インビンシブル・テクノロジー

日常>テスト前だから、マジで勉強とかレポートやらないとマズいな。
さすがにそろそろ、余裕ぶってる場合じゃないぜ。



DM>TCG歴を語るのがブームらしいので、乗ってみる。
私のTCG歴は10年あるぞ。

<最初期>
トレーディングカードゲームを始めたのは、小学4年生の頃。
友達から遊戯王のカードを40枚もらい、そこから始めました。
当初は基本的な事だけを覚え、他は一切気にせず、フリーにやってましたね(場のモンスターの数や、リバースの数に制限を設けずにやってましたw)
そこから、GBのゲームが流行ると、みんな一気にルールを飲み込み、強弱が分かれましたね。
カードは、とりあえずパックを買って、強そうな奴が出たら喜んでた気が。
当時は「キラ=強い」という概念があったので、光り物が出る度に喜んでました。
使ってみて弱くても、自分の使い方が悪いのではと、試行錯誤した記憶があります。
あの当時の素直さを、今でも僅かに残しておりますがね。

<よく分からないMTG>
小学5年くらいの時に、よく覚えてませんが、MTGに手を付けた覚えがあります。
しかし、当時はほとんどルールを理解できず、挫折。
強そうなカードを集めるだけだった感じでした。

<デュエルマスターズ開始>
正直言って、何故今自分がデュエルマスターズをやってるのか、全く分からない。
当時、スマブラDXの大会のためにWHFに行った時、デュエルマスターズ発売の情報を手に入れました。
その時、「買おう」と思ったというより「俺はこれを買うんだろうなぁ」といった感じでした。
そしてコロコロに応募したら、スターターセットが当選。
5月の最終日に届いたので、開封して弟と早速対戦したのを、今でも覚えています。
新鮮なルールと、未知のカードの束。これに、底知れない期待感を持っているのは、今でも変わりませんね。
ちなみに、小6の時点で、プロジェクトコア高槻の大会に出場してみたり。
その場で会った人(確か、当時はヴァイって名前だったっけな?)と仲良くなった様な、そうでもないような関係になり、結構楽しんでました。
その頃もMTGのカードを微妙に買ったりしてたのですが、こちらのルールを理解したのは、DMのお陰かも。
結局全くやらなかったMTGですが、カードは今でも家に残ってたりしますです。
もしかしたら、掘り出し物とかあるかも?(一応、『ハルマゲドン』『神の怒り』『極楽鳥』『名誉回復』なんてのは、傷ありですがあります)
デュエルマスターズは、友達も巻き込んで、それなりのブームでした。
今は消息すら分からないリョウ氏なんかに、ボコボコにやられてました。
何故か、光闇のカラーリングに拘っていたため、かなり異端だったかもしれません。
変な拘りを持っているのは、当時も今も変わらず。

<ネット進出>
DM関連のサイトで活動し始めたのは、中学1年の頃(6弾発売した前後くらい)。
今も遺跡の様に残っている、デュエルマスターズバトルサイトで、初めて動き始めました。
稀にCGIを利用したり、お絵描き掲示板のスゲェ絵を見て感動してみたり(本当に凄いものもありました。ちなみに、紅葉さんの絵がお気に入りでした)、掲示板で色々書き込んだり。
エンザーさん(だったかな?)とかとも、チャットで話した事があったっけなぁ。
当時のメンバーは、今頃どうしているのでしょう。
実力的には、大して変化はありませんでしたね。相変わらず、光と闇に拘るだけの、変な男でした。

<暗黒時代>
この頃からは、デュエルマスターズ一本に絞りました。
ボルバルザークの登場で、歴史に刻まれる「暗黒時代」の幕開け。
しかし、当時の私たちは、何も関係ないとでも言うかのように、楽しんでいました。
この頃にデュエルマスターズの鬼を発見し、毎日見る様に。
今もそうですが、当時からあまり目立った動きをする人間じゃなかったんですよね、私。
そんな感じでしたが、当時は結構公認大会とかにも出て(阿倍野のプロジェクトコアまで足を運ぶ事も、よくありました)、初のネット友達とも言えるマテリアル氏と遭遇したのも、この頃。
ボルバルの嵐吹き荒れる中、ネタで公認大会の2位に食い込んだのは、この頃で一番の思い出です。
そして、この経験が、今でもネタ師で居る原因になっているのです。

<ある種の転機>
暗黒時代が一年経った頃(クロスギア出たくらい)。
この頃になると、受験を控えてなのか、友達も続々と離脱を始めました。
そんな中出会ったのは、Masterさん。
実はこの大会(名前忘れたけど、大きい奴)で、リョウ氏が「Masterさんって人に会うんで」とか言ってたのだが、あいつが遅刻(てか、俺が早かった)。
仕方なく一人で並んでたところ、なんと前に並んでいたのが、このMasterさんだったのです。
多分、この人に会ってなかったら、今頃DM離脱してんだろうなぁっていう、一つの転機だったかも。
うろ覚えだけど、列に並んでる時に「なんで、誰とも対戦せえへんの?」って聞かれて、「恥ずかしいですもん」って答えたら、「でも、色々な人と対戦したら、仲間も増えるし、色々な戦略見て勉強になるで?」ってな感じの事を言われました。(会話内容はほとんど覚えてないので、憶測です)
この言葉通りにその時行動し、その時から徐々に、人見知りを克服したのです。
このスキルで高校入学直後も友達を増やし、順調に生活出来ましたからね。
ちなみに、Masterさん経営のわにのにわへ、中学卒業後に一度だけリョウ氏とお邪魔させていただきました。
実は今も、頑張れば学校帰りに寄る事は可能なのですが、JRなもので……
なお、Vaultに登録したのはこの頃。何気に、もう5年くらい経つのか。

<高校時代>
実はこの頃は、公認大会には三回くらいしか行ってません。
行く大会と言えば、大きいイベントくらい。
なので、ある意味半死半生の時代です。
しかしながら、カードは買ってましたし、Vaultにてデッキ投稿したりしてました。
そして、小説投稿を始めたのがこの時代。
今では仲良くしていただいている、ネギ博士さんやあかがねさんやYesManさんと交流するきっかけです。
また、大会で黒姫さんにも遭遇したり。
ついでに言っとくと、ブログ始めたのも高校1年の時です。
この頃になると、ネットで有名な人とかも何となく分かってきたりしましたね。
大会とかで見かけたら「あ~、あの人か」くらいな感じでしたけども。
この高校時代、今までと全く違うのは、周りにプレイヤーが居なくなった事。
そのため、大会には一人で出向くハメになってました。
が、そこはMasterさんの言葉を信じて、一人で奮闘。結果、色々な人と出会う事が出来ました。
アフタージェネレーションの時に会ったあの人とか、WHFで会ったあの人とか、今頃元気なのだろうか……
この頃のラストでは、リアルであかがねさんと会ってみたり。
あまりアクション起こしませんでしたが、結構充実してたと思います。

<5Dsカップ>
これも、結構な転機。
これに向けて特訓する為にプロジェクトコア通いを始めたため、今のこのザマです(苦笑
また、複数のデッキを使用するため、複数のデッキ構築を初めて実施。
結果、今ではデッキが10個を超える程になってしまったのです。
更に更に、ネギさん、あかがねさん、YesManさんの三人と、主催であった伊坂ケロさん、H宮田さん、とにかく多くの人と会った時の衝撃が、今なお色々な人との出会いを求める活力となっているのです。
これも、無ければ今頃引退していたかもしれない、重大な転機だったのかも。

<現在>
公認のDRに毎週の様に通うようになったり、過去最多の人数との出会い(和邇乃児さん、グライドさん、ジョーさん、theismさん、magnetさん、Beholderさん、ライゾウさん、lenomさん、ブリザードさん、そのた大勢の人達)があった時期でもあります。
そして、最も活発に動いている時期でもありますです。

<未来>
当面の目標は、「ゴースト使いの人」と呼ばれる程の地位を手に入れる事。
あるいは、「ゴーストと言えばプラズマだろJK」くらいにはなってみたい。
すみません、調子乗りました。
ただ、せめて出会った人には、「何だこのゴースト野郎!」くらいの印象は残しておきたいですね。
今年からは動き辛い時期になるのですが、可能な限り頑張ってみたいです。

さて、一通り読んだ人は、お気づきでしょう。
この私、実は一度たりとも、DMを引退していないのです。
最初の始め方と良い、恐らく俺は、DMをやり続ける運命なんじゃないかなぁ。
これだけやってきてるのだから、当然人との別れってのも何度か経験済みです。
故に、もう誰が引退しようとも、止める気も悲しむつもりも無いです。
その度に悲しんでいたら、ただでさえ弱い俺の精神が保たないぜ。
それにしても、珍しく真面目な記事書いた気がするなぁ。
とりあえず、今まで出会った皆様、ありがとうございました。
これからも、この愚か者をよろしくお願い致しますです。
ムゥ「文章が読み辛いゾ。」
プラズマ「気にしないでくれ。」



詰めデュエマ>回答は、明後日!
問題はこちら
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

プラズマ

Author:プラズマ
牢獄でもあり、我が家でもある。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
Twitter
デュエル・マスターズ開発部XX
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク