ヘイスト

クロスカップ>断言する。間に合わない!
ネタは大体出来てるので、まあ大丈夫かな。前半と後半で、ジャンルが全く変わってきてるが。
土日に期待。
対戦不可能時間
12/04(金) 22:00~(あかがねさんとの対戦予定)
12/06(日) 13:00~20:00
といったところ。

DM>ネギさんの仰る通り、今の環境において、キリコや速攻に勝てないビートは存在意義さえ危ういでしょう。
「そんな事無い!」とか言った貴様!お前は『エンペラー・キリコ』を甘く見過ぎだ!
この前なんか、2ターン目に『エメラル』『パラダイス・アロマ』×3を青単に並べられておきながら、勝利を収めたキリコデッキを見たぞ!ちなみに優勝してるんだからな、そのお方!恐ろしすぎるわ!
一度爆発すると、勝つのが絶望的になる。それが、『エンペラー・キリコ』の恐ろしい所。
生半可な攻めでは、絶対に倒せません。まして、手札補充をさせてあげてるようなもんです。
対策法は、今の所手札を削るしかありません。ビートでは、なかなか厳しい対策法でしょう。
そして、手札破壊は速攻に対しては効果が薄いという事も事実です。なので、「青単」「キリコ」両方に対して対策をとろうとすると、かなり難しいデッキ構成になるのは避けられません。
どちらにも、共通して同じ名前のカードが多くなるため、『天使と悪魔の墳墓』が微妙に効くくらい。
他の対策法は、今の所あまり分かっておりません。という事は、やはりちょっとやそっとでは倒れない恐ろしいデッキです。
なお、キリコはシステムだけ一緒で、亜種が多数存在するデッキでもあります。
基本的な戦術としては、やはり『アマテラス』から進化して展開するパターン。てか、これ以外に見た事無い。
出てくるのは大抵『ロマネスク』『パーフェクト・ギャラクシー』『ハンゾウ』『アマテラス』『ドルボラン』『斬隠オロチ』。
そして、これで出て来た『アマテラス』の効果で唱えられる『母なる星域』で出されるカードは、
『キング・アルカディアス』『クイーン・アルカディアス』『バジュラズ・テラ』『キリコ』
などの、出た瞬間、または存在が勝ちを導くような奴ら。
少なくとも、『ロマネスク』が来たら『キング・アルカディアス』『クイーン・アルカディアス』『バジュラズ・テラ』は覚悟した方が良さそうです。

DMその2>そういえば、そろそろ店舗で優勝すると面白い事になるんだったっけ。
ということは、俺も本気出してみるか。たまには、そう言うのも悪くは無い。
で、何のデッキを使えというのだ。さて、それが実は一番の問題だったりする。
まあ、日曜までに決めるとしますか。
コアでよく見かけるデッキ
キリコ、青単、ヘヴィ×デス×メタル、アク×ゼン、五神、五色、その他速攻、ジャンク
といった、実に幅広い方々。全てに対策するとなると、やはり上位デッキを使うしか無い。
殿堂発動前の今は、これにネクラギャラ、ロマノフサイン、ロマネグールなども加わってくる。
今考えてみると、恐ろしい環境やな、おい。

日常>そろそろ、テスト勉強始めようかな。年明けたら、すぐにあるからな。
冬休みは忙しくなりそう……でもないが、まあ念のため。
年越しでDM対戦やろーぜって人居たら、受けて立ちますよ、ええ。
ガキ使見たいけどねw
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

プラズマ

Author:プラズマ
牢獄でもあり、我が家でもある。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
Twitter
デュエル・マスターズ開発部XX
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク