バイオレンス・ヘヴン

DM>俺が首を突っ込んでる、Vault様のとあるスレがあります。小説スレじゃなくて。
内容は、簡単に言えば「呪文は詠唱中、どこにあるか」という物。
今の暫定回答は、
手札から:手札と墓地の「中間地点」のような所で処理され、その後墓地に置く(事実上は、手札から直接墓地へと送られているものとされるらしいッス)
マナから:マナゾーンで処理され、その後墓地へ。
墓地から:墓地で処理され、その後山札の下へ(『怨念集結』を墓地から詠唱した場合、『怨念集結』自身も墓地にあるカードの枚数としてカウントする)
山札から:不明(山札にある物として処理すると、『アマテラス』がヤベェ!
という状況です。以上の調査は、Vault様の住人であるgeson様が実際にTELってます。
で、俺が問題提起したのは
・『アマテラス』で『プライマル・スクリーム』を唱えた場合の行動
・『スペル・グレートブルー』で『ポジトロン・サイン』を唱えた場合の半無限ループ
の二つ。後者は、正直あまり必要無いかもしれんが、前者は必須事項。
どういう事かと言うと、『アマテラス』で山札から『プライマル・スクリーム』を詠唱した場合、それが「山札で処理される」のであれば、『プライマル・スクリーム』の処理はどうすれば良いのか、という事。
『アマテラス』は山札をシャッフルした後に詠唱するので、この時点での『プライマル・スクリーム』の位置によっては、墓地に落とされるカードに差が出て来てしまうんですよね。
で、山札の順番か勝手に弄ってはいけないというルールがありますし。
これは、正式な裁定が出るまで少し揉めそうですね。タカラトミー、しっかりしてくだせぇ。
また、gesonさん曰く、今のカードゲーム・ダイヤルは、公式サイトのQ&Aさえしっかり把握してない状況だそうです。
流石に、それは酷いでしょう。ちょっと、そこのところしっかりしてください。
『マーシャル・クイーン』等のケースと違い、今回は基本ルールに直接関連するルールなので、早急な対応が求められます。早くしないと、安心してナイトが使えんよ。
今後暫くは、『アマテラス』で山札を弄るカードは使わない事にします。怖いです。
と言いたいところですが、無理ですよね。『サイバー・ブレイン』だって、山札弄りますもん。
『ディメンション・ゲート』くらいなら問題ないかもしれませんが。
【暫定回答で可能な、意味不明コンボ】
・『ドリル・スコール』をマナから詠唱し、『ドリル・スコール』自身を墓地へ送る
・『スペル・グレートブルー』で『ポジトロン・サイン』を山札の一番上で詠唱し、『ポジトロン・サイン』の効果で今詠唱中の『ポジトロン・サイン』を詠唱。これで、好きなトリガー呪文が来るまで半無限ループ

日常>「ナショナル・トレジャー2 リンカーン暗殺者の日記」を観てました。
一作目同様、最後まで楽しませてくれる作品。町中でのカーチェイスは相変わらずの凄まじさw
あと、ベンが立てる作戦の無理矢理さも相変わらず。それを実行するメンバーも相変わらず。
ストーリー展開は、どちらかというと前回に似た部分も。違う点と言えば、逮捕されなかった事か。
最後の探索を敵サイドと共同で行う点は一緒。
しかし今作、一つ謎を残したまま終わっております。ヒントは、47ページ。
全体的には、あと一歩。行き詰まりが無くスラスラ行ってたのが、ちょっと、ね。
面白さでは、前作の方が上かと。う~ん、惜しい(個人的に

FF4TA>今、月の民編。謎の少女が倒せない!
ギルバート編は、凄く面倒くさい。ひたすら面倒くさい。
なんか、RPGというより作業ゲー。行って来てを繰り返すだけだった。
コマンドもほとんど「たたかう」オンリーで行けたりと、凄い事に。
月の民編は、難易度がそれなり。敵が結構強いです。
てか、謎の少女どないせいっちゅうねん!
敵にリフレクかけるのは分かるが、そこからが、ね。
MP足りねえ!ほんと、何とかしてくれ。

DMその2>裏スリ用の画像が見つからないorz
明日には完成させないとマズイので、本気で探してます。
そもそも、キングテレサ様か魅魔様か、どちらかも決まって無い状況。
何が問題って、どっちも画像が少ねぇ!
pixivには大量にあるけど、出来れば公式絵使いたいもんね!
どっちも公式絵、無かった気がするけど……
というのも、他者様の作品を無断使用するのは、私的使用と言えど避けたいんスよね。
何となく、俺のポリシーって言うか何というか。
他に『デビル・マーシャル』に合いそうなキャラって居ねぇかなぁ……
カービィのナイトメアってのも、ありっちゃありですな。

バイオ>今日は、オルタナティブエディション発売日。
早速、プレイ動画を探してみますかw
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

プラズマ

Author:プラズマ
牢獄でもあり、我が家でもある。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク