てだすけ

日常>暫し忙しい日々が続いております。
今週が終わると、ちょっと落ち着くかなー程度。
うん、まあ、ね。


DM>新弾の内容が発表されて、新しい環境がどうなるか、といった感じ。
種族推しで、ゴーストもその中の一つです。
3年以上前からゴースト使いをやってるので、同業者が増えるのは、嬉しいような不安なような。
『カワハギ・ジャケット』は、ゴーストデッキというより、力を発揮のするのは「カワハギデッキ」といった感じになりそう。
能力は豪快なので、『ドルマークス』や『デス・サークル』を使い回すと、なかなか良い動きをしそうです。
自身が『デビル・マーシャル』を釣り上げたりと、色々器用だったり。
あとは、『ラビリンス・ローズ』なんかも良いですかねぇ。
見た感じ、ビート寄りにもコントロール寄りにも構築できそうなので、色々研究の必要がありそうです。
他に推されてる種族の中で、リキッド・ピープル、ドリームメイト、ビーストフォーク、ヒューマノイド、ガーディアン、辺りが強そうな感じ。
他は、まだ頭角を現してないといった感じでしょうかねぇ。一応、トップメタに対抗出来るカードが出た種族もあるものの、まだ一歩足りない感じ。
ドリメに関しては、更に展開力などが強化されたので、今後は警戒しておいた方が良いのかも。
今回の弾はそれらに加えて、超次元への露骨な対策が目立った感じも。
普通に使えるカードに、おまけとして、強力な超次元メタが搭載されていたり。
『ファンク』『反次元の化身』辺りが、物凄く露骨な能力ですからねぇ。
今や、超次元を使わないデッキと言えば黒緑速攻くらいなので、結構色々な相手に刺さりそうです。
元々、このセットの出現を想定して開発していたとすれば、今後、超次元は更に弱体化の一途を辿るのかもしれませんねぇ。
その代わりとして、通常カードのカードパワーが軒並み強化された感じも。
初期に比べると、一枚一枚が強力な印象を受ける今日この頃。
幻想鏡現詩をやっていると、それが顕著に見て取れますかねぇ。
現在の環境は、黒緑速攻と黒緑(青)超次元や赤緑(黒)次元、そしてNXと、それに次いで紅蓮ゾルゲなどなどがはびこる環境。ここに割って入るカードが、新しく出てくるか出て来ないか。
種族デッキがこの環境を荒らし出すと、かなり面白い環境になりそうな予感。
とりあえず、期待しときますかねぇ。


幻想鏡現詩>単色大会を行うそうな。
私は既にデッキ制作に着手し、ある程度形が出来上がってますが、まだまだ調整の必要有り。
とりあえず、この単色はかなり扱いが難しいので、手に馴染ませるのに一苦労する予感。
あと二週間ほどあるので、それまでに、何とかしたいところだが・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

プラズマ

Author:プラズマ
牢獄でもあり、我が家でもある。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
Twitter
デュエル・マスターズ開発部XX
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク