上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空ラボCSのドラフトについての考察

どうも、空ラボCSでも頭(おかしい)ジャッジことヘッドジャッジをやりそうなプラズマです。
詳しくはこちらをご覧ください。
右の娘がカナちゃんです。

さて、今回のドラフトですが、前回の地下ラボCSと違い、2種類のエキスパンションでのドラフトとなります。
そのため、前回通用した戦略が通用しない部分も多くなります。基本は同じでも、色々と勝手が変わってきます。
今回は、そこから考えられる点について、考察したいと思います。
カナちゃんが可愛いのは自明なので考察はしません。

①革命チェンジについて
前回の”ハムカツ団とドギラゴン剣(バスター)”だけの環境では、高速で革命チェンジして殴るデッキは一方的にマウントを取りやすい環境でした。
というのも、革命チェンジ後の最低パワーラインは4000、ンババにいたっては4500もあります。
革命チェンジ持ち以外でこれを殴り返すのは、非常に難しい環境でした。
しかし今回、”世界は0だ!!ブラックアウト!!”(ツイッターのアンケートでは半数以上の人が残業代0とかと名前を間違えていました)に収録されている侵略ZEROにより、対策方法が増えました。
収録されている種類こそ3種類だけですが、いずれも軽量革命チェンジ先を屠るには十分なパワーラインを持っており、間違いなく警戒しなければならない相手となります。
特にブラックアウトは、返しに出されると一方的に殴り返し要員+打点という、頭を抱える性能を持っています。
色が合わなくても、とりあえず持っておくという事も出来るので、初手で出てきた際は優先してピックすると良いでしょう。
さて、侵略ZEROの脅威こそありますが、今回の革命チェンジも悪い性能ではありません。
アクミMは破壊時のリアニメイトが可能なので、打点を減らしたい相手にとってはこれ以上無い厄介な存在です。
シドXⅡも、殴り返したりブロックして破壊すると、こちらの防御を手薄にされたり殴り手を削られたりする、見た目弱いのに出されると破りたくなる性能を持っています。
今回の軽量革命チェンジは破壊されたときに誘発するデザインになっているので、上記の侵略ZEROに十分対抗できる性能といえるでしょう。恐らく、そういうデザインで作られたのでしょう。美しいです。
また、重量級の革命チェンジですが、今回もなかなか強力なカードがあります。
淫ら・・・じゃなくてミラダンテⅩⅡはマウントをとるに十分な性能ですし、ワチャゴナもD2フィールドを出せずとも圧倒的なパワーでねじ伏せることが出来ます。
出来ますが、ここでも侵略ZEROに注意が必要です。侵略ZEROはクリーチャーだけでなく、D2フィールドにも存在しています。デッドリーハイウェイです。死の高速道路です。絶対走りたくないですね。事故ったら一発免停でしょう。
革命チェンジで一気に攻めるときは、このへんのカウンターを意識しないと、痛い目を見るでしょう。
特に、今回は世界は0だ!!ブラックアウト!!の方が比率的には多く、こちらは前回と違いシールド・トリガーが非常に多いです。
無闇な攻撃は、よりピンチに繋がりかねないでしょう。

②侵略ZEROについて
今回から登場した新たな能力、それが侵略ZEROです。
相手が相手のターン中にクリーチャーの踏み倒しを行うと、そのターンの終わりに使える能力を持っています。
収録されているのは3種類と少ないですが、前回の革命チェンジ先出し有利を覆すに十分な影響力があります。
まず、踏み倒し能力なので、最悪色が合わなくてもピックしておく事が出来ます。相手が踏み倒したときに、こちらも踏み倒してやれば良いので、色は最悪気にしなくても大丈夫です。
取るものが無い時に回ってきた場合は、優先的にピックしたほうが良いでしょう。
また、流れているカードを見て、革命チェンジが多いように感じたら、2順目あたりに意識して取っておくのも良いかと思います。
侵略ZEROの今回の目玉は、なんと言っても、エキスパンションのタイトルにもなっているスーパーザガーンことブラックアウトです。
相手が調子に乗って高速で革命チェンジしてきたら、カウンターで出すだけで相手の目の前ブラックアウトです。
また、デッドリーハイウェイも非常に強力なカードとして働きます。死の高速道路というだけあって、殴ってきたクリーチャーを轢き殺すことができます。
でも会場まで車でお越しの方は安全運転でお願いします。

③シールド・トリガー
今回の弾には、非常に強力なシールド・トリガーが入っています。中でも、蒼龍の大地、ゴースト・パイレーツは複数のアドバンテージをたたき出す強烈なカードです。
他にも、シールドを追加する神聖で新生な霊樹、自軍が相手のクリーチャーと相打ち特攻するパペット・ナイト、があります。
クリーチャーもそれなりの数が収録されており、殴ってこられてもある程度は持ち直すことが出来る構築に出来るでしょう。
おおよそ、踏むと致命傷になりかねないシールド・トリガーは、だいたい頭に入れてプレイする事を推奨します。

④開封順について
今回、パックの開封は、ブラックアウト、ブラックアウト、ドギラゴン剣、の順番です。
前回であれば、初手でドギラゴン剣やプチョヘンザを引いた場合に、それを軸に組むことが出来ました。
しかし、今回はそのパックが最後になるため、その2枚に頼ることは難しいでしょう。逆に、淫ら・・・じゃなくてミラダンテを最初にピックすると、そちらに合わせる事は出来ます。
要するに、今回はブラックアウトに収録されているカードを軸に、デッキを決めて行く事になります。
最初でレア枠をピックしたら、それを軸にまずは組むのが良いです。ただ、他人と色が被ってそうなら、諦めるのも手でしょう。
ドギラゴン剣で強いカードをピックする事に掛けるのは、あまり良い策とは言えません。こちらのカードの方が比率としては低いので、こちらメインでないと組めないアーキタイプは避けるべきです。
ただ、実は1コスト軸というアーキタイプは組めたりしますが・・・あまりオススメはしません。

まとめ
・革命チェンジは慎重に
・侵略ZEROは入れとくと便利
・トリガーが多いので気をつけるべし
・ブラックアウトのパックで軸を決めよう
・カナちゃんは可愛い

長々と語りましたが、実際のところ、プレイヤーのセンスと実力が試されるゲームです。
どんなゲームプランで戦うかを考え、どのカードを使うために、どのカードを取るか。
デッキ構築の段階から既に闘いは始まっており、手に入れたリソースでどうやって勝ちに持ち込むか。
普通の構築戦は「勝つためのカードを入れて勝ちにいく」ですが、ドラフトやシールドは「手元のカードでどうやって勝ちをもぎ取るか」を考えなければなりません。
これはつまり、構築戦でもリソース管理が上手い人が有利に立てる、つまりプレイングの上手い人ほど強いという事になります。
ようこそ、真の実力の闘いへ。己の力を知りたければ、是非とも挑戦をお待ちしております。
スポンサーサイト
プロフィール

プラズマ

Author:プラズマ
プラズマ:大学生の、ココの管理者。DMプレイヤーであり、ゴーストポケモントレーナー。
そろそろ忙しい割には、何かと遊ぶ遊び人。将来?何それ食えるの?
切り札:特に無し

ムゥ:種族ムウマージの「ムゥ」。なんかもう、ポケモンかどうかも怪しくなってきた。
切り札:『邪悪の魔黒デビル・マーシャル』

テタヌス:滅多に出て来ない、よくわからない奴。
いつもシルラと一緒。ちなみに、そこそこイケメン。
切り札:『究極神アク』

シルラ:テタヌスの恋人というより、妻であるサーナイトの「シルラ」。彼を「ご主人様」と呼ぶけど、本人はあまりその呼び方が好きではないようで。
ちなみに、かなり美人。らしい
切り札:『超絶神ゼン』

宇院 円太(ういん えんた):熱血的で直線的な少年。ムゥとはそれほど仲が良い訳ではない。そもそも、住む世界が違う。今年で恐らく高校一年の16歳。
切り札:『超神星アポロヌス・ドラゲリオン』

小林 明流(こばやし めいる):円太の暴走抑止係の少女。ツッコミ担当(?)。円太と幼馴染の、高校一年16歳。
切り札:『大勇者 二つ牙』

アウスキー・エルスパー:円太達との接点は薄い。常に冷静沈着で、ほとんど表情を変えない男。
明流以上の的確なツッコミと、暴走阻止能力が売り。
ちなみに、笑ったところは誰も見たことがないという、都市伝説さえあるとか。
切り札:『エンペラー・マルコ』




ポケモン(バトレボ)のフレンドパス
0945 8186 0673
対戦したいという物好きな方がいれば、喜んで承りますです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
Twitter
デュエル・マスターズ開発部XX
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。