さばきのつぶて

DM>先日の事務局確認について。


Q:自分の墓地が0枚で、バトルゾーンに『超電磁マクスウェルZ』が居る時に、『ホーガン・ブラスター』を唱えました。
 この時、表向きにした山札の上のカードが水文明の呪文だった場合、その呪文を唱える事はできますか?

A:唱える事ができます。
 『ホーガン・ブラスター』は「唱える」までが効果なので、めくったカードが呪文の場合、その呪文の処理を終えるまで墓地に置かれません。
 めくった呪文の処理が終わった後に、2枚とも墓地に置かれます。



というもの。
これは、前回の関西CSで実際にあった例らしいので、一応聞いてみました。
これについての解説。
まず、クリーチャーのcip効果と呪文の効果には、一つ大きな違いがあります。
クリーチャーのcip効果は、出た後に一瞬でもストックされてから処理されます。
そのため、複数が同時にトリガーした場合、それぞれが一度ストック状態になり、それを好きな順序で処理する事が可能になってます。
対して呪文は、トリガーした瞬間、即座に処理に移ります。
そのため、複数が同時に詠唱される事は無く、1枚ずつトリガー・処理が行われます。
これが大きな違いで、今回の『ホーガン・ブラスター』でクリーチャーが出た場合と呪文が出た場合も、少しばかり違いが出ます。
まず、『ホーガン・ブラスター』は「出す」あるいは「唱える」が効果です。
そのため、例えば『ホーガン・ブラスター』でクリーチャーを出す場合、「出す」までが終了した時点で『ホーガン・ブラスター』は墓地に置かれ、その後に出したクリーチャーのcipが処理されます。
しかし、『ホーガン・ブラスター』で呪文を唱える場合、「唱える」までが終了するまで『ホーガン・ブラスター』は墓地に移動しない、つまり、めくった呪文の処理を終えるまで『ホーガン・ブラスター』は墓地に置かれません。
これにより、今回の場合は『マクスウェルZ』の効果に引っかからずに済むのです。
ただ、クリーチャーに関しては最近裁定変更があった気がしたので、もしかすると変わってるかもしれません。

また、先日の騒動の際に、以下のような事例も聞いたのですが、この手のトラブルに関する公式からの回答を。


Q:相手『海底鬼面城』を要塞化している時、こちらがドローするより先に相手がドローを行ってしまいました。
この場合、自分はドローする事ができますか?

A:相手のアクションが要因となって発生した「効果の不使用」は、基本的に、自分側が効果の使用意思があった事を表明したうえで使用する事が最も望ましいです。



つまり、例えば相手が『海底鬼面城』でこちらより先にドローしても、こちらのドローを強制的にスキップさせる事はほぼ無理だという事です。
この回答に関しては、だいぶ前に『ホワイトグリーン・ホール』と『プリンプリン』の時点で聞いてますので、ほぼ確定です。
ただし、一応ジャッジの判断に任せるとの事ですが、公式側の裁定は「巻き戻すのが最も望ましい」です。
尚、この手の質問をした際の質問は以下の通り。


Q:『ホワイトグリーン・ホール』で『勝利のプリンプリン』を出した際、相手が「対象はどれにしますか?」と聞いてきたため、それに回答する形で『プリンプリン』の効果で相手のクリーチャーを指定してしまいました。
この場合、『ホワイトグリーン・ホール』の追加効果を使う事はできますか?
(注:これが可能になる場合、相手を誘導して処理を行わせない事ができます)

A:相手に、効果を使用する意思があった旨を伝えたうえで、巻き戻すのが最も望ましいです。



というもの。
今回の『海底鬼面城』も、相手のアクションが要因で処理を行えないという共通点があるので、今回のこの場合もドローは可能であると言えます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

プラズマ

Author:プラズマ
牢獄でもあり、我が家でもある。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク