黒の衝撃

日常>今日も試験。
あまり勉強してなかったけど、論述はかなり書いた。
A4用紙の表面全てと、裏面半分くらいは書いた。部分点狙いで、何とかなりそう。
メインとなるアルゴリズムのテストは、一カ所忘却してたけど、それ以外は大丈夫。
俺自身がアルゴリズム好きなのも幸いしてか、ほとんど勉強してなくとも問題なかった。
さて、明日がいよいよラストボス。
一時間だけ行ったら、帰ってVaultで遊びまくってやるからな!
と思ったけど、その前に一つやる事がある。それをやらなければな。

DM>今日は出ようと思ったけど、やっぱりやめておく。
明日のVault大会は、我流除去コンで出る予定。
んでもって、日曜はコア高槻に突撃予定。
その次は、火曜の朝に、久々にBANBAN高槻南店に遊びに行こうかなぁ。
何気にレベル高いお店だったので、修行にはもってこいなのです。
さて、ここからが本題。
あかがねさんがガチデッキの解析やってらっしゃるので、俺も便乗してみる。
といっても、ネタが被るとまずいので、こちらではあちらでマークしきれなかった部分を解析していきたいと思います。
というわけで、今日やるのは『フェルナンド』。
ただし、既にあちらでドロマー系は解析されてるので、俺がやるのは「火水闇フェルナンド」及び「闇単フェルナンド」「光闇自然フェルナンド」「水闇自然フェルナンド」の四種類。
フェルナンドは種類が多々あるうえ、その全てがそれなりの強さを持つ、なかなかのデッキ。
それ故、これほど種類の出てきてしまってるのだ。仕方ないね。
まず、ドロマーの次に見かける機会が多そうな「火水闇」のタイプ。
光が無いので、落ちた呪文を再利用する事が出来ませんが、破壊力と攻撃力は、ドロマー系を遥かに上回ります。
デッキが切れかかったときに「アタック出来ない!」というタイムラグを、『イナバ・ギーゼ』で解消させるという方法もありますからね。
相手がブロッカーで固めるなら、『クリティカル・デストロイヤー』という秘密兵器も。
全体火力も充実している為、軽量の速攻相手でも、トリガーすれば十分に渡り合えるというのも長所。
しかしながら、安定性はドロマー系には及ばないという難点があります。
構築も多少難易度が上がるため、上級者向けのデッキなのかもしれません。
さて、お次は「水闇自然」のタイプ。
こちらも呪文の再利用こそ出来ないものの、『カラフル・ダンス』『プライマル・スクリーム』の二大墓地肥やし、『フェアリー・ライフ』の存在により、超高速で『フェルナンド』が召喚可能です。
とにかく早く動けるのが、最大の利点。
更に今は、『再誕の社』とマナ回収さえあれば、墓地のカードを何でも利用出来るという、疑似「化身コン」な動きが出来るのも魅力。
安定性もそれなりに高く、回りだすと止まらないタイプのデッキです。
しかしこいつは、軽量クリーチャーの大群に弱いのが難点。
全体火力も無くブロッカーも存在しない為、『ノーブル・エンフォーサー』頼みになりがちです。
『ローズ・キャッスル』もありますが、闇成分が多くなりそうです。
さてさてお次は「闇単」。
マナ拘束がほぼ無いため、マナさえあれば自由に動く事が可能です。
序盤から軽量の除去呪文を連打しつつ、『プライマル・スクリーム』で墓地を増幅。最近では、『ブラッディ・クロス』や『ベリアル・ワーム』でも墓地を肥やせます。
とにかく除去呪文を大量に積み易いので、破壊力は抜群。
しかしながら、防御面には若干不安ありか。
サンプルが非常に少ないので、何とも言えないところ。しかし、確実に実在するはずのデッキタイプ。
そんでもって、最後は「光闇自然」のタイプ。
一番最近に出てきたタイプ(?)で、なかなか滑らかな動きの良さを発揮します。
序盤『未来設計図』、『カラフル・ダンス』『プライマル・スクリーム』で墓地を肥やすため、物凄い速さで『フェルナンド』が飛び出します。
光入りなので、墓地に呪文が落ちても『デ・バウラ』で再利用可能なのも利点。
また、『ガーデニング・ドライブ』によって、マナの回収とマナ加速まで可能だったり。
手札補充は、呪文の多さを活かした『アヴァラルド』。
これで、唯一の弱点となっている「手札切れ」がなかなか起こりません。
高速で『フェルナンド』が飛び出してくるうえ、その粘り強さもかなりのモノ。
弱点といえば、やはり手札破壊をガンガンやっていくことでしょうか。
あと、速攻にも多少弱いかも?
う~ん、とりあえず、こんなモンですかねぇ。
まあ、ネタ師の戯れ言なので、参考程度に。
とりあえず、俺にとっては『イナバ・ギーゼ』がトラウマだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

プラズマ

Author:プラズマ
牢獄でもあり、我が家でもある。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク