箱』+『ストーム・クロウラー』という鬼畜サーチコンボがあるからです。
また、マナ回収としては『ミスティック・クリエーション』も入るため、マナ回収の心配はほぼ皆無でしょう。
また、アルカ夫妻が流行っているのなら、『英知と追撃の宝剣』や『リアルとデスの大逆転』なども。
出来れば両方入れた方が、いざというときに器用な動きを発揮出来ます。
そして、ここからが『ダグラドルグラン』の真骨頂。
この手のデッキは反撃されると厳しいので、アクセル発動後のこいつは非常に優秀です。
まず、手札を与えない。これで、相手の行動を極端に制限します。マナこそ増えますが、手札がなければ意味がないでしょう。
次に、『ネオスレッジハンマー』で『パーフェクト・ギャラクシー』と相打ちをとれるということ。
呪文が大半を占めるため、『ギャラクシー』の対処がかなり難しいデッキです。が、『ドルグラン』が『ハンマー』をクロスすると、アタック時のパワーは9000。ブロックされると同時に相手のシールドフォースがマナ送りになるため、バトル時の『ギャラクシー』は破壊されます。
こちらも破壊されますが、化身コンなので回収は容易。いくらでも蘇ります。
シールドが危ないのなら『深緑の魔法陣』。手に入りにくいですが、一枚だけでも十分すぎる程機能します。
なお、『ドルグラン』にクロスするカードとしては、『ノーブル・エンフォーサー』や『フェアリー・スコップ』などがおすすめ。枚数が少なくても、例のサーチコンボ等で引っ張って来れるため、過剰搭載しなくとも大丈夫だと思われます。

ポケ>ポケウォーカは既出情報がほとんどなので、ネタバレ扱いしなくて良いよね!?
というわけで、夕方の散歩ついでに使ってみました。ポケット入れておくだけで反応します。
とりあえず、5000歩ほど。ワットは240程度溜まりました。
なお、3ワットでダウジング、10ワットでポケトレが出来ます。
連れて行ったのは、ロコンLv32。レベルは1だけ上がりました。
尚、レベルが上がった場合、DSに戻した時経験値はリセット状態(メーターが0)からスタートするようです。
アイテム、ポケモン、両方手に入るため、こいつを使った縛りプレイも可能。
他、色々理解してない部分も多いので、詳しい事はまた後日。

ネタバレ>本日の内容:クロスカップ、ポケモン最新作

CAUTION! CAUTION! CAUTION! CAUTION!

☢ ☢ ☢ ☢ ☢ ☢ ☢ ☢

BURNING! BURNING! BURNING! BURNING!

ポケ>ラジオ塔から。
一度地下へともぐった後、再び戻ってくる事になります。カードキーが必要ですからね。
そして、最上階に行くまでに、今まで戦った幹部二人と戦う事に。まあ、適当に倒して進む。
最上階には、新手で最後の幹部が登場。デルビル、ヘルガーの二体を繰り出しますが、オーダイルで軽く流しました。
これで、ロケット団は解散(らしい)。次はいよいよ、最後のジムです。
というわけで、最後のジム戦。まあ、ジョウトの最後、ってなだけですが。
ちなみに、ジョウトのジムを制覇しただけでは、ロッククライムは使えません。カントー行ってからでないと。
さて、イブキ戦。こいつ、こんなに強かったのか!と思える程強い。まあ、こっちのレベルが低いってのもあるが。
相手の最低レベルは38。対して、こっちの最高レベルは35なのですよ。
ギャラドスはデンリュウで一発なのですが、問題は二体のハクリュー。
一体は何とか倒せるものの、もう片方は気合いでなんとかするしかありませんでした。
そして、気合いを使い果たした後に出てくる、レベル41のキングドラ。弱点が一つしかないうえ、俺の手持ちにドラゴンタイプの技を使える奴は居ません。いや、居るにはいるが、レベルも威力も低い。
仕方ないので、ゴーストとオーダイルで力押しすることに。デンリュウが最後の力で『でんじは』を使い麻痺させ、ゴーストで混乱させ、オーダイルで殴り続ける。
これで、何とか。最高レベル35で、イブキは倒せました。アイテム使用は、忘れたw
その後は色々イベントを攻略し、バッジゲット。
次はエンジュに戻り、舞子はんの五人抜き(バトル的な意味で
全員手持ちは一体だけで、それぞれイーブイ進化(グレイシア、リーフィア除く)でした。レベルは38。
それを倒すと、ようやくルギアが捕獲出来る様になります。
ボールはダウジングで大量にあったので、難なく捕獲完了。性格は粘ってませんし、そこまで余裕ありません。
そして、次はいよいよラストダンジョン。いや、前半の、だけども。
思うに、チャンピオンロードの最後に現れるライバルは、最強の初見殺し。
途中にトレーナーが居ないのが救いだが、レベル上げと称して野生の奴らと戦ってると、かなり苦戦する。
そいつを倒し、いよいよポケモンリーグへ。四天王です。
俺の記憶が正しければ、四天王のタイプは、最初から順に
エスパー
どく
かくとう
あく
ドラゴン
だったはず。いや、それで間違いない。
試しに挑んでみましたが、レベルの差で圧倒されて敗北。やっぱ、素直にレベル上げます。
今回は木の実の収穫が少し難ありなので、じわじわ進めるしか。
ショップ禁止にしてますが、回収した回復アイテムは結構余ってます。なので、問題ないかと。


クロスカップ>小説投稿完了しましたぜ。
というわけで、あれのネタとか、戦わせてみたときの感想とか色々。
凶悪キャラVS凶悪キャラなので、前回の『王VS勇騎』よりは、少しやりやすかった印象です。
ただ、一夜のキャラを造り出すのがムズい。こちらの悪キャラとはタイプが違うので、少々手こずりましたかね。
んでもって、ネタ的なモン。
とりあえず、戦闘シーンは絶対入れようと思ってました。王の戦闘力を見せるには、この相手が丁度良いかな、と思ったので。
あと、今回の対戦は、実は非常にありがたいものでした。
小説板最強クラスのヒーローと、それと渡り合えるライバル。その両方を倒す事で、『王 = 圧倒的に強い悪キャラ』というイメージを作り出す事が出来たからです。
逆に言えば、こいつを倒した奴の株価は、一気に上昇します。皆さん、狙い目ですぜ。
毎度毎度ですが、あれで大丈夫だったか、ガクブルしてますw
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

プラズマ

Author:プラズマ
牢獄でもあり、我が家でもある。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
Twitter
デュエル・マスターズ開発部XX
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク