フレアドライブ×オメガドライブ

美食會の上層部は、キモい奴らが大半なのか……!
ただ、良い意味でキモいな。
まさかのギャルソン登場。

DM>Vault様にて、geson様が調べて下さったルールの、我流解説。
まずは、『スペル・デル・フィン』下での、同時トリガー。
この場合の「同時トリガー」は、『ブライゼナーガ』や『憎悪と怒りの獄門』時を差します。
たしか、クリーチャーの攻撃による複数ブレイクは、従来通り、一枚ずつブレイクするはずなので。
相手が『スペル・デル・フィン』を従えていたとき、『ブライゼナーガ』でシールドを全て手札にする場合。
まず、同時に全てがシールドゾーンを離れ、手札に加わります(これを手札2とします。元の手札を手札1とします。ルール上は同一の手札ですが、混ざるとややこしいので、処理中は分けておくのがよろしいかと。)。
その時に、中に「シールド・トリガー呪文」と『アクア・サーファー』があった場合の処理。
1、『アクア・サーファー』をトリガー効果で召喚。ただし、「バトルゾーンに出た時」効果は割り込めないため、この時点では待機。
2、よって、『スペル・デル・フィン』がバトルゾーンを離れていないので、トリガー呪文は発動出来ない。
3、全てのトリガーを処理し、『ブライゼナーガ』の処理終了。
4、『アクア・サーファー』の効果を処理
という流れ。
ただし、相手が二体の『クイーン・アルカディアス』を従えており、そこに『天子天使と悪魔の墳墓』と「単色のシールド・トリガー呪文」を使おうとする場合は、
1、『天使と悪魔の墳墓』をトリガー。同時に、『天使と悪魔の墳墓』の効果も割り込む。
2、相手の『クイーン・アルカディアス』が居ないため、単色呪文のトリガーが使用可能。
3、『ブライゼナーガ』の処理終了
4、トリガー獣の効果処理
という流れになります。
多分、これであってる……のかな?どうだろう。
かなりややこしいのですが、覚えるしかないですねぇ。
これを上手く解説して下さってるgeson様は、毎度思うけど凄いお方ですよね。

日常>実験が疲れる。
もしかしたら、俺って最初から、かなりきついやつに当たったかもしれん。
そう考えると、後々が楽そうだから良いんやけどな。
まあ、頑張ってみせます。
ところで、107さんのTwitterをフォローしてみました。
そろそろ、ぼちぼちと使い方を探索していってみる……か……?

ポケ>そろそろ、パーティ育成を進めたいと思ってきた。
友達に結構頑張ってる人が居るので、俺も追い抜かれないよう気をつけなければ。
今育てているゲンガー(ダブル用)を育てて、次に取りかかる。
そういえば、『フレアドライブ』持ちのエンテイって、どうなんやろね。
前より強い事に間違いは無い。が、他のウェポンをどうするか、が問題。
ここは、使い手の腕が試されそうですな。
俺の中では、あの三方の中で一番実用的なのは、スイクンかなぁ。
ジリ貧しそうな相手でも、一撃必殺狙えるのはでかい。
セレビィは、ジャボ狙いなら手に入れても良いかも。
基本的なステータスは悪くないけど、弱点が多いからねぇ……
ジャボは、どうなのだろう。耐久に持たせるにはアレだし、アタッカーに持たせても効果が薄い。
使い勝手の難しそうな木の実ですな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

プラズマ

Author:プラズマ
牢獄でもあり、我が家でもある。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク