マーシャル・クイーン

クロスカップ>ちなみに、昨日言ってた気付いた事ってのは、そこまで大した事ではないです。
ただ、俺の計算が間違っていた、ってなだけで、特に影響は無い。はず。
言ってしまえば、PKの存在を加えたら、対戦回数はあと何回か増えるという事。
実はこのPK。2ポイントの奴を倒すと対戦回数を減らすのですが、1ポイントの奴を倒しても対戦回数は変わらず、PKが負けると対戦回数は1回増えるのです。よく考えてみれば、すぐ気付けたのに。
なので、現段階では既に、対戦回数は2回増えている状態なのですよ。
王が勇騎を倒したものの、既に勇騎のポイントは1だったため、対戦回数のプラスマイナスは0です。

DM>ゴーストで何が出来るか分からないのなら、何もしなければ良い。
そんな自己結論に達して、昨日弄ってみた。うん、今までで一番良い動きだw
名付けるなら「ネクロマンサー」。『トリノマンサー』って、使えば分かるが結構強い。
特に、『ジャック・バイパー』との相性が抜群に良い。そこに墓地進化が加わると、面白い。
墓地進化した闇クリは『ジャック・バイパー』の効果で手札に戻り、種は墓地から回収される事になる訳で。
その種が『トリノマンサー』なら、こいつと『デスマーチ』でまた墓地回収が可能。
破壊してたのに、気付いたらなぜか手札に戻ってた。そんな感じのビートが組めます。『トリノマンサー』マンセー!
ところで話は変わるが。
『超神龍ルナーズ・ベルグ』って、どう見ても「闇単4神帝」に入れろ、って書いてますよね?
『ヘヴィ』も除去手段として入れておいて、隙を見つけて進化。除去されたら、神が降臨するぜ!みたいな。
『ムーラ』で『ヘヴィ』はある程度回収出来るため、種にはなかなか困らない。
種なら他に『バベルギヌス』や『ドボルザーク』もアリですしね。特に『バベル』は『ベルグ』の効果でも出せる。
そんでもって、リスクである手札二枚も、『ヘヴィ』のドローで確保出来る。
多分、映画じゃそんな感じのデッキが使われるんじゃないかな?とか思ってみたり。
あ、小説版、立ち読みしてねえ!

DMその2>タカラトミーが、アクションを起こしたようです
なお、今日明日でのデュエルロード(コンビまたはNEX)での優勝が「星龍マーシャル」かどうかも調査するそうな。
さて、早速動き出したタカラトミー。
実はこの裁定が変わると、対象入れ替え能力を持つ『城』の裁定も全て変わるという事に。なるよね?
そのため、記載されている通り「大幅な裁定変更となる可能性があります」って事なのでしょう。
という事で、明日コア高槻で「星龍マーシャル」を使おうと思っている方で、『マーシャル・クイーン』が足りてない方は、白いシャツに『DANGER』と赤文字の入った男に声をかけてくださいな。
私は2枚余ってますので、レンタルorトレード致します。ただし、先着一名様限りです。
俺はどうするかって?ガチガチに「星龍マーシャル」をメタったデッキで挑むぜ(死

ポケ>来週の今頃、俺はDSをぶっ続けでやってる可能性がある。
なぜかって?ハードゲイ・銀魂の発売日だからサ!
しかし、何という事でしょう。その日も、コアで大会があるではないですか。
買ったついでに行って、帰ってから徹夜でやりますかね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

プラズマ

Author:プラズマ
牢獄でもあり、我が家でもある。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
Twitter
デュエル・マスターズ開発部XX
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク