あくうせつだん

DM>一度、ゴーストを零からやり直してみたくなってきた。
最近の俺のゴースト、どうもカード間のシナジーが薄れてきてるんよね。
なんか、「これだったら、わざわざゴーストじゃなくてもよくない?」って感じに。
これだと本末転倒なので、ちょっと作り直します。もっと、『ジャックバイパー』だぜ!な感じに。
で、『裂空』の話。正直、S2機関さんのアイデアには、俺は勝ち目が無いようだ!
だからといって諦めるとか言う訳ではなく、俺は俺路線をまっしぐらで行きたいな、と。
今の段階だと、スピードアタッカードラゴンを投げつける構成になってきた。
これだと、万が一バトルゾーンが半壊したとしても、『クロロ』さえ残っていれば立て直しが楽。
あと、バトルゾーンと手札の両方で相手に睨みを効かせられるから、妙なプレッシャーもかけられたり。
特に『セイント・ボルシャック』は強烈。バトルゾーンのドラゴンを破壊してもコストが下がるし、放置しておいても、いずれはマナが溜まって出て来る。
手札を全て除去しても、『クロロ』が手札に戻してしまう。なんだ、この地獄絵図。
という具合に決まれば、結構強い。決まらないから困ってるんだけどね。
これ使ってて気付いたけど、やっぱり『ルナー・クロロ』は優秀ですねぇ。多分。

何か>5Dsカップ時にもちらりと言ったけど、俺は結構、変わり者と言われるような人が好きです。いや、そう言う意味じゃなくて、人間的に、ねw
少なくとも、この性格で損した事より、得した事の方が圧倒的に多い。
普通とは少し違うと言われる程なのだから、普通とは違う人脈が伸ばせる訳ですし。
普通とは少し違うと言われる程なのだから、普通とは違う価値観や見方を教えてもらえる訳ですし。
かく言う俺自身も、結構変わり者かもね。類は友を呼ぶ、とも言いますし。

DMその2>という訳で、本題。
変わり種として見られているカードの中にも、実は凄まじい潜在能力を秘めた奴が居るかもしれない。
最近頭角を現してきた『チャミリア』なんかが典型的な例。
といってもこのカード、俺はシノビ登場時から注目してましたけどね。
『ダイヤモンド・ブリザード』に突っ込んで、シノビで猛烈な防御性能を発揮させてました。
さて、他に「変わり種」な感じだけど、実は物凄い潜在能力を秘めてそうなカードはあるのか。
という訳で、俺が今の所注目しつつあるカードを二枚。リンク先は、wikiに飛びます。
・『アクア・オフィサー
ターンの開始時、なんと追加で二枚も引ける凄いドローシステム。
ただし、自分のターン終了時、自分のクリーチャーを二体タップする必要があります。
故に、除去され易さは『ミスト・リエス』以上かもしれないという、諸刃の剣。
この弱点を克服出来るとなれば、かなり優秀な一枚でしょう。
一応『ギガメンテ』や『ノーブル・エンフォーサー』&『お騒がせチューザ』とは相性が良い。
・『天雷龍姫エリザベス
なぜこのカードかって?別に、こいつ単体が強いって訳ではないです。
次に登場する六体神の下半身(性的な意味じゃないよ!)の力で、こいつをフル活用するんですよ。
『エリザベス』は、自分の呪文を全てシールド・トリガーにするシステム。
で、六体神の内二体はリンクしてると、ターンの終わりにシールド一枚を手札に加える事が出来るカードです。
これらを組み合わせて、思い呪文を連打しようぜ!ってのが狙い目。
ベンゾ』との違いは、除去耐性。
相方はゴッド故破壊に対して耐性がある程度あるうえ、恒久的にシールドを手札に出来ます。
なので、『エリザベス』を出しさえすれば、実はコンボが完成状態になるんですよね。
これ、結構楽しそうだから、組む人居るかも……しれない……か?

追記-クロスカップ>一番上の、ポイント表。あれを、全く別物にしてしまいました。
名付けて、生存者表。生存している人は「1」、戦闘不能は「0」です。
故に、PK達は全員「1」へと復帰。
他、大会参加者で無いけど、メインとなって動きそうなキャラも「1」としました。
つまり、聖などの方々は、間違いなく多分「0」にはならない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

自分は変であることを自覚している人は変じゃないらしいです

No title

では、「自分は変である事を自覚しているから、変じゃないと思ってる。だから変だ」という事にs(死

No title

タップされているクリーチャーをタップすることができるなんて裁定ありませんでしたっけ?

キサナティックXの関連でみたような気がします。もしそうならオフィサーも輝けるんじゃ…?

No title

そうですねぇ。なので、サイレントスキルとは、物凄いシナジーを形成しそうで、なかなか侮れないカードになるかもしれないです。
必然的に、フィニッシャーは『ゲジラ』とか、その辺りになりそうな予感……
プロフィール

プラズマ

Author:プラズマ
牢獄でもあり、我が家でもある。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
Twitter
デュエル・マスターズ開発部XX
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク