セイントビーム

タイトルは、FF6にて、魔列車が放つ攻撃。
原作ではほとんど見かけない攻撃だったが、アドバンスではホーリードラゴンが使用。
『心ない天子天使』直後に放たれるという、鬼畜攻撃になりました。


DM>ゴーストを使いすぎて、ゴースト以外が使えなくなってる気がする。
それでも良いのだが、いざという時に困るんだよな、これ。
ところで、最近『聖霊王アルカディアス』が強いと思うのだが。
ボルコンが流行を始めるので、早期召喚出来るデッキなら、完封出来る気がする。
いや、<完封>とまではいかないけど、かなり縛れるはず。
『バベルギヌス』で除去されるけど、一枚くらいしか積まれてないだろうしね。
あとは、『ドルボラン』とか『アクア・サーファー』とか。どちらも、手札に戻ってくる。
他にも、『ヘヴィ』や『オルゼキア』があるけど、数を並べれば問題ない。
しかもこいつ、『ヘヴィ×メタル』も超えるパワーを持ってるんスよね。
ただ、場合によっては『デス』とか出てくるかもしれんから、油断大敵。
そこは、光文明お得意のタップキルで応戦しましょう。
マナブーストを積むなら、『トビ・ゴンゴン』で制圧するのも良し。
『スーパー・スパーク』も、全体タップとしては最高の性能。
案外、今後見かけるカードになるやもしれん。
ちなみに、同じ原理で『クイーン・アルカディアス』もなかなか強い。
こちらは『執拗なる鎧亜の牢獄』や『英知と追撃の宝剣』でも対処可能。
故に、ボルコンに対しては、若干の脆さがありますです。
それでも、かなり封殺出来る事に代わりは無し。
しかしこいつら、除去コンにゃ強いけど、速攻対策は他で頑張らないといけないね!
そこは、プレイヤーの構築力とプレイング次第。頑張れ。

日常>明日からは、新しい実験に移行。
今回からは、他の班が既に経験済みなので、そこから情報を吸い上げて頑張ります。
ここから先は、完全に情報網を敷いたもの勝ちかもなぁ……
ずるいって?いやいや、戦略でしょう。

BGM>実験レポート書く時に、お世話になっているBGMを色々
原曲アレンジ問わず



FF9から、破滅への使者。といっても、一応ディシディア仕様。曲は変わんないみたいやね。
まだ9はやってないけど、この曲のためにやってみても良いとさえ、一瞬思ってしまった(苦笑
何か、かっこいいよね!


時計仕掛けの夢人形。Reincarnationのアレンジ。
途中で鳥肌たったのは、気のせいだろうか……
リーインカーネイションは好きな曲だけに、そのアレンジも結構好きだったりします。


バイオハザード アウトブレイクのメインテーマ。
作業開始前に一度聞くと、落ち着いた雰囲気で作業スタート出来ます。
実際のムービー見ると、結構切なく怖いですが……


まあ、その他色々。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

プラズマ

Author:プラズマ
牢獄でもあり、我が家でもある。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
Twitter
デュエル・マスターズ開発部XX
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク