上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コモンドラフト

デュエルマスターズでもブースタードラフト制度が導入されましたが、それより前から、キューブドラフトという遊び方が巷で流行っております。
ルールはブースタードラフトに酷似していますが、以下の点で違いがあります。
・カードは所有者の采配によって決定され、全てが1枚ずつ投入されている。
・6~8人用であることが多い。
・殿堂入りカードも投入されている場合があり、カードパワーの振れ幅が大きい。
・超次元ゾーンのカードが入っている場合もある。
・1回ごとのカードの束は15枚であることが多い。
など、他にもあるかもしれませんが、だいたいこんな感じかと思います。
カードプールによってはビッグマナを構築したり、キクチパトロールが出来たり、今までのデッキタイプを網羅したような化け物を作ったりと、色々なことが出来ます。
特に、超次元ゾーンのカードをメインデッキに入れる方針のものとなると、今まで体験したことの無いような対戦を味わうことができるでしょう。

さて、私も一つ、キューブドラフトの束を持っています。
6人用ですが、カードパワーは日本一低いと自負しております。
コモンドラフト(別名ゴミドラフト、紙束など)と私は呼んでおり、その名の通り、レアリティ:コモンのカードしか入っておりません。
コモンが270種類入っただけのドラフトで、カードパワーでガンガン行く事は出来ませんので、プレイヤーの技術が非常に重要視されるカードプールになっています。
レア以上に多い「除去」「フィニッシャー」といった要素がほとんど無い、あるいは弱いため、デッキ構築の段階からデッキのバランスを慎重に考慮する必要があります。
またあ、普通のドラフトや構築戦では全く活躍しないカードが、猛威を振るうこともあります。
中でも『ストームジャベリン・ワイバーン』『五元のロードライト』などは、その筆頭と言えるでしょう。除去が乏しいため、ただ単純に「大きい」事が強さになるのです。

私がこのキューブドラフトを構築するにあたって、カードパワーのバランスは非常に慎重に考えたいと思っています。
特に除去に関しては、あまりに強い除去を詰め込みすぎると戦いが非常に面白くないものになると考えています。
そのため、あえて除去の質を落としています(そこを考える必要が無いくらい、元々質は低いですが・・・)
また、除去の質が低いため、クリーチャーの対クリーチャー性能を高めに設定したいなーとも思ってます。
『ストームジャベリン・ワイバーン』『ブルーレイザー・ビートル』などが、その筆頭です。殴られたら殴り返して除去する、それを構えることで相手の攻撃を抑止する、といった駆け引きが生まれます。
となると、次は殴り返しを防ぐ手段を整えます。ブロッカーは典型的な例ですし、ガードマンも非常に有効な対処法になります。数少ないですが、ニンジャ・ストライクも非常に良い対抗策になります。
では、更にそれらの対抗策も考えます。ブロッカーはブロッカー除去をいくらか採用し(『クリティカル・ブレード』や『デュアル・スティンガー』)、ガードマンにはスレイヤーという生きた除去を当てにいきましょう。
こうやって、一つ対抗策を考えては、次にそれらに対処できるカードを考えて・・・を繰り返してカードを選んでいきます。
まだ調整段階ですが、ズバ抜けて強力すぎるカードというのはありません。あえて『ハヤブサマル』は外していますが、試験的に投入してみて、活躍を見てみたいなーとは思ってます。

CSとかでは持ち歩くようにしてるので、やってみたい人は是非お声がけくださいませ。
ちなみに、私も何が強いのか、よく分かっていません(苦笑
スポンサーサイト

ヘル・ジャッジメント

先日、地下ラボCSでヘッドジャッジをやらせていただきました。
ちなみに私は公認ジャッジではありませんので、悪しからず。

ツイッターでも、ルールに関しての質問をいただければ、分かる範囲で答えさせていただいております。
身内でも、デュエルマスターズのルールに関して、私はどちらかというと聞かれる立場となっています。

私がデュエルマスターズのルールを学ぼうと思ったきっかけは、かれこれ14年前に「相手プレイヤーを攻撃できない」をシールドは攻撃できるものだと勘違いしていた時に遡ります。
最初は腑に落ちませんでしたが、そもそも攻撃は必ず「相手のクリーチャー」か「相手プレイヤー」のどちらかである事を知ってから、全てが納得いきました。
そもそも基本的な事すら理解できていない事を受け、そこからルールを学び始めたのです。

14年もの間にルールに精通する身となりましたが、ジャッジという立場で役に立つ知識は、その中の一部に過ぎません。
ジャッジという立場は、ルールだけでなく、違反などに対するペナルティを科す立場にあります。
このペナルティを、どれだけ的確に出せるかという事が、ジャッジに求められる技量でもあります。
こればかりは、経験を積まない限りは難しいでしょう。
実際、私もジャッジ経験2回目にしてヘッドジャッジとなりましたが、最初1時間ほど、かなり不安でぎこちない動きになっておりました。
ある程度要領を掴むと動けるようになりましたが、それでも経験不足が祟り、振り返れば反省点が多いです。

次回の公認ジャッジ試験に、挑戦してみようと考えております。
私自身、ジャッジに向いているかと言われると、まだ分かりません。
向いてる・向いてないは、今後考える事にします。

私がジャッジとして意識していることは、
「ジャッジはプレイヤーの模範であり、プレイヤーの道具であってはならない」

「カナちゃんの帽子になりたい」
です。

突然の死

先日、ツイッターで出した問題の答え合わせ。

問題
自分の『恐気の覚醒者ランブル・レクター』で攻撃したところ、スレイヤーを得ている『安土の超人』を出している対戦相手がスレイヤーを得ている『不屈の使途チーキ・クーレ』でブロックした。その後に起こる事象として正しいのは、次のうちどれか。
①双方タップされたまま残る
②『チーキ・クーレ』のスレイヤーにより『ランブル・レクター』が解除される。
③『ランブル・レクター』の置換により『チーキ・クーレ』が破壊される。
④『安土の超人』がバトルを置換して、スレイヤーで『ランブル・レクター』を解除する。


まず、それぞれのテキストを確認しましょう。

『恐気の覚醒者ランブル・レクター』
コスト14 パワー15000
闇 デーモン・コマンド
■このクリーチャーがバトルする時、バトルするかわりにその相手クリーチャーを破壊する。
■T・ブレイカー (このクリーチャーはシールドを3枚ブレイクする)
■解除 (このクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、バトルゾーンを離れるかわりにコストの小さい方に裏返す)
■エヴィル・ソウル 

『安土の超人』
コスト7 パワー6000
自然 ジャイアント
■相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーを選ぶことはできない。(ただし、このクリーチャーを攻撃またはブロックしてもよい)
■自分の他のクリーチャーが相手のクリーチャーとバトルする時、かわりにこのクリーチャーをタップしてもよい。そうした場合、このクリーチャーがその相手クリーチャーとバトルする。
■W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2枚ブレイクする)

『不屈の使途チーキ・クーレ』
コスト5 パワー1000
光 イニシエート
■ブロッカー。
■このクリーチャーが攻撃をブロックしたとき、バトルは行われない。ただし、両クリーチャーはタップしたままである。
■このクリーチャーは攻撃することができない。 


『チーキ・クーレ』は、ブロックするとバトルそのものを発生しないという、かなり特殊な能力を有しています。
今回の場合、『ランブル・レクター』をブロックすると、普通のブロッカーであればバトルが発生し、そのバトルが置換されて破壊されますが、『チーキ・クーレ』は置換元のバトルそのものを発生させないため、『ランブル・レクター』の置換効果は発動しません。
バトルそのものが発生してませんので、スレイヤーも発動しません。

よって、正解は①となります。

ここから先は、補足説明となります。
では、ブロッカーが普通のブロッカー(仮に『O・HA・NA・P』だとしましょう)だったらどうなったのでしょう。
この場合本来であればバトルになりますが、『ランブル・レクター』によって破壊へと置換されてしまい、ブロッカーは破壊されます。バトルそのものが発生していませんので、「バトルの後」というタイミングも存在しないため、スレイヤーも発動しません。
そのバトルを『安土の超人』で置き換えた場合はどうなるでしょうか。これは、ターンプレイヤーが『ランブル・レクター』側であるため、『安土の超人』でバトルを置換する事はできません。
『安土の超人』側がターンプレイヤーで、何らかの方法で『ランブル・レクター』と他のクリーチャーをバトルさせた場合は、『安土の超人』が代わりにバトルする事ができます。
しかし、『安土の超人』は自分の他のクリーチャーが相手のクリーチャーとバトルする時、かわりにこのクリーチャーをタップしてもよい。までが置換効果であり、バトルは通常通り発生します。そのバトルが『ランブル・レクター』によって置換されるため、『安土の超人』は破壊されてしまいます。上と同様に、スレイヤーも発動しません。

以上が、問題の解説となります。随所に引っ掛けを仕掛けておきましたが、それでもすぐ正解にたどり着く人がまあまあ居ました。
プロフィール

プラズマ

Author:プラズマ
プラズマ:大学生の、ココの管理者。DMプレイヤーであり、ゴーストポケモントレーナー。
そろそろ忙しい割には、何かと遊ぶ遊び人。将来?何それ食えるの?
切り札:特に無し

ムゥ:種族ムウマージの「ムゥ」。なんかもう、ポケモンかどうかも怪しくなってきた。
切り札:『邪悪の魔黒デビル・マーシャル』

テタヌス:滅多に出て来ない、よくわからない奴。
いつもシルラと一緒。ちなみに、そこそこイケメン。
切り札:『究極神アク』

シルラ:テタヌスの恋人というより、妻であるサーナイトの「シルラ」。彼を「ご主人様」と呼ぶけど、本人はあまりその呼び方が好きではないようで。
ちなみに、かなり美人。らしい
切り札:『超絶神ゼン』

宇院 円太(ういん えんた):熱血的で直線的な少年。ムゥとはそれほど仲が良い訳ではない。そもそも、住む世界が違う。今年で恐らく高校一年の16歳。
切り札:『超神星アポロヌス・ドラゲリオン』

小林 明流(こばやし めいる):円太の暴走抑止係の少女。ツッコミ担当(?)。円太と幼馴染の、高校一年16歳。
切り札:『大勇者 二つ牙』

アウスキー・エルスパー:円太達との接点は薄い。常に冷静沈着で、ほとんど表情を変えない男。
明流以上の的確なツッコミと、暴走阻止能力が売り。
ちなみに、笑ったところは誰も見たことがないという、都市伝説さえあるとか。
切り札:『エンペラー・マルコ』




ポケモン(バトレボ)のフレンドパス
0945 8186 0673
対戦したいという物好きな方がいれば、喜んで承りますです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
Twitter
デュエル・マスターズ開発部XX
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。