秘弾「そして誰もいなくなるか?」

残念。元から誰もいなかった。

DM>そういう事。つまり、コア高槻には、「星龍マーシャル」を使う人は一人もいませんでした
恐らくですが、「どうせすぐに滅びるカードなんか、集めるだけ無駄」だとみんな思ってるようです。
そう言う訳で、今日のレポ。参加者は、多分15人くらいかな?
使用デッキ:『光水闇ハイドロ・ハリケーン』
一回戦:ただ一人不戦勝。なんじゃそりゃ
二回戦:その日に声かけて、大会前に2回程対戦した方。使用デッキは『青単速攻』
    こちらは序盤から『ムルムル』『ミル・アーマ』『エンフォーサー』で粘るも、
    相手は『スパイラル・ゲート』『ツクモ・スパーク』『アストラル・ラッシュ』で攻め続ける。
    結局最後は守りが間に合わず、敗北。
って結果でした。
その後に久しぶりのミニ大会があったので参加。
使用デッキ:『黒単墓地進化速攻』-裏スリ「G第四形態」
一回戦:相手は、たまに見かける人。使用デッキは『光闇オールイエスビート』。名前は知らん。
    序盤から殴っていくも、最後の最後で『オールイエス』のブロッカー付与が効果を発揮。
    更に『ベガ』でシールドを回復され、ちょっとまずい状況に。
    しかし、返しに『クリティカル・ブレード』をトップデック。
    最後のシールド割って、とどめ。
二回戦:こちらは初めてのお方。途中から色々話して、何回か対戦した方です。
    相手は『火自然マナ進化速攻』。
    相手、2ターン目に『ブレイズクロー』×3という脅威の展開。
    こちらも負けじと殴り返していくも、間に合わず敗北。
まあ、今日はこんな感じに終わりました。
その後フリーをやろうと思ったのですが、モンコレの大会で席が埋まったため断念。
今日は早々と帰宅で、帰りに本屋で、DM映画の小説とべるぜバブの2巻買いましたです。
正直、小説はレビューとか一切見てないのでギャンブル。
が、書き方云々もそうだけど、戦術なんかを見れるのも良いかもね。

ポケ>空飛ぶピカチュウとか、懐かしいなw

何か>カード店のテーブル一つ占拠して、DSやってるってどうよ?って話。
カードゲーム(コアはその他も一応取り扱ってはいるが)の店なんだから、ポータブルゲームは他でやってくれ。
せっかくカードでテーブル使いたい奴が他に居るのに、正直凄く迷惑。
ポータブルゲームなんか、正直マクドナルドでやってたって問題ないからさ。そっちでやれ。
正直、今日のアレは凄い邪魔に感じましたよ。ここ、見てる人居るかどうか知らないけど。
あと、一人で席を占拠しておくってのも納得いかない。
後から来る人のために取っておくって人居るけど、後から来る人にやる席なんかねえよ。
そんなに席を確保したいなら、早く来い。常識じゃね?それくらい。

DMその2>『ラスト・アヴァタール』と『HEAVEN』を組み合わせると、光のバロムに!
って前々から思ってたけど、前々から別の事を思った。
普通に殴った方が良くね?
『ラスト・アヴァタール』と組むとすれば、最低3枚のキーカードが必要になる。
それだけ揃える労力を使うなら、普通に殴った方が良いと思うのだが。どうだろ。
私的には、この後に『アルファディオス』出してロックする方が、かなりガチ要素は高いと思う。
天敵の『アポカリプス・デイ』の発動も抑制出来るから、これから先、需要はあるかもね。
対して『XENOM』はどうでしょう。
シノビに間に合わないんですよね、あの能力。
しかも、発動条件はアタック終わった後に場に留まっているという事。よって、確実性にかけてしまう。
俺だったら、『デビル・マーシャル』使うかなぁ~。あっちの方が、パワーはあるけども。

BGM>複数戦

爆ボンバーマンより、シリウス戦(二戦目)ことファイナルバトル。
ゴールドカードを全て集める事自体がかなり難しい。


ゼルダの伝説 ムジュラの仮面より、ムジュラの仮面戦。
途中から亡骸4体まで戦闘参加してくるのが、かなり鬱陶しい。残すと、化身でも残ってる。


バイオハザード5より、Two on Two。ウェスカー&ジル戦。
戦闘中にも関わらず、ウェスカーは髪型を気にしているようです。


マリオストーリーより、オズモーン戦。
ダメージを与えれば与える程分裂(限界あり)するうえ、分身を吸い込んで回復など、かなり固い。


MOTHER2より、イナクナリナサイことギーグ&じゅうそうびポーキー戦。
ギーグへの攻撃は全て跳ね返されるため、全体攻撃は禁物。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

プラズマ

Author:プラズマ
牢獄でもあり、我が家でもある。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
Twitter
デュエル・マスターズ開発部XX
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク