聖なる審判

DM>今回の殿堂入りについて、個人的な事を色々と。

<プレミアム殿堂>

『エンペラー・キリコ』
まあ、そりゃそうでしょうね、と。
このカードが優れていた点は、
・進化条件の緩さ
・一枚で6打点を生み出せる
・どんな大型でも無条件に踏み倒せる
に加えて
・非常に相性の良い強力な大型が複数存在する
という点が出てきたのが原因かもですね。
一番最後の点は、『サイバー・N・ワールド』が当てはまります。
唯一の弱点であった「『キリコ』の墓地行き」という点を、いとも容易く補え、かつ進化元になり、『キリコ』で踏み倒した場合にも強いという、非常に相性の良いカードです。
また、『ボルバルザーク・エクス』の登場も、これに該当します。
これらのカードが登場したのが、かなり追い風だったでしょうねぇ。
この『エンペラー・キリコ』そのものが、将来の大型クリーチャーにキツい条件規制をかけつつあったので、禁止は妥当だったかと考えます。

『邪神M・ロマノフ』
これは、どうなのかなといった感じ。
ゴッドの一つが禁止というのは、さすがにどうなのかと・・・
このカードの優れていた点は、自身よりコストの大きい呪文を踏み倒せた点。
元々は『ベター・トゥモロー』で攻めていたのですが、殿堂入り後は衰退。
しかし、超次元が登場した事により、再び息を吹き返したのがコイツ。
超次元呪文を踏み倒す事で、実質的に、クリーチャーを踏み倒すカードになりました。
この点は、『キリコ』と似通った部分があるかと思います。
しかしながら、現状環境に食い込めていたかと言われると、美容なところ。
一応『キリコ』を駆逐したというデータも存在しますが、ちょっとした対策で勝てる相手でもあったため、規制する必要は,果たしてあったのかどうか。
将来を見越して、というのなら納得いくのかもですが、それでもゴッドを揃えられなくなるのは、残念です。

『母なる紋章』
かの『母なる大地』の調整版として登場したコイツも、いよいよプレミアム殿堂入り。
非常に応用力の高いという点では、『母なる大地』に遅れを取らない程の性能でした。
このカードも、上二枚と同じく、大型のクリーチャーを容易に踏み倒せるのが特徴。
ここから分かる様に、プレミアム殿堂入りしているカードには、大型を踏み倒すカードが非常に多いです。
それを考えれば、今活躍している超次元呪文が、いかに高いスペックを誇っているかは、一目瞭然。
この法則はコストが重くなればなるほど適用され辛くなります。
規制をくらうのは、だいたい5コスト以下のカード。超次元は、かなりギリギリのラインですね。
対して、こちらは3コスト。後半では超次元をも上回る性能を誇る事も可能でした。
以上の点を考慮すれば、プレミアム殿堂も納得かもですね。

<殿堂入り>
『カラフル・ダンス』
かなりの予想外枠。
最有力とされていた『N・ワールド』『エクス』『ヴォルグ』を退けての殿堂入り。
これは、次の弾で強力なスペース・チャージが出るという事なのか、とも言われております。
が、私は、次のシリーズが墓地利用なのではないか、と考えております。
MTGが今現在、墓地をテーマとしているため、それを輸入して来る可能性はあります。
今後登場する新カードとしては、フラッシュバックが出るのではないか・・・
あるいは、超大型のアンノウンを、『再誕の聖地』と組み合わせるのを防止するためなのか。
真意は分かりませんが、これで大量の墓地肥やしが難しくなったのは間違いないです。

個人的な感想としては、だいたいこんな感じです。
今現在、次の殿堂最有力とされている『N』『エクス』『ヴォルグ』ですが、どうなるかは未知数。
特に『N』は、殿堂入りすると「引いた者勝ち」となる可能性も高いため、扱いはかなり難しいかと思います。
しかしながら、これ一枚が殿堂入りするなら、同時に『ヴォルグ』も殿堂入りしなければ、ゲームバランスを整えるのも大変だったり。
『エクス』に関しては、『N』が消えてしまえば、そこまで警戒する必要は無いでしょう。
元々手札が存在してこその能力なので、大型の手札補充が無くなれば、脅威ではなくなります。
逆に言えば、大型の手札補充がある限りは危険なので、安全なカードとも言いきれないですが・・・
それでも元祖に比べれば大幅に劣っていると考えると、元祖のボルバルザークが如何に凄まじい性能だったかは、お分かりでしょう。
尤も、あのカードのダメだった点は「強さ」ではないのですが。
今回の殿堂入りで、環境がどう動くかは、未だ未知数です。
環境をじっくり見極めて、新たなデッキの開拓を進めるのも良いかもですねぇ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

プラズマ

Author:プラズマ
牢獄でもあり、我が家でもある。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク