上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふっかつそう

DM>今日のDRは、久しぶりに遊びで、黒緑速攻を使用。
が、プレイングミスで負けるという残念な結果でした。
まあ、そんな感じで、他のデッキも色々着手したりとか。
悠久が出る直前になって、ドロマー超次元組んでみたりとか。
ファンクどうするかねぇ・・・
で、その悠久に関して、どんな裁定になるのか、の予想とか。
誰得だよ・・・
悠久は、どこからでも墓地に行く時、置換で墓地のカード全てと一緒に山札に戻るカードです。
さて、一番肝心なヴォルグの時に出たらどうなるか。
予想としては、枚数としてカウントされつつ、出た瞬間の墓地と悠久を戻してシャッフル、かと。
ヴォルグは一枚一枚墓地に叩き込む能力なので、例えば3枚目に1枚目のクリーチャーとして悠久が出た場合、今墓地にあるカード全てと悠久を加えて山札をシャッフルし、2枚目のクリーチャーが出るまでそれからめくる、になるかと。
2枚目のクリーチャーとして出れば、墓地全てと悠久がデッキに戻るので、実質ヴォルグは無かった事にできますかねぇ。
次は、弾幕や悪魔の契約などについて。
弾幕は、クリーチャーが出るまで表向きにして、出たクリーチャーよりパワーの小さいクリーチャーを全て破壊し、表向きにしたカードを全て墓地に置く、という順番です。
ヴォルグと違う点は、クリーチャーが出るまでに出たカード全てが、表向きのままストックされてる点。
置換効果は移動前に割り込んで処理されるため、弾幕の場合であれば、
1、クリーチャーが出るまで表向きにする。
2、出たクリーチャーよりパワーが小さいクリーチャーを全て破壊する。
3、悠久の置換により、墓地と悠久を山札に加えてシャッフル
4、他の表向きにしたカードを墓地へ
になるかと考えられます。これは、全体除去時のセイバーや置換と一緒の考え方をしております。
同じく悪魔の契約の場合も、
1、マナゾーンから悠久含む好きなカードを選択
2、悠久の置換により、墓地と悠久を山札に加えてシャッフル
3、選択した悠久以外のカードを全て墓地へ
4、選択したカードの数だけドロー
になるかと。
少々複雑ですが、今後見かける可能性の高い悠久なので、覚えておく必要があるかなーと。
ヴォルグに対しての対策は万全なので、そこは安心できそうですねぇ・・・たぶん。



幻想鏡現詩>とりあえず、色々考えてみてます。
チルノNXは、行き詰まったので、一度放置。崩壊させてます。
もうちょっとカードプールが増えてから、ですかねぇ・・・
で、現在のスカイプ大会を見てると、全体的に早いタイプのビートダウンが多い様子で。
コントロールも僅かに居るのですが、勝ち抜けてない様子です。
全体的にビートダウン推しのカードが多いゲームなので、当然と言えば当然な感じですが・・・
まあ、そういう環境だからこそ、コントロールを考えたりするんですけどねぇ。
色々考えてる結果、今のDMと同じ事が言えるかなーと。
つまり、大型SAなど、後半トップで引かれると強いカードが妙に多い感じが。
コントロールするより、殴る方が強いって感じのカードが、その手のデッキには大量搭載されてるんですよね。
そりゃ、ビートダウンはそもそも、そういう構築ですが、それが顕著に尖ってきたかなーと。
コントロールの破壊力よりも、無理矢理こじ開ける力が上がってる気がしました。
コントロール側としては、意地でもこじ開けられない構築が必要な訳ですが、なかなか難しくなってきました。
なんといっても、マクロバーストが5コスト2000、対象が6000以下にまで広がったのが強い。
その他、未来永劫斬が出し易くなった事、天狗の速度が格段に上がった事などなど。
今後、コントロールで戦おうとするなら、更に画期的な防御方法を開拓する必要があるでしょうねぇ。
更に言えば、相手の二手三手先を読むプレイングも必要。
相手の次の一手を先読みして、それを防ぐ戦略が必要でしょう。
コントロールは基本、それが主となる戦略ですが、今後はこれをミスすると、致命傷になる事が多そうです。
というか、やってれば分かりますが「これ、もう殴った方が早くね?」っていう事が多いです。ゲーム的には、そっちの方が面白くて良いんですけどね。
スポンサーサイト

チルノNX

DM>先日のDRは、どうもパッとしなかったので、レポは書けません。
忘れた訳じゃないです。決して、忘れた訳じゃありません。



幻想鏡現詩>色々と研究中のデッキは、もう一つ。
プリズムリバーは本職に近いので当然ですが、もう一つ練ってるデッキがあります。
その名もNX。
Nエクスといえば、DMの現状環境トップクラスの力を誇るデッキな訳ですが、これを、こっちでも再現してやろうという無謀な挑戦です。
あちらから流用する戦略は、以下の点
・霊玉の超加速
・手札の超回復
・大量展開からのワンショット
の3つ。
霊玉の超加速は、霊玉増やすカードを大量に入れておく事に加えて、新篇の『岐符「サルタクロス」』で一気に2枚の霊玉を増やせるので、かなり楽になりました。
ちなみにこのカード、後々解説しますが、かなり強いです。
手札の超回復は、『ルナ・ブレイン』からの『操神「オモイカネディバイス」』などで。相手が積極的に殴ってくれるなら、そのまま『操神「オモイカネディバイス」』で回復可能でしょう。
で、これらの準備が整ったところで、ルールの確認を。
幻想鏡現詩とDMの最大の違いの一つとして、
「寝かせた霊玉の数をコストとして参照」
ではなく、
「寝かせた霊玉から霊力(魔力・妖力)が発生し、それを使ってカードを使う」
という、大きな違いがあります。
今回は、この最大の相違点を利用して、大量の霊玉を使う事にします。
無限に発生させる事は出来ませんが、ある程度頑張れば、20近くの霊玉を利用可能状態にする事は可能です。
その為に使うカードが、『凍符「パーフェクトフリーズ」』です。
ここまで言えば、大体の人がピンと来るかもしれませんが、一応解説。
まず、大量の霊玉(できれば8枚以上)と手札(できれば10枚近く)を用意します。
その状態で、霊力を8つ生み出し、3つ残したまま『凍符「パーフェクトフリーズ」』を召喚。
手札9枚が霊玉に置かれたとしたら、今アンアクティブした8枚+1枚を回収します。
これで、その段階で使用可能となる霊力は、合計で11になります。
この状態でもう一度『凍符「パーフェクトフリーズ」』を出せば、更に3つのストック+8つの霊玉なので、合計14の霊力を使える事になります。
2回もやれば、もう十分なので、後は展開します。で、展開し終えたら『霊撃「零式マスタースパーク」』で全員を攻撃可能にしてやれば、大体潰せそうです。
相手が『遠距離恋愛(マスタースパーク)』撃ってきたとしても、全て捌ききれなければ勝てます。
また、2回どころか3回も4回も繰り返した、あるいは更に大量の霊玉と手札を使ったなどで、膨大な霊力を使用可能になったら、2つ目の戦略を使う方法があります。
まず『秋符「フォーリンブラスト」』で『岐符「サルタクロス」』を霊玉にします。この時の能力で、山札上2枚をスペルカードに固定。
で、膨大な霊力をつぎ込んで、『不死「火の鳥 ~鳳翼天翔~」』を出します。
この段階で2回の追加攻撃が確定してるので、単体で相手の宣言カードを吹き飛ばす事は可能です。
尤も、相手がトリガーで攻撃を止めて来なければ、ですが。
イベントエフェクトがそこそこ入ってるため、普通に使っても成功率は低いので、その点は要注意。
また、デッキを大量に消費した後になるので、デッキ切れを起こす可能性も高いです。
かなりハイリスクですが、狙えるときは狙ってみると良いんじゃないでしょうか。
ここまでデカデカと語りましたが、まだまだ実戦レベルにはほど遠い印象です。
しかしながら、今後のカードプール次第では、十分化ける可能性のあるデッキかなーと。
ちなみに『凍符「パーフェクトフリーズ」』は4枚必須です。『「輪廻鏡界」(サブリミナル・ディバーション)』という代用品がある様に見えますが、『凍符「パーフェクトフリーズ」』がコスト5までの青・赤のイベトエフェクトの対象にならないので、不可能です。
決まれば凄まじいインパクトなので、カードプールのある人は、一度組んでみてはいかがでしょう。



補足:以下、デュエルマスターズにおけるNXの解説。幻想鏡現詩勢向け
以下の三枚(四枚)を用いた、疑似ソリティアコンボ

・『サイバー・N・ワールド』:登場時、お互い手札と墓地を山札に戻しシャッフル、その後5枚ドロー
6コスト6000、W・ブレイカー
・『ボルバルザーク・エクス』:登場時、霊玉を全てアクティブ状態に
7コスト6000、スピードアタッカー、W・ブレイカー
・『蛇手の親分ゴエモンキー!』:効果処理した段階で霊玉にあるスペルカードは、このターンのみ、霊玉ゾーンから召喚できる
4コスト4000
・『セブンス・タワー』:山札上一枚を霊玉に。霊玉が7枚以上あれば、代わりに3枚を霊玉に。
3コストのイベント・エフェクト

フィニッシュとしては、
・『永遠のリュウセイ・カイザー』:自軍全員がスピードアタッカーに
8コスト8000、スピードアタッカー、W・ブレイカー
相手は全て、スペルカードをアンアクティブ状態で置く
・『超竜バジュラズ・テラ』:登場時、ドラゴン以外の霊玉を全て墓地へ
9コスト、進化(ドライブ)ドラゴン、T・ブレイカー
など

膨大な霊玉加速(『セブンス・タワー』は、後半一気に10コスト圏内まで到達)し、『N・ワールド』で手札を超回復。
その後更に霊玉を加速させ、『ボルバルザーク・エクス』『ゴエモンキー!』で更に展開。
最後は『リュウセイ・カイザー』による数の暴力と『バジュラズ・テラ』による霊玉焼却を合わせ、相手に反撃の余地を与えない数の暴力で締める。
速攻に対しても強いという、何かよく分からないデッキ。
メインパーツである『エクス』が一枚制限になったにも関わらず、ほとんど弱体化しなかった。
霊玉がある程度溜まったら、『エクス』『ゴエモンキー!』で、1ターンで10体近くの展開も可能。
その全てが一気に殴ってくるうえ、霊玉のほぼ全てが破壊されるため、一度コンボがスタートすれば、ほとんど勝利は絶望的になる。
そして、コンボの起動が結構早いのも厄介。

車輪

魔列車の車輪



DM>今日は、マジキャットにお邪魔して参りました。
午前は免許更新の講習だったりと、結構疲れましたわ。

2012年8月16日(木)
17:00~
マジキャット
参加人数:7人
方式:スイスドロー(だったはず)
使用デッキ:青黒t白テイルコート
 一回戦:VSギフト色々
  相手ムーンナイフからロッカナタ
  何とか攻撃凌ぎつつ、テイルコートで制圧
  不滅ギャラクシーとか出てくるも、ガンヴィートやハヤブサで処理
  そのまま殴って〆
 二回戦:VSギフトリュウセイ
  3ターン目にギフトカモン出されるも、耐えながらテイルコートで制圧。
  そのまま〆まで
 決勝:VSヒャックメー
  殴るしかなかったんや・・・

というわけで、二位。
スネーク・テイルコートの地雷性と制圧力は、やっぱり楽しい。
扱いは若干難しいけど、使い慣らすと相当強い。
特に、ビートに対してのカウンタ—性能が尋常じゃないので、上手くやればビート駆逐できますわ。
問題は、コントロールと、NX辺り。
序盤から積極的に攻める形にすれば、何とか・・・
ブチクダキ・フードを試験的に投入してみたものの、やっぱり微妙な感じが。
ベラ+バトウと相性が良いので、悪くは無いんですけどねぇ。
ガチンコ・ジャッジは外しても、ベラでめくった2枚を封じれるのは強いかなーとか。
もうちょっと上手く使う方法が見つかれば、強いんじゃないでしょうかね。
大会後は、ひさぎさんとメガデッキを一度回してみたり。
やはり、相手の手札を先に枯渇させた方が勝ちに限りなく近づける環境です。
あと、デル・フィン強いです。
ロスト・マインド、マインド・リセット、バイスカイザーは、入れておくと良いかなーと。
打たれたらおしまいなので、その点だけ要注意です。
とりあえず、本日対戦して下さった皆様、ありがとうございました。
また次に会う事があれば、この愚か者をよろしくお願い致しますです。

スネーク・テイルコート

DM>今日は、関西おやつCSにお邪魔してきました。
結果は散々でも、色々得たものが大きかったので、これを参考に改良しようかなーと。

2012年8月14日(火)
13:00~
関西おやつCS
参加人数:?人(120?)
方式:予選スイスドロー4戦、上位16名が決勝トーナメント
使用デッキ:ドロマーテイルコート
 一戦目:VSNX
  序盤から、メルニアとトリッパー、テイルコートで盾0まで追い込むも、最後はデル・フィンで詰み
 二戦目:VSドロマーザビミラ
  ファンク2体並ばれると相当辛い
 三戦目:VSシータΛ
  5枚ある手札からハチ公が出てきた
 四戦目:VS4色次元
  立ち回り方考えてなかった

という感じ。
少なくとも、墳墓がやはり刺さり難かった事と、ヤミノザンジが全く仕事しなかったのが教訓。
あと、ベガはやっぱり要らないかなー、というか、光要らないかなーとか。
タッチで積む程度なら良いかなーと。がっつり入れる程でもない。
ちなみに、その後のガンスリンガーで3勝すると、ジェニー(らしき何か)イラストのストレージが貰えたので、何故かこっちで本気の黒緑速攻取り出してました。
きっちりいただきましたよ、ええ。
あと、キリ番賞の100位で、おやつスリーブを大量にゲットしたり。
運が良いのか悪いのか、よく分からなかったです。
とりあえず、本日対戦して下さった皆様、ありがとうございました。
また次に会う事があれば、この愚か者をよろしくお願い致しますです。
そして、お疲れ様でしたー。



結論:スネーク・テイルコート強いわ

たたりめ

DM>本日のDRも一没。
しかしながら、色々得る物も大きかったので、収穫は大きかったです。
明後日が関西おやつCSなので、それの為の調整がメインになってた感じ。
ある程度落ち着く感じの形になったので、これで行こうかなーと考えてます。
もちろん、中身は秘密です。
なお、当日のスタイルは、関西CSの時と同じ感じの予定。
白に赤文字でDANGERな服装で、テレサ連れてるかもです。
あと、扇子とか。
知り合い居ると色々楽なんですが、ぼっちはキツい・・・



幻想鏡現詩>昨日も久々の大会。
2位と、相変わらず優勝は取れない今日この頃。
なんだかんだ言ってるうちに、まだ新規カードが次から出てくるんですよねぇ。
とはいえ、新規カードにはプリズムリバーを相対的に強化出来るカードが多いので、期待してますが。
今回の新規により、妖夢がかなり強化された印象。
天狗組も強化されましたが、こちらも相当強い印象です。
また、今回は黒系統のカードも強力なカードが多いので、黒単の復権もあり得そうかなーと。
除去カードが大幅に増え、リアニメイトまで手に入れたので、まだまだ油断は出来そうにないです。
更に言えば、フェティスト・タッチが2枚再録なので、4枚集めるのも楽になってますし。
更に更に言えば、完全なる墨染の桜、二重黒死蝶も4枚集め易かったり。
実質、これら軸に組めば黒単になり得るので、かなり今回のセットは強力ですかねぇ。
ビートダウンに至っても、天狗組の基礎がしっかりしてるので、結構戦える印象。
一番未知数なのが、永夜組。全体的に中途半端って印象があるんですが、その秘めたる力は如何に・・・

貫通ワイドウェーブ

DM>今日は関西CSです。
相変わらずですが、今回は、何かを掴めた感じがしました。

2012年8月5日(日)
10:00~
関西CS
参加人数:166人(だったっけな?)
方式:予選卓上位2名ずつ、決勝はトーナメント
使用デッキ:水闇t光ゴースト
 一戦目:VSハイドロザビミラ
  序盤から『タイム・トリッパー』使って遅延しつつ手札補充。
  そこから『テイルコート』で相手の『トリッパー』潰しつつビート
  結局、相手がこちらの数を捌けず勝ち。
 二戦目:VSシータΛ
  意識してた相手だったのに、肝心の『テイルコート』を引けず。
  とはいえ、序盤からペースを握れてたのは大きいか・・・
  どこかしらでミスを犯して、ペースが相手に。
  そのまま、最後は負け。
 三戦目:VSNX
  奴らは座して死を待ってなどいなかった・・・
  より凶悪になって復活してました。勝てないっす。

というわけで、予選敗退。
Λは、プレイング次第では勝てたんじゃないかなーとか。
もうちょっと、その辺意識して組んだ方が良いかもです。
大会後は昼食をコンビニで食べて、その後決勝とかを見つつ。
みさいるずさんが決勝卓に残ったのに若干驚いてたら、優勝するという快挙を達成。おめでとうございます。これでプロジェクトコア高槻の出禁も解除されると良いですね(白目
その後は色々とフリーに付き合ってもらったり、ひさぎさんにフリーで完全なロック喰らわされたり。
あのロックは、是非とも参考にしたいなーと思いながら、何も出来ずに敗北を待つのであった・・・
大会全体の感想としては、なかなか良かった感じかなーと。
私は景品にはそこまで興味無いので、そこは度外視しての評価です。
ただ、Bブロック予選と決勝の間に、少しくらい休憩挟んで良かったんじゃないかなーとか。
まあ、思ったのはそれくらいですかねぇ。
とりあえず、本日対戦して下さった皆様、ありがとうございました。
また次に会う事があれば、この愚か者をよろしくお願い致しますです。
そして、お疲れ様でしたー。



DMその2>ゴーストについて。
今回で色々考えた結果、デビル・マーシャルは結構辛いです。
まず、Λを相手にした時、全く効果が無い事。
3枚手札補充されるので、少し削ったくらいじゃビクともしないです。
それに加えて、あちらはパワー7000。こっちよりパワー高いです。殴り返す事すら出来ないです。
これらを踏まえると、今の環境では、相当辛いんじゃないかなーと。
カワハギ・ジャケットという相棒が居るので、使うなら、そちらと組ませるのが無難でしょう。
となると、やっぱり次世代はスネーク・テイルコートかドグマグ辺り。
テイルコートは、手札の高コストを犠牲にさえできれば、かなりの効果を発揮できます。
対してドグマグは、かなり地味ですが、自軍全員スレイヤーという狂気の性能。
どちらも一長一短ですが、今のビート環境には、結構良いんじゃないかなーと。
特にテイルコートは、相手の盾を割りながら除去を飛ばせるのが強いです。
手札の心配は、ビート相手なら殴ってくれてるので大丈夫でしょうし。
問題は、コントロール相手にした時と、NXを相手にした時。
特に後者は、今は最重要課題かもです。
いくらエクスが殿堂入りしたとはいえ、結局バベルギヌスとゴエモンキーで回される現状。
バベルギヌスが、Nとエクスを、より凶悪にしてる印象すらあります。
更に言えば、墳墓が刺さりにくくなったのも特徴かなーと。
更に、一発でも殴っておかないと、エンシェント・ホーンが代用品として動き出す始末。
これらの点を何とかできれば、一応勝ち筋は見えるです。が、それまでが大変。
無難にいくならパクリオですが、果たして・・・

ライブラ

DM>明日は関西CSにお邪魔させてもらうので、私の特徴とか。

・後ろに「BIOHAZARD」、前には赤文字で「DANGER」の白いシャツ
・テレサ
・魅魔のスリーブ
・デッキケースに幽々子が憑いてる
・顔が幽霊

といった感じ。
呪い面の画像を印刷してお面にしようと考えたけど、流石にマジキチすぎるのでやりません笑
何のデッキを使うかは、敢えて言いませんがね。
当日会った人は、よろしくお願いします。
あと、デッキは色々持って行きます。フリーとか出来たら面白いですしね。
とりあえず、デッキリスト書かないとな・・・書くのは夜だろうけども。
ギリギリまで微調整を繰り返したいので、まだ書かないかもねぇ。
あと、環境を読まないといけない。イエスと青黒と黒緑速攻とΛ、かな?
全体的にビートか早い目のデッキが多いので、それらに対策張れば、7割くらいいけそう?
いや、無理じゃね?
とか考えながら、色々微調整中です。黒緑速攻は、とりあえず五分くらいに持って行かないと・・・
Λが鬼門かもですかねぇ。最速3ターンでギフトから飛び出すのが、相当厄介です。
青黒も、イエスも、相当。どう勝ち進めと言うのだ・・・



幻想鏡現詩>最近大会に出れてませんが、夏休みは少しばかり出れるかなーとか。
とはいえ、来週は大会無し、その次の週からは、下手すると新規カードが出てくる環境。
腕が鈍ってるというのもあるので、ちょっと苦戦を強いられそうな感じがします。
プリズムリバーの強化は、あるのか無いのか微妙なところ・・・
プリズムリバー自体の強化は無くとも、周囲を固めるカードが出れば、相対的に強化出来ますが。
個人的には、そっちの方が良いかなーとか。
実際問題、プリズムリバーが9種類となると、それぞれ4積むと36枚。デッキのほとんどがプリズムリバーとなり、他のデッキへの対応力が減る気がするんですよねぇ。
できれば、20枚程度に抑えたいところ。
で、それはともかく、三次創作として、現実サイドのストーリーを妄想全開で書いてみようかなーとか。
デュエマの方優先ですが、一応、プロットを少しだけ練ってみてます。
最終的に辿り着く場所が原子力空母だったりと、意味不明な展開だったり・・・
基本、幻想郷側の物語は色々あって、そっちは現実側の科学技術に目を輝かせてる部分がある一方、現実側に無い魔法とかそう言うのがメインで出て来てる印象。
なので、現実側メインにするなら、逆に魔法やその手の力に目を輝かせて、科学技術を全面に押し出す展開が良いかなーと。
その結果、科学技術が結集される原子力空母こそ、一番最後のステージに相応しいという結論に至った訳です。まあ、今後変更される可能性は十分高いですが。
原子力空母に妖怪とか亡霊とか、カオスにも程があるだろ・・・
どうでも良いけど、「原子力空母」って、なんか語呂が良いですよね!
プロフィール

プラズマ

Author:プラズマ
プラズマ:大学生の、ココの管理者。DMプレイヤーであり、ゴーストポケモントレーナー。
そろそろ忙しい割には、何かと遊ぶ遊び人。将来?何それ食えるの?
切り札:特に無し

ムゥ:種族ムウマージの「ムゥ」。なんかもう、ポケモンかどうかも怪しくなってきた。
切り札:『邪悪の魔黒デビル・マーシャル』

テタヌス:滅多に出て来ない、よくわからない奴。
いつもシルラと一緒。ちなみに、そこそこイケメン。
切り札:『究極神アク』

シルラ:テタヌスの恋人というより、妻であるサーナイトの「シルラ」。彼を「ご主人様」と呼ぶけど、本人はあまりその呼び方が好きではないようで。
ちなみに、かなり美人。らしい
切り札:『超絶神ゼン』

宇院 円太(ういん えんた):熱血的で直線的な少年。ムゥとはそれほど仲が良い訳ではない。そもそも、住む世界が違う。今年で恐らく高校一年の16歳。
切り札:『超神星アポロヌス・ドラゲリオン』

小林 明流(こばやし めいる):円太の暴走抑止係の少女。ツッコミ担当(?)。円太と幼馴染の、高校一年16歳。
切り札:『大勇者 二つ牙』

アウスキー・エルスパー:円太達との接点は薄い。常に冷静沈着で、ほとんど表情を変えない男。
明流以上の的確なツッコミと、暴走阻止能力が売り。
ちなみに、笑ったところは誰も見たことがないという、都市伝説さえあるとか。
切り札:『エンペラー・マルコ』




ポケモン(バトレボ)のフレンドパス
0945 8186 0673
対戦したいという物好きな方がいれば、喜んで承りますです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
Twitter
デュエル・マスターズ開発部XX
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。