ゴーストリード

DM>今後の環境変化に伴う、ゴーストデッキの構築に関してのアイディアとか。
現状の、新殿堂直前のCS結果を見ると、上位を絞めるデッキは以下の通り

・NX
・ギフトミランダ(赤緑、赤緑黒)
・コスモ・セブ・λ
・ドロマーザビミラ
・青黒ザビミラ
・黒緑超次元
・ネクラザビミラ(ネクラ超次元)
・黒緑速攻

これらの中から、新殿堂で衰退すると思われるデッキは、ギフトミランダとNXの二種類。黒緑次元もミランダの殿堂で打撃は受けるものの、まだ生き残るかなーと。
また、今後頭角を現すかもしれないデッキは、以下の通り

・オール・イエス(光闇、光水闇、光闇火)
・コスモ・セブ・λ

この二種類。
現に、新殿堂後のVault大会では、この二つが上位二位を独占してる状態です。
まあ、この状態がいつまでも続くとも思えないので、現段階で、これらを対策するかなーと。
で、こいつらですが、序盤から高パワーの厄介者が登場するという共通点は同じ。
前者はオール・イエスでほぼ全てのクリーチャーが脅威に、後者は進化して殴り始めると、後続が次々に湧くという脅威になります。
さすがに、動き出す前に潰すのは結構難しいので、カウンターを狙いつつ、というのが無難かもしれません。
んで、これをゴーストで狙うとなると、だいたいメルニアが便利って感じに落ち着きそうです。
が、これだとファンクに溶かされるので、その対策が必要。
となると、いっそ全員スレイヤーで良いんじゃないの?って事で、ドグマグやデス・スペクター辺りが対策として浮かぶかなーとか。
デス・スペクターは、カワハギと併せると、トリッパーやバトウで蘇生出来るのが強み。
ドグマグは自身が高パワーで打点もあったりするので、一長一短といった感じですかねぇ。
あとは、λにはスネーク・テイルコートがおすすめ。
隣に立っている奴も4コスト以下が多いので、テイルコートでλを殴り返しつつ、コスト5以上のカードを捨てて隣の奴も破壊、なんて動きもできます。
ここでデビル・マーシャルとか捨てておけば、返しにカワハギ・ジャケットで蘇生させつつ、場数を増やす事も狙えたりします。
問題は、オール・イエス。このデッキは、想像以上に器用に動きます。
新弾でファンク、ノーブル・アデルの二枚を手に入れたのが、大きいようです。
特にノーブル・アデルは、オール・イエスをクロスすると、6000以下の攻撃を完封。
しかもトリガー持ちなので、速攻対策にもなっております。
他、序盤からの積極的な手札破壊、バトウ・ショルダーやタイム・トリッパーでの遅延などなど。
相手を妨害するカードを多数積みながら、それらに更に妨害手段を付与して殴るのが、このデッキの特徴。
恐らく、λとは、ほぼ真逆のデッキでしょうかね。
コイツの対策は、イエスを潰せば良いのですが、流石に実現性に欠けるのが難点。
ギア破壊自体が数に限りのあるカードなので、結構対策は難しいです。
これは、バジュラズ・ソウルを相手にした人なら、分かるかなーと。
あのカード程の派手さは無いですが、こちらは地味に、じわじわと効きます。
幸い、ブロッカーまで付与されるので、そこを付ければ何とかなるかもしれない、程度。
しかしながら、ブロッカー除去をしても、結局他のクリーチャーにクロスされて終わりなので、あまり効果は期待できなかったり。
こいつばかりは、少々対策を練る必要あり。ゴーストだけでなく、全般のデッキに言える事ですが。
地味にじわじわ効いてくるカードってのは、対策大変だったりしますからねー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

プラズマ

Author:プラズマ
牢獄でもあり、我が家でもある。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
Twitter
デュエル・マスターズ開発部XX
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク