ふっかつそう

DM>今日のDRは、久しぶりに遊びで、黒緑速攻を使用。
が、プレイングミスで負けるという残念な結果でした。
まあ、そんな感じで、他のデッキも色々着手したりとか。
悠久が出る直前になって、ドロマー超次元組んでみたりとか。
ファンクどうするかねぇ・・・
で、その悠久に関して、どんな裁定になるのか、の予想とか。
誰得だよ・・・
悠久は、どこからでも墓地に行く時、置換で墓地のカード全てと一緒に山札に戻るカードです。
さて、一番肝心なヴォルグの時に出たらどうなるか。
予想としては、枚数としてカウントされつつ、出た瞬間の墓地と悠久を戻してシャッフル、かと。
ヴォルグは一枚一枚墓地に叩き込む能力なので、例えば3枚目に1枚目のクリーチャーとして悠久が出た場合、今墓地にあるカード全てと悠久を加えて山札をシャッフルし、2枚目のクリーチャーが出るまでそれからめくる、になるかと。
2枚目のクリーチャーとして出れば、墓地全てと悠久がデッキに戻るので、実質ヴォルグは無かった事にできますかねぇ。
次は、弾幕や悪魔の契約などについて。
弾幕は、クリーチャーが出るまで表向きにして、出たクリーチャーよりパワーの小さいクリーチャーを全て破壊し、表向きにしたカードを全て墓地に置く、という順番です。
ヴォルグと違う点は、クリーチャーが出るまでに出たカード全てが、表向きのままストックされてる点。
置換効果は移動前に割り込んで処理されるため、弾幕の場合であれば、
1、クリーチャーが出るまで表向きにする。
2、出たクリーチャーよりパワーが小さいクリーチャーを全て破壊する。
3、悠久の置換により、墓地と悠久を山札に加えてシャッフル
4、他の表向きにしたカードを墓地へ
になるかと考えられます。これは、全体除去時のセイバーや置換と一緒の考え方をしております。
同じく悪魔の契約の場合も、
1、マナゾーンから悠久含む好きなカードを選択
2、悠久の置換により、墓地と悠久を山札に加えてシャッフル
3、選択した悠久以外のカードを全て墓地へ
4、選択したカードの数だけドロー
になるかと。
少々複雑ですが、今後見かける可能性の高い悠久なので、覚えておく必要があるかなーと。
ヴォルグに対しての対策は万全なので、そこは安心できそうですねぇ・・・たぶん。



幻想鏡現詩>とりあえず、色々考えてみてます。
チルノNXは、行き詰まったので、一度放置。崩壊させてます。
もうちょっとカードプールが増えてから、ですかねぇ・・・
で、現在のスカイプ大会を見てると、全体的に早いタイプのビートダウンが多い様子で。
コントロールも僅かに居るのですが、勝ち抜けてない様子です。
全体的にビートダウン推しのカードが多いゲームなので、当然と言えば当然な感じですが・・・
まあ、そういう環境だからこそ、コントロールを考えたりするんですけどねぇ。
色々考えてる結果、今のDMと同じ事が言えるかなーと。
つまり、大型SAなど、後半トップで引かれると強いカードが妙に多い感じが。
コントロールするより、殴る方が強いって感じのカードが、その手のデッキには大量搭載されてるんですよね。
そりゃ、ビートダウンはそもそも、そういう構築ですが、それが顕著に尖ってきたかなーと。
コントロールの破壊力よりも、無理矢理こじ開ける力が上がってる気がしました。
コントロール側としては、意地でもこじ開けられない構築が必要な訳ですが、なかなか難しくなってきました。
なんといっても、マクロバーストが5コスト2000、対象が6000以下にまで広がったのが強い。
その他、未来永劫斬が出し易くなった事、天狗の速度が格段に上がった事などなど。
今後、コントロールで戦おうとするなら、更に画期的な防御方法を開拓する必要があるでしょうねぇ。
更に言えば、相手の二手三手先を読むプレイングも必要。
相手の次の一手を先読みして、それを防ぐ戦略が必要でしょう。
コントロールは基本、それが主となる戦略ですが、今後はこれをミスすると、致命傷になる事が多そうです。
というか、やってれば分かりますが「これ、もう殴った方が早くね?」っていう事が多いです。ゲーム的には、そっちの方が面白くて良いんですけどね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

プラズマ

Author:プラズマ
牢獄でもあり、我が家でもある。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
Twitter
デュエル・マスターズ開発部XX
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク