禁弾「過去を刻む時計」

日常>ドタバタしてまする。
課題とか、勉強とか。
なかなか進まないけどね。


DM>今回は、ちょっとした考察。
殿堂入りするカードについて、思った事とか。


今回の関西CS、トップが「Mロマノフ」、2位と3位が「キリコ」という結果だったそうで。
恐らく『キリコ』『M・ロマノフ』がプレミアム殿堂最有力候補と、今後なるのでしょう。
で、この二枚が何故これほど強いのか。それを考えてみました。

そのついでに、過去に殿堂入りしたカードにも、同じ事が言えるんじゃないかな、と思った訳で。

今回の『キリコ』『M・ロマノフ』が強いのは、簡単に言えば「踏み倒すから」であると考えます。
『キリコ』は、不確定ではあるものの、クリーチャーを3体も同時に踏み倒すという能力を持ってます。
『M・ロマノフ』は、確定的ですが、条件付きで呪文を踏み倒します。
さて、これらには更に共通する事が。それは、クリーチャーを踏み倒せる事です。
『M・ロマノフ』は呪文を踏み倒しますが、超次元の登場で、間接的にクリーチャーを呼び出せる様になりました。
過去の例を遡ってみても、『インフェルノ・ゲート』『インフェルノ・サイン』『母なる大地』『母なる紋章』『オロチ』も、踏み倒しです。
これらの特徴をまとめると、
・クリーチャーを踏み倒せる
・踏み倒せる範囲が広い
・即効性がある
・下準備が簡単
といった特徴があるように見えます。
『インフェルノ』系統は墓地が必要ですが、『母なる』や『M・ロマノフ』はマナに溜めれば良いので楽、『キリコ』『オロチ』に至っては、山札にさえあれば良いのです。
同じ理由で今強いのは、『ホーガン』でしょうか。
あちらは、コストの制限があり、かつ不確定要素が高いので、殿堂入りするかどうかは、微妙な感じではありますが・・・。
何故、これらのカードが強いのかは、簡単。カードプールが増えれば増える程強くなるから。
最初は強くなくとも、カードプールが増えれば、必然的に相性の良いカードはいつか出て来ます。
踏み倒せる範囲が広いのだから、それが出て来る可能性も高いです。
故に、トップメタクラスへと上り詰め、やがて衰退というサイクルになる訳です。

ざっと、こんな感じですかねぇ。要するに、簡単に大型を踏み倒せる即効性の高いカードは、危険って事です。
あと、踏み倒せる範囲が狭くとも、その中に超強力なクリーチャーや、超強力なシナジーを形成するクリーチャーが存在していれば、例外的に強いです。
『ミラクル・リ・ボーン』『オオ・ヘラクレス』も、何気に今後は要注意な感じ・・・
『刃』は、どうでしょうねぇ。コストが高すぎるので、大丈夫でしょう。
それと、即効性の低いタイムラグ持ちの踏み倒し系統(『ロマノフⅠ世』など)も、欠点を克服すれば、肩を並べられる程度にはつよくなるはずです。序盤に出すとか、即効性を上げるとか。
今後も、これらのカードに気をつけてれば、強いデッキを組めるかもですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

プラズマ

Author:プラズマ
牢獄でもあり、我が家でもある。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
Twitter
デュエル・マスターズ開発部XX
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク