罪符「彷徨える大罪」

DM>殿堂入りについて。
10年間デュエルマスターズの事を見てきて、その中で個人的に思った事を述べさせてもらうと、無闇矢鱈に「強いから殿堂入りしろ」と叫ぶのは相当危険なアクションです。

デュエルマスターズでは、相当な事が無い限り、一発プレミアム殿堂という事はありません。過去に例外的にそれが適用されたのは、『アクア・パトロール』と『ボルメテウス・サファイア・ドラゴン』の2枚だったでしょうか。
更に例外となると、『母なる○○』と『ロマネスク』がありますけども。
さて、初代プレミアム殿堂入りを果たした『無双龍機ボルバルザーク』、最近殿堂入りを果たした『エンペラー・キリコ』『邪神M・ロマノフ』、これらには共通点があります。
それは、「単体でも出せば勝ちに匹敵する性能を誇る」という点です。
もちろん、単体だけで運用する訳ではなく、他のサポートがあってこそというのは間違いないです。ですが、その条件があまりに緩いために、事実上この一枚で勝負を決する事が可能と考えて刺し支えないレベルでした。
これらのカードが殿堂入りした後、一時的に状況は落ち着きましたが、『エンペラー・キリコ』を除いた二枚は、すぐに復権し環境のトップへと戻りました。
特に『ボルバルザーク』は衰える事無く、デッキの姿形を変えながら、最後まで環境のトップを独走状態で走り抜けていたという、悪夢の様な状況でした。
さてさて、これらの「一枚で勝敗を決してしまう」というカードも、実は殿堂入りの段階では危険なカードだったりします。何故なら、構築難易度こそ上昇すれども、カードがより多くの人の手に渡ってしまうからです。
多くの人の手に渡るという事は、それだけ使用者が増えます。使用者が増えれば、派生系が新たに生まれ易くなり、研究がより進み、最終的に弱点を極限まで減らしてしまうという自体を招きかねません。
尤も、これは理論上の話であり、最近ではプロキシの使用やネット環境の充実により、実際に持ってない人が研究に参加していたりするので、この限りではありませんが。
しかしながら、実際に手にする人が増える以上、それに対しての取り組みの姿勢が変わる人は多いでしょう。結果、環境のトップの座を取り戻すに至る事があります。

また、本当に怖いのはこの手のカードではなく、「引けば大幅にリードできる」「引いておけばあらゆる状況に対処できる」というカードです。
過去に該当するカードとしては『サイバー・ブレイン』『アクアン』『ソウル・アドバンテージ』『母なる大地』『母なる紋章』『スケルトン・バイス』『ロスト・チャージャー』『光牙忍ハヤブサマル』『ダンディ・ナスオ』『炎槍と水剣の裁』など、恐らく数えればキリが無いかと思います。
仮に、これらが4枚搭載出来る環境を想定しましょう。そう、殿堂ゼロです。
あなたは恐らく、これらのカードの中で、特に使われ易いカードに対しての対処法を模索するはずです。そうやって、そのカードへの対策を怠らない事で、負けの確率を少なくします。
さて、これらのカードが一枚しか使えなくなりました。あなたはどうしますか?大抵の人は、対策を薄くするはずです。尤も、それが相当サーチし易かったりしなければ。
実はこれが一番恐ろしい点で、『ソウル・アドバンテージ』『裁』の時代が特に顕著だったのですが、対策を薄くしたために、一枚の威力が上がったのです。
いわゆる「引いた者勝ち」という状況が、更に悪化してしまいました。今では『ハヤブサマル』も、それに該当しているかと思われます。
これらに該当するカードの中で、この色が特に濃いカードは、その後すぐにプレミアム殿堂入りする事が多いです。『アドバンテージ』『裁』は、殿堂後、あまり期間を置かずにプレミアム殿堂入りしました。

故に、仮に殿堂入りしたとしても、それが必ずしも弱体化に繋がるとも限りません。むしろ、より状況が悪化する事さえあります。
その点を考えてアクションを起こさなければ、相当痛い目を見る事になるでしょう。
ちなみに、この理論から言えば、『ハヤブサマル』もかなり危ない位地にありますね。
逆に、『バイス・ホール』や『N・ワールド』は、殿堂入り後に運ゲーを加速させかねないとも言えます。特に前者は、『時空の支配者ディアボロスZ』とのコンビ殿堂を解除されかねないので、より注意が必要でしょう。

ついでに、もう一つ。殿堂解除と、二枚制限などについて。
恐らく、これらは、タカラトミーの姿勢が私の聞いた状態である以上、絶対にあり得ないと考えています。
デュエルマスターズは、カードゲームとしてより、むしろ「おもちゃ」として売られている傾向にあります。
そのため、企業側の利益を重視する事になっているかと思われます。
この点を踏まえて考えると、殿堂入り解除をしたとしても、タカラトミー側に利益はなかなか入りません。殿堂解除されたカードをシングルで買う人が居ても、そのお金はタカラトミーには入らず、お店側に入りますから。
再販という方法もありますが、効果は微妙なところですし、それだったら新しいカードを作ってしまった方が良いでしょう。
二つ目の「二枚制限」に関してですが、これも薄いでしょう。
デュエルマスターズは子ども向けであり、どうも「分かり易さ」という点にも重点を置いてるように思えます(ルールは複雑な事が多いですけどもね)。
そこから考えるに、二枚制限という新たなルールを設けると「どのカードが何枚入れられるっけ?」という状況がより増えます。覚えるのが大変になります。
これに殿堂解除なんてのが加わってきたら、本当に覚えるのが大変です。私も把握できる自信がありません。
一枚制限と、一枚も入れられない制限、制限のルールをこの二種類に絞る事で、複雑さを極限まで回避しているのでしょう。
以上の点から、殿堂解除も、複数枚制限も、恐らく今後も無いと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

プラズマ

Author:プラズマ
牢獄でもあり、我が家でもある。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク