上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

審判「ギルティ・オワ・ノットギルティ」

DM>そういえば、ここに掲載してなかったけど、重要じゃないかなーと思った事。
事務局に確認したものの、Vaultに投稿する程でもないかなーとか思った程度の。


Q「自分のバトルゾーンにクリーチャーが居ないとき、『獰猛なる大地』で『剛撃戦攻ドルゲーザ』を出して戻した場合、何枚ドローできますか?」
A「0枚です。効果の処理段階でバトルゾーンのジャイアント/アースイーターの数を参照するため、カードを引く事はできません」

との事。
これは、『ジョン』『アンタッチャブル』などの事からも、間違いないでしょう。


Q「自分が『超次元ホワイトグリーン・ホール』を唱えて、『勝利のプリンプリン』を出しました。
ここで、相手が<対象どれにしますか?>と聞いたため、『プリンプリン』の効果で相手のクリーチャーを指定しました。
この場合、『ホワイトグリーン・ホール』の追加効果を使う事は出来ませんか?」
補足:これが可能なら、誘導尋問的に、相手の行動を束縛する事ができてしまう

A「元より追加効果を使うつもりだった事を相手に伝え、巻き戻して処理を行う事ができます。それでも相手が頑に拒否するなら、その場のジャッジの指示に従います。ただし、話し合いで解決し、巻き戻すのがベストです。」

との事。
そこまで勝利に拘るプレイヤーは稀でしょうけども、この手の場合は、巻き戻しは可能という裁定で。


Q「超次元ゾーンのカードは、対戦前に必ず相手に全て公開する必要がありますか?
例えば、相手に見える位置に8枚束にした状態で対戦をスタートした場合、そのカードは使えない?」

A「その場合であれば、使用できます。相手に見える場所に8枚用意して対戦をスタートすれば、使う事ができます。
ただし、ケースの中に収納していた場合など、相手の見えない位置にあった状態で対戦をスタートした場合は、使用できません」

との事。
しかしながら、見せておくのがベスト。
あと、見せてもらうのがベスト。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

なるほどー

プリンプリン関連は最近再開した僕にとってはすごくうっかりしやすいポイントです。

他にもそういう人がいると思うので、あまり神経質にならないようにした方が良いですね。

No title

ですねぇ。

デュエルマスターズはかなり柔らかいルールなので、実は相当な事が無い限りは、ジャッジキルってのも無いんですよね。
ルールミスがあった場合も、判定負けって事は、大型大会の上位トーナメントくらいじゃないと、やってないようなので。
プロフィール

プラズマ

Author:プラズマ
プラズマ:大学生の、ココの管理者。DMプレイヤーであり、ゴーストポケモントレーナー。
そろそろ忙しい割には、何かと遊ぶ遊び人。将来?何それ食えるの?
切り札:特に無し

ムゥ:種族ムウマージの「ムゥ」。なんかもう、ポケモンかどうかも怪しくなってきた。
切り札:『邪悪の魔黒デビル・マーシャル』

テタヌス:滅多に出て来ない、よくわからない奴。
いつもシルラと一緒。ちなみに、そこそこイケメン。
切り札:『究極神アク』

シルラ:テタヌスの恋人というより、妻であるサーナイトの「シルラ」。彼を「ご主人様」と呼ぶけど、本人はあまりその呼び方が好きではないようで。
ちなみに、かなり美人。らしい
切り札:『超絶神ゼン』

宇院 円太(ういん えんた):熱血的で直線的な少年。ムゥとはそれほど仲が良い訳ではない。そもそも、住む世界が違う。今年で恐らく高校一年の16歳。
切り札:『超神星アポロヌス・ドラゲリオン』

小林 明流(こばやし めいる):円太の暴走抑止係の少女。ツッコミ担当(?)。円太と幼馴染の、高校一年16歳。
切り札:『大勇者 二つ牙』

アウスキー・エルスパー:円太達との接点は薄い。常に冷静沈着で、ほとんど表情を変えない男。
明流以上の的確なツッコミと、暴走阻止能力が売り。
ちなみに、笑ったところは誰も見たことがないという、都市伝説さえあるとか。
切り札:『エンペラー・マルコ』




ポケモン(バトレボ)のフレンドパス
0945 8186 0673
対戦したいという物好きな方がいれば、喜んで承りますです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
Twitter
デュエル・マスターズ開発部XX
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。