兎符「開運大紋」

幽霊好きって、ケモナーに部類されるんスか?!



DM>というわけで、今日のレポ。
ちなみに、「てゐを見て除去を撃つ」という単語は、あの時俺から生まれた。
※「てゐを見て除去を撃つ」
  :ある物がトラウマとなり、それと似た物を見ると、過敏に反応してしまう事。

2010年5月5日(水)
プロジェクトコア高槻店
参加人数:22人
方式:トーナメント
使用デッキ:光水闇ゴースト
 一回戦:VSドロマーコン(?)
  多分、ドロマーコン。
  序盤から『アクア・ベララー』と悪い予感しかしないデッキが相手。
  その後『ヤミノカムスター』で手札と山札トップを覗き見られ、どう動けば良いのか。
  とりあえずいつものプレイングを心がけ、『ローズ・キャッスル』。
  そこから『ジャックバイパー』と『クシナダ』。
  後は『オルゼキア』ループしたりしながら、最後は総攻撃で〆。
 二回戦:VS青単速攻
  『マリン・フラワー』から『フラワー』『ティナ』『アロマ』と鬼展開。
  こちらも『ブラッディ・シャドウ』で応戦しつつ。
  その後『セイント・キャッスル』『ヤミノザンジ』で粘った後、並べて場を制圧。
  『オルゼキア』ループと『マリエル』ロックをがっつり決めてやり、あとはじっくり。
  最後は『ノーブル・エンフォーサー』を出して、相手投了。デッキが少なかったので。
 三回戦:VSフェルナンド
  『トレボール』が二体出現したので、『ローズ・キャッスル』で撃退。
  が、相手がぼちぼち墓地を増やして、こちらは手札が少ないという状況。
  で、こちらがある程度場を整える前に、相手『フェルナンド』と『イナバ・ギーゼ』。
  ここからが、粘り合い。こちらはブロッカーで粘りつつ、相手もなかなか攻められず。
  しかし、最後で相手が『フェルナンド』を更に二体ならべて、SA化して攻撃。
  ところが、こちらもトリガー『デーモン・ハンド』。相手の反撃をシャットアウト。
  で、問題は次のターン。
  『マリエル』と『魂と記憶の盾』をやったは良いが、何故か『イナバ』を葬らなかった。
  返しに『トレボール』二体がスピードアタッカー化で負けた。

というわけで、凄まじいプレミスしました。泣きたい。
けど、後々よく考えてみたら、除去してても『トレボール』二体を防ぐ術が無かった。
要するに、どちらにしろ俺の負けって事ですねぇ。次引くカードも『クシナダ』でしたし。
その後は、よく俺の世話をして下さる高校生のお方(HNが決まって無いので、今はこの呼び方でいきます)、和邇乃児さん、magnetさんの三人で固まってました。
対戦は高校生のお方とやって、隣で和邇乃児さんとmagnetさんが対戦。
途中トレードになったので、その間に色々雑談したり。
んでもって、また対戦。和邇乃児さんが帰った後は、俺の友人の弟勢がmagnetさんと対戦してました。
そして、最後に俺とmagnetさんが残ったので、最後に一戦。
こちらゴースト、相手はベジーズ。
序盤からある程度ロック決めつつ場を整えたかったが、相手もかなりの軍団。
最後は『セイント・キャッスル』で『エンフォーサー』超えをした野菜達に、殴られました。
やっぱり、『セイント・キャッスル』は偉大やわ……
とりあえず、本日対戦して下さった皆様、ありがとうございました。
また次に会う事があれば、この愚か者をよろしくお願い致しますです。



DMその2>そういえば今月末から、コロコロGってのが発売するそうな。
対象年齢は、本家コロコロより上だとか。
DMのマンガもあるらしいから、最初くらいは買ってみたいなぁ。
嘘です。ただ単に『星域』が欲しいだけです。
こっちのDMマンガは、結構本格的なデッキを扱うとか扱わないとか。
小学中学時代はガチな内容を欲したけど、今だとマンガとかならでわの、ド派手な奴が好きかなぁ。
あんまりガッチガチな内容でも、正直萎えるからねぇ。
正直、Vault様の小説板の作品は、その辺のバランスが絶妙に取れてると思うんだ。
要するに、ガチでなくても、デッキに無理すぎる負担をかけない程度のド派手さは欲しい。
流石に、『ヘヴィ×デス×メタル』後に『ゼロ・フェニックス』は少し無理……
というか、それを倒す勝舞君も、かなりデッキに無理がありそう。
一番無理あるのは、『タイタンクラッシュ・クロウラー』のキサナドゥさん。

日常>明日から学校。土曜日から休み。
そこからは、暫く祝日の無い日々が続きますねぇ。
何か、憂鬱です。まあ、気合い入れ直して、頑張りましょう。

DMその3>そういえば、先日の問題の解答、そろそろ発表しますね。
問題は、
自分は、バトルゾーンに『ピーカプのドライバー』を従えています。
相手は、『光陣の使途ムルムル』二体と『神帝スヴァ』を従えています。
自分のシールドは0枚、相手のシールドはいっぱい残っています。
自分の山札は一枚、相手の山札はいっぱい残っています。
自分の手札は二枚(どちらも火のカード)、相手の手札は0枚。
自分のマナは12枚(全部火のカード)、相手のマナは5枚。
自分の墓地は24枚。相手の墓地は、何枚かあります(ゴッドは二枚)。
このターンで、相手に勝って下さい。
ただし、マナはチャージ済み。ドローも済んでます。

というもの。
正解は、手札に
『ボルシャック・大和・ドラゴン』と『竜装 ムシャ・レジェンド』を用意。
6コストで『大和』を召喚。
3コストで『ムシャ・レジェンド』をジェネレートし、最後の3コストで「ムシャ・レジェンド』を『ピーカプのドライバー』にクロス。
この時点で、『ドライバー』は『ボルメテウス・武者・ドラゴン』の名前を得ています。
これで、『ピーカプのドライバー』のタップトリガーを発動し『ムルムル』を破壊するのですが、ここで『大和』の「『ボルメテウス・武者・ドラゴン』の能力によって、相手のパワー6000以下のクリーチャーを1体破壊する時、かわりに相手のパワー12000以下のクリーチャーを1体破壊する。」が起動。
代わりに『神帝スヴァ』を破壊して、ゲームエンドです。
如何だったでしょうか。多少の暇つぶしになっていれば、幸いです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

先日はお疲れ様でした。
またお会いしたときは、いろんなデッキとのデュエルをお願いしますね。

…イナバがトラウマになった御心中はお察しします(笑)

後、リンクを貼らしていただきましたので報告をば。
これからもちょくちょく遊びに来ますのでよろしくです。

No title

どうもです。
こちらこそ、次お会いした時は、色々とよろしくお願い致します。

イナバは、最悪のトラウマを残してくれましたねぇ(苦笑
あいつだけでなく、スピードアタッカーに対して恐怖心が生まれそうです。

リンクの件、了解しました。
フリーですので、バンバン張って下さって結構ですよ~
プロフィール

プラズマ

Author:プラズマ
牢獄でもあり、我が家でもある。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク