神々の遊び

ポケ>放置状態になってしまっている。
そろそろ、もっかいやろう。とりあえず、ラティアスからだ。
ムゥ「ゴーストも忘れるナ。」
プラズマ「忘れてはいませんとも。ただ、パーティを色々練り直したりしてたりする。」
ムゥ「優柔不断な男は嫌われるゾ。」
プラズマ「残念。優柔不断なのが売りなんだぜ、俺。
てか、ムゥの登場が結構久しぶりなんだぜ。」
ムゥ「そうだナ。なぜ出さなかっタ。」
プラズマ「だって、コアの常連さんとかに見られてたら、何か恥ずかしいやん。」
ムゥ「まあ、お前が厨二病だからナ。仕方ないゾ。」
プラズマ「異論は無いが、少々黙ってくれ。」

日常>明日のコア高槻、今の所未定。疲れが溜まってるから、行くかどうか決めてない。
行くなら行くで、明日の午前くらいに更新した時に言うわな。
出るとすれば、絶対ゴースト。異論は認めないし、異論なんかないだろうし。

どうでも良い事>「○○は俺の嫁。異論は認めない」
って、もしその「○○」からも異論が来ても認めない訳だから、結構残酷な事言ってるよね(何

何か>呪いってのは、世にも奇妙な物語でも言っていたように、空気の様に存在している。
人は心の底から願えば、どんな夢でも叶えられる、と詠ってきた。
それの応用こそが、呪い。
心の底から願う事で、周囲もそれに同調し、相手を呪ったような状況に追い込んでしまう。
無意識の内にそれが発生するのだから、これほど恐ろしい物は無い。
こいし?誰それ。
要するに、心の底から何かを願う事を続ければ、何か起こるかもしれない、って事。
良い事も、悪い事も。
一度、誰かを呪ってみるのも良いかもしれませんね。自分の影響力がどの程度の物か、確認出来るかもシレマセンヨ。
逆に言えば、呪いがよく成功する人は、結構周りの人と価値観が合う人、って事なんですよね。
更に言えば、よく呪われる人は、自身に欠点のある人、って事なのかも。

DM>新弾情報が出たので俺が意地でも集めて組んでやる『創世(聖)神』について色々。
以下、ネタバレ注意な。



さて、全開の弾から続く神、俗にいう「四神王」。俺はシェイクスピア神と呼ぶけどな。
『リア』は、リンク時にマナブースト。闇のクリーチャーにブロックアタックされない。
『タイタス』は、リンク時に2000以下を除去。光のクリーチャーにブロックアタックされない。
『マクベス』は、四神になればマナからゴッドを一枚、直に出せる。
『オセロー』は、リンクしてればパワー+2000され、シールドブレイクが追加一枚。
と、実はさほど性能は良くありません。全部揃っても、せいぜいTブレイカー。
リンクすれば、パワーは16000。(情報では『オセロー』が3000ですが、どうみても画像は2000です)
四神帝が、完成時にパワー20000、無限アタックなのを考えると、少々酷い性能だと言わざるを得ません。
そう、こいつの性能は最悪です。が、こいつはあくまで「糧」なのです。更なる神への。
注目すべきは、『マクベス』。神が全て揃うと、マナからゴッドを一枚、タダで出す事が出来ます。
恐らくほとんどの人が思ったでしょう。「今更何を出すんだ」と。
そこで、『創世(聖)神』を出すんです。
『ADAM』は、リンク時メテオバーンで、5枚を捨てれば、相手のマナを全てシールドに封じ込めるという恐ろしい能力を持っています。登場と同時に、クリーチャー除去まで出来る、まさに神様のような奴です。
『EVE』は、メテオバーンで場を離れません。これで、アダムを長らく待つ事が可能となっております。
そう、こいつらを「四神王」に重ねてやるのです。
相方も進化なので、これで一気に五枚の種が揃います。という事は、『ADAM』のメテオバーンも使用可能です。
しかし、当然普通に『ADAM』の能力を使っても、殴りきる事はほぼ不可能でしょう。
という訳で、無難に『EVE』のメテオバーンを使い、場を離れなくするのが一番無難な使い方でしょうね。

ここまで話を進めてきましたが、当然思ったはずです。
「んな大量にゴッド入れて、どうすんだ」と。
そこでおいしいのが、『神誕の大地ヘラクレス』。
コスト12というバカみたいなカードですが、なんとこいつ、召還時にタップしたゴッドから、マナを2も引き出します。
なので、マナにゴッドが5枚もあれば、たった7コストで出す事が出来るのです。
しかも、12000のTブレイカー。
ただし、注目すべきはそこではなく、出せばマナから好きな数のゴッドを回収出来る点にあります。
これにより、序盤はマナブースト、中盤にこいつでゴッドを回収し、一気にゴッドを展開という動きが可能です。
しかもこいつ、ゴッドのコストを軽減する事まで可能なのです。『オセロー』『リア』を1ターンでリンクさせ、増えたマナで『タイタス』という、怒濤のゴッドリンクが可能になる訳です。
そして間髪入れずに四神王を完成させ、マナから『EVE』を召還しましょう。
除去耐性があるため、『ADAM』よりこちらを先に場に出す方が良いでしょうし。

さあ、実はここからが問題。
『ADAM×EVE』は、最強のメテオバーンを持っています。
5枚という恐ろしいコストですが、相手のマナを全てシールドに封じ込めてしまうのです。
さて、そんな事をして、果たして良いのでしょうか。
相手は、かなりの確立で、二桁ものシールドが得られる訳です。これでは、殴りきるのが大変。
まして、相手がマナにトリガーを仕込んでいると、こちらが逆に不利になってしまいます。
ここから、ある事が予知出来るのが、お分かりでしょうか。
この更に次、35弾に登場すると言われている、「六柱の神」。
噂ではエクストラウィン能力を持っているという事ですが、その確立が一気に濃厚になったと言えます。
もしその神もまた「ゴッド/オリジン」なら、一応デッキへの搭載も可能ですからね。
あるいは、ワールドブレイカークラスのブレイク能力を持つ事でしょう。

とりあえず、今の段階ではどうとも言えませんが、化ける可能性があります。
レアリティもそこまで高く無いようなので、『マクベス』『オセロー』『イヴ』『アダム』は集めてみます。
実はVault様にて、プロキシ使って少し使ってみたのですが、かなり使い勝手が悪いですw
が、プレイングさえ慣れれば、結構楽しいデッキです。是非お試しあれ。

結論:未だ未知数。シールド増やして『ヤサカノフカ』とか、ドリームすぎて無理ッス。
で、ゴーストはどうした(死
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

プラズマ

Author:プラズマ
牢獄でもあり、我が家でもある。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク