ヒラメキ・プログラム

だいたいコイツのせい


DM>新殿堂が来月のコロコロで発表されるそうなので、今の内に、ある程度の予想とか。
巷で話題になってるのとかも込みで。

・『ヴォルグ・サンダー』
殿堂最有力候補の一つ。山札をガリガリと削り落とす悪魔。
登場時から、相手のデッキを破壊するカードとして、第一戦で活躍しとります。
主に呪文デッキに突き刺さるカードですが、ザビ・ミラとの相性が凶悪。
加えて、紅蓮ゾルゲという居場所も獲得し、その地位は、かつての『ヘル・スラッシュ』にも引けを取らない程にまで高まってる感じはします。
あちらとは違い、相手のカードをピンポイントで抜く事は出来ないものの、削る量が半端ではないので、一長一短といった感じ。
で、殿堂入りはほぼ間違いないかなーと考えてます。
原因の一つは、青黒のザビ・ミラで大量発射するデッキが存在する事。
あるいは、普通に黒の超次元連打で、大量にガツガツ出されても強いという点。
これらから考えても、一枚制限は妥当ではないかなーと。発売から一年ですし、時期的にも殿堂入りしておかしくは無いでしょう。
しかしながら、一枚でも紅蓮ゾルゲは回るので、そこを、どうするか。

・『蒼狼の始祖アマテラス』
プレミアム殿堂最有力候補の一つ。
『ヒラメキ・プログラム』が登場したことで、これから『エクス』などに繋がる事態に。
元々強力な性能を誇っていたので、今回でプレミアム殿堂は可能性としてかなり高いです。
他にも『ロスト・マインド』『吸い込むナウ』なんてのもありますし・・・
結局『キリコ』無くとも強力だったので、もう、仕方ないかなーと。

・『ボルバルザーク・エクス』
殿堂最有力候補の一つ。元祖ボルバルザークとは、もはや別物のボルバルザーク。
出すだけでマナを全て起き上がらせるため、大量の加速と、『N・ワールド』の手札補充と組み合わせて、1ターンで10体以上の展開を可能にしてしまった。
自身もパワー6000のスピードアタッカー、しかもWブレイカーと、申し分無い性能。
ビートダウンの詰めに使ったり、様々なコンボデッキに組み込んだりと、居場所も多数。
紅蓮ゾルゲに積み込まれて以降は、紅蓮ゾルゲのフィニッシュパターンの一つとしても居場所を獲得。
時期的にも殿堂入りして問題無い頃合いなので、殿堂入りは十分考えられるか。
とはいえ、手札補充が無ければ機能不全に陥るので、どうなるのか。
現段階では『N』が居るため凶悪だが、これが無くなった場合、他で補えるのかが問題。
補えるカードとしては『トリプル・ブレイン』など色々あるが、果たして・・・
まあ、それを考えても『ゴエモンキー!』とかあるので、案外困らない可能性が高いのですが。

・『サイバー・N・ワールド』
殿堂候補の一つ。お互いの手札を5枚にしてしまう。
序盤から手札を大量消費するデッキでは、大量手札補充かつ大型という超スペック。
相手の手札破壊を全て無かった事にしてしまったりと、やる事は結構エグい。
NXのメインパーツであり、紅蓮ゾルゲのメインパーツであり、様々なデッキで居場所を獲得。
とはいえ、扱いが若干難しく、タイミングを誤れば逆に不利になるため、殿堂は微妙なところ。
この手のカードは一枚制限になると、引いた者勝ちという風潮が強まるため、放置の可能性もあり。
更に言えば、現在でもトップメタとして君臨するハンデスに耐性を付けられる数少ないカードでもあるため、殿堂入りの可能性は低いと見てます。

・『偽りの名 ゾルゲ』
紅蓮ゾルゲのパーツの一つ。初代アンノウン。リヒャルト。
時期的に考えると、今回の殿堂入り可能性はかなり薄いです。
今後殿堂入りする可能性はありますが、その時期にどうなってるか、次第でしょうか。
今現在アンノウン推しというのも考えると、今回の殿堂は無いかなーと。

・『紅蓮の怒 鬼流院 刃』
こちらも、紅蓮ゾルゲのパーツの一つ。
これもまた、時期的に殿堂入りの可能性は薄いかなーと。
一応、出てから半年ほどなので、まだ殿堂入りは早いかと思ってます。
超例外的に、『ボルメテウス・サファイア・ドラゴン』は一年持たず殿堂入りしましたが。

・『次元流の豪腕』
殿堂候補の一つとされる、ビースト・フォーク/エイリアン。
現在では『勝利のリュウセイ・カイザー』を『フェアリー・ギフト』と共に、最速3ターンで呼び出すデッキが流行のよう。
それ以外にも強力なサイキックを多数呼べるため、他のサイクルとは段違いの強さを誇ります。
現環境でもかなりの性能を誇ってるのも事実。
5コスト2000に加え、Wブレイカー持ちが追加で現れるのは、やっぱり脅威ですから。
それに加えて、マナ加速かマナ遅延が登場するのだから、溜まった物ではないです。
時期的にも殿堂入りはあり得ますし、再録されてるので、可能性はあります。

・『フェアリー・ギフト』
こちらも、密かに殿堂入り候補として囁かれる一枚。
ギフトミランダが、最速3ターンで4体並ぶという意味不明な状態ですしねぇ。
普通に『N』を軽減して出すだけでも、相当な威力。
とはいえ、扱いは若干難しいので、殿堂入りするか、は微妙な感じ。
事実、無くても戦えるデッキは組めるので・・・
ドリームメイトでは、『メイ様』『バッタン』を2ターン目に出せたりするのを考えると、殿堂入りが無いとも言いきれない。でも、かなり微妙なところ。
殿堂入りするとすれば、更に強力な何かが出る時かもです。

だいたい、候補として囁かれるのは、これくらいでしょうかねぇ。
物凄く淡々と、薄い内容ですが、今回の殿堂入り枚数は少ないんじゃないかなーと。
スポンサーサイト

どくどく

日常>扁桃炎です。またしても、扁桃炎です。
調べたところ、この菌、一生消えないそうな。
疲労とかストレスで免疫力が下がると、発症するとかどうとか。厄介極まりない。
猛烈な喉の痛みと、倦怠感と、発熱。
今回は軽症の段階で耳鼻科に行けたので、喉の痛みすら無い段階で治ってます。
空気感染・飛沫感染はしないそうですが、お気をつけ下さい。
重症になると、腎臓にも影響出るそうな。



DM>最近は種族デッキが推されているそうなので、過去の種族デッキの振り返りでも。
歴史を紐解いてみると、種族デッキで強力なデッキは、結構あったり。

初期:ビーストフォーク、サイバー・ウイルス
デュエルマスターズ総明記に活躍したのは、だいたいこの2種族。
ビーストフォークは<リーフスマッシャー>、それ以前の時も、『パラディン』と一緒に暴れてました。
軽量の『青銅の鎧』や、当時猛威を振るっていた水への対策として『巨翼の爪』も強かったですし。
サイバー・ウイルスは、もちろん、『アストラル・リーフ』の所為。
2ターン目に4000のクリーチャーが、3枚ドローと同時に登場。
今でもそこそこ強いのに、4弾の時期ですからねぇ。
当時はトリガーか、『ブラッディ・イヤリング』くらいしか対処法が無かったので、物凄い強さでした。

8弾以降:ガーディアン、イニシエート、ドラゴン
『バルガゲイザー』によりドラゴンが、『ダーク・ヒドラ』により、ドロマーカラーの種族デッキが頭角を現した時期になります。
『バルガゲイザー』は、大型であるドラゴンを次々に叩き込めるうえ、『コッコ・ルピア』で4ターン目に召喚できたのが強みでした。
出てくるドラゴンも強力なので(『ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン』や、当時は最高パワーだった『グラディアン・レッド・ドラゴン』など)、最悪力押しで勝てます。
それを上回ったのが、イニシエートとガーディアン。
9弾で『ダーク・ヒドラ』という魔術師を手に入れ、不死身の化け物へと変貌しました。
イニシエートは『サリエス』『ミール』と繋いで序盤を凌ぎ、序盤で倒れたブロッカーなどを『ダーク・ヒドラ』で蘇生。
『ペトローバ』での強化を行い場を固めたら、『クラウゼ・バルキューラ』などで場を制圧。そのままフィニッシュに持ち込むというものが主流でした。
ガーディアンの方は、イニシエートと似た動きをしつつ、『ファル・イーガ』での呪文回収を駆使し、ライブラリアウトも狙えるタイプ。防御面があちらより堅いので、狙い易かった印象があります。
まあ、当時は『ロスト・チャージャー』も『ヘル・スラッシュ』も積めましたからねぇ。
この直後である10弾から、『ボルバルザーク』の暗黒時代が始まりますが、イニシエートはそれと対等に渡り合っていた感じはあります。尤も、公式大会では駆逐されたようですが。

19弾以降:グランド・デビル、アーク・セラフィム、ガーディアン、フェニックス
暗黒時代が明けて(まだ、バジュラズ・ソウルとか居ましたけど)、かなり環境が平和になった頃。
新種族として登場したグランド・デビルとアーク・セラフィムが、環境に食い込んでた覚えがあります。
ガーディアンは、相変わらず。呪文の回収手段などで、ある程度の地位は保ってました。
これもまた、『ダーク・ヒドラ』の恩恵が大きかったのですが・・・
新種族のグランド・デビルは特に強力で、『スナイプ・アルフェラス』による展開、『メディカル・アルナイル』によるしぶとさが売りでした。
それに加えて『トラップ・コミューン』も積めたり、フィニッシャーの大型フェニックスがあったので、その制圧力はイニシエートに引けを取らない程。
対するアーク・セラフィムは、皆さんご存知、『ラグマール』と『サンダール』による制圧ができましたので。
あちらにも、また、ガーディアンにも、『ヴィーナス・ラ・セイントマザー』があったのが、これらの環境で戦えた原因だったかもです。

24弾以降:ゴッド
初期はあまり使われなかったうえ、種族デッキかと言われると、今でも微妙な部類。
後半で『アク』と『ゼン』が、最後に五元神が登場し、ある種の種族デッキとして成り立ってるかな?程度。
重く、しかし超強力な神々は、今でも戦えるポテンシャルです。
まあ、19弾時期以降は種族デッキがあまり無かった気がするので、このくらいで。

28弾以降:ナイト、サムライ
これ無くして、戦国時代は語れない。
ナイトは『ロマノフ』と『インフェルノ・サイン』による、強力なコンボが誕生。
サムライは・・・まあ、ね。
ナイトには瞬発力の強い呪文があったため、また、それらが強力だったので、かなり強かったかと。
コントロール気味になるため、また『ソウル・アドバンテージ』の存在もあったので、ね。
大量ドロー、小型除去、大型フィニッシャー、かなり便利なパーツが揃っていたかと思います。

32弾以降:オリジン
種族デッキとして確立したのは、恐らく、4神帝、キリコ、創世神、くらいでしょうか。
一応4神王もありますけども。
特にキリコは、最近まで猛威を振るってましたからねぇ。もはや、オリジンって感じではありませんでしたが。
オリジンは複合種族、かつ全ての文明に分散してたので、かなり自由度の高いデッキができたと思います。
また、『アマテラス』『ソル・ハバキ』など、非常に器用なのが多かったのも、強さの一因。
これらから『キリコ』が出るのだから、弱いハズがありませんよねぇ。

40弾以降:エイリアン、ハンター
もはや、解説不要なほどに、最近。
種族デッキとして強かったのは、結局、ハンター。
強力なビートダウンが可能であるうえ、展開力も高く、『ギャラクシー・ファルコン』で全体をスピードアタッカーにしてしまうという芸当も。
『シューティング・ホール』からの『ガイアール・カイザー』も、当時から相当な強さでしたし。
今現在でも十分通用するタイプなので、是非お試しあれ。
私の話聞くより、使ってみた方が早いっす。


全体的に見ると、種族デッキはこの程度かな?
もちろん、他にも色々ありますが、環境で見れたのはこれくらい。
全体的に言える事としては、場の制圧力の高さと、粘り強さがあれば、かなり強そうですねぇ。
あるいは、最近の環境から考えれば、ビートダウンの性能が高くても良いかも。
いずれにしても、これらの特徴を覚えておくと、良い感じの種族デッキが作れるかなーとか思います。

符牒「死蝶の舞」

DM>新弾でゴーストプッシュが始まりましたが、個人的な感想を述べると、相変わらず「難しい苦行じみた種族」なんですよねぇ。
ゴーストを使ってみたいって人は増えたと思うのですが、恐らく大抵の人が、難しいと感じるかと。
3年以上使い込んでる私でも扱いきれない種族なので、生半可な覚悟では、なかなか使いこなせないんじゃないかなーとか思ってます。
新弾で強そうなゴーストとしては、『カワハギ・ジャケット』と『バトウ・ショルダー』の2枚があります。
が、『カワハギ』は地味に扱いが難しく、『バトウ・ショルダー』も強いのですが、刺さらない相手には全く刺さらないという弱点があります。
まず『バトウ・ショルダー』から考えると、同コストのゴーストに『タイム・トリッパー』が存在してます。
あちらよりパワーが高く、かつ後半でも腐らないという点では有利ですが、なにせ刺さらない相手には全く刺さりません。
『トリッパー』は、だいたいの相手に刺さるのですが、パワーの低さと、後半で腐るのが欠点です。
一長一短あるので、ゴーストデッキを組むなら、意識する相手によって使い分けるか、両方を調整していれるのが良いかもしれません。
どちらも3コストで被っているので、両方出すより、どちらかを出して後は補助に回る方が良いでしょう。
『カワハギ』は、実はゴーストデッキというより、カワハギデッキになりそうです。
同コストのゴーストを蘇生させるため、カワハギ自身が出た時に、カワハギやデビル・マーシャルといったゴーストを蘇生できます。
しかし、これらを狙うとなると墓地肥やしが必要になるため、そこから結局、カワハギデッキになりそうです。
また、同コストしか蘇生できないので、その点も調整が必要でしょうねぇ。
色々考えてはいますが、「これ!」という形が見えてこないです。
アニメや漫画では、どんな感じに動かすんでしょうねー

天頂開戦

金使いすぎた。


DM>久しぶりのDR。
ヒラメキプログラム目指して、優勝狙ってみたが・・・

2012年6月24日(日)
14:00~
プロジェクトコア高槻店
参加人数:?人(20人はオーバーしてた)
方式:トーナメント
使用デッキ:赤緑次元ビート
 一回戦:VS赤緑ドラゴン
  小学生くらいの相手。
  2ターンマナ加速、3ターン青銅と攻撃、4ターンガイアール・カイザーで勝負あり。
 二回戦:VS黒緑速攻
  相手が1ターン目に動かなかったのが、救い。
  そこから並べて、ミランダからプリンプリンでデスマーチを止めて攻撃。
  そのまま、最後は〆
 三回戦:VS青黒t白ハンデスコン
  一方的な暴力
 準決勝:VS青黒城ハンデスコン
  シールド0まで追い込むも、耐え抜かれる。
  ザビ・ミラでヴォルグとシュヴァル飛ばされて、そのまま負け
 3位決定戦:VSNX
  一方的暴力

というわけで、3位でした。
ヒラメキ欲しかったなー。とりあえず、来週頑張ります。
来週はゆっくりしてられないので、カードボックスも狙うかも。
尤も、それだけの時間を確保できそうなら、の話しですが。
大会後は、智リットルさんにアドバイス貰ったり、フリーに付き合ってもらったりなど。
色々参考になる話聞けたりしました。
とりあえず、本日対戦して下さった皆様、ありがとうございました。
また次に会う事があれば、この愚か者をよろしくお願い致しますです。



続き>あと、新弾1ボックス+10パック購入。
ただ、引きが弱い。物凄く弱い。
スーパーレアが一枚のみ。追加購入でグレイテスト・グレート引いたので、まあ、良いのですが。
バトウ・ショルダーも1枚しか出ず、なんだかなー、といった感じ。
カワハギはシングルで確保したので、何とか3枚所持できています。
使ってみると、思いのほか強かったので、これは組んでみると面白いかなーと。

「智」の頂 レディオ・ローゼス

ゼニスの名前は、音楽と深く関わっているような感じ。


DM>ゼロ文明などの、裁定について。
既にVaultにも挙ってるので、知ってる人も居るんじゃないかなー?


Q「フェアリー・ミラクルの<全ての文明が揃っていれば>は、ゼロ文明も含みますか?」

A「含みません。ゼロ文明は文明を持たないカードを、便宜上そのような名前で呼んでいる形になっています。
そのため、文明の数としてカウントしません」



元より「文明を持たないカード、ゼロ文明」と言われていたので、従来通り五色で起動できます。
まあ、今更新しい文明って訳も無いですよねー。
なお、以下の質問もやってみました。


Q「マナゾーンに、ゼロ文明のカードが3枚と水文明のカードが1枚のとき、スペース・クロウラーを出しました。山札を見るのは何枚ですか?」

A「一枚です」



これも、上の裁定と同じ。
文明を持たないカードなので、文明の数としてはカウントされません。


Q「薫風妖精コートニーによって、マナゾーンのカードに<ゼロ文明>は追加されますか?」

A「されません」



これも同じく。
便宜上の名称である為、ゼロ文明を指定して起動するカードは出ないかと思われます。
敢えて指定する必要があるなら、「文明を持たないカード」と指定されるでしょう。

さて、次はこのような質問。アラジンさんからいただいたものです。


Q「相手の<エターナル・Ω>を持つクリーチャーを、執拗なる鎧亜の牢獄で選びました。
このとき、手札に戻る代わりに手札に戻りますが、その後に捨てさせたカードが、今手札に戻ったクリーチャーと同じ名前のクリーチャーでした。相手のシールドを一枚、墓地に置く事はできますか?」

A「確認中。
  暫定回答として、墓地に置く事はできます。」



との事。
焦点は、「牢獄の効果で捨てさせたカードは、牢獄の効果で手札に戻っていないといけないのか」「カード名のチェックは、どのタイミングで行われているのか」といった点。
エターナル・Ωは前例のない、どこへのカード移動に対しても手札に戻るカードなので、確認しますとの事。
これは、盲点だった。確認しておいて良かったです。

てだすけ

日常>暫し忙しい日々が続いております。
今週が終わると、ちょっと落ち着くかなー程度。
うん、まあ、ね。


DM>新弾の内容が発表されて、新しい環境がどうなるか、といった感じ。
種族推しで、ゴーストもその中の一つです。
3年以上前からゴースト使いをやってるので、同業者が増えるのは、嬉しいような不安なような。
『カワハギ・ジャケット』は、ゴーストデッキというより、力を発揮のするのは「カワハギデッキ」といった感じになりそう。
能力は豪快なので、『ドルマークス』や『デス・サークル』を使い回すと、なかなか良い動きをしそうです。
自身が『デビル・マーシャル』を釣り上げたりと、色々器用だったり。
あとは、『ラビリンス・ローズ』なんかも良いですかねぇ。
見た感じ、ビート寄りにもコントロール寄りにも構築できそうなので、色々研究の必要がありそうです。
他に推されてる種族の中で、リキッド・ピープル、ドリームメイト、ビーストフォーク、ヒューマノイド、ガーディアン、辺りが強そうな感じ。
他は、まだ頭角を現してないといった感じでしょうかねぇ。一応、トップメタに対抗出来るカードが出た種族もあるものの、まだ一歩足りない感じ。
ドリメに関しては、更に展開力などが強化されたので、今後は警戒しておいた方が良いのかも。
今回の弾はそれらに加えて、超次元への露骨な対策が目立った感じも。
普通に使えるカードに、おまけとして、強力な超次元メタが搭載されていたり。
『ファンク』『反次元の化身』辺りが、物凄く露骨な能力ですからねぇ。
今や、超次元を使わないデッキと言えば黒緑速攻くらいなので、結構色々な相手に刺さりそうです。
元々、このセットの出現を想定して開発していたとすれば、今後、超次元は更に弱体化の一途を辿るのかもしれませんねぇ。
その代わりとして、通常カードのカードパワーが軒並み強化された感じも。
初期に比べると、一枚一枚が強力な印象を受ける今日この頃。
幻想鏡現詩をやっていると、それが顕著に見て取れますかねぇ。
現在の環境は、黒緑速攻と黒緑(青)超次元や赤緑(黒)次元、そしてNXと、それに次いで紅蓮ゾルゲなどなどがはびこる環境。ここに割って入るカードが、新しく出てくるか出て来ないか。
種族デッキがこの環境を荒らし出すと、かなり面白い環境になりそうな予感。
とりあえず、期待しときますかねぇ。


幻想鏡現詩>単色大会を行うそうな。
私は既にデッキ制作に着手し、ある程度形が出来上がってますが、まだまだ調整の必要有り。
とりあえず、この単色はかなり扱いが難しいので、手に馴染ませるのに一苦労する予感。
あと二週間ほどあるので、それまでに、何とかしたいところだが・・・

封魔王の系譜

さて、デュエルマスターズの発売から10年が経過しました。
初期からやっているので、私はデュエルマスターズ歴10年となる訳ですが。
10年前の頃は、ブーストから大型を早期に召喚する、が主流だった気がしますねぇ。
今も大して変わらない気がするので、それが最もシンプルで強い戦術なんじゃないかなーと。
超次元の所為で、その速度は段違いに早くなりましたけども。
なんだかんだで、この先も続けてそうですねぇ。
そんな今日この頃。


DM>大喰でループを組めないか色々検討した結果、ヘルゲートに。
鎖風車から繋げれば、こいつ一枚と種があれば、一気にコンボ成立まで辿り着けたりします。
マナ調整にジオ・ブロンズなども。こいつは、ついでに種にもなるので。
フィニッシュは、ヘルゲートループに、ザビ・ミラとヴォルグで。
決まれば一発勝利なので、狙ってみる価値はあるかなーと。
余計なパーツがあれば、それを抜いて、補助を強化したいところ。
大喰を、如何にキープしつつ、パーツを揃えるかが鍵になります。


幻想鏡現詩>本日も、大会に参加できそうです。
4篇環境になり、一体どうなる事やら。
黒と神速が若干向かい風なので、この辺りがどうなるか、ですかねぇ。
とはいえ、元々強力なので、多少の対策出たところで、といった感じがしますけども。
とりあえず、今日は様子見程度で。
プロフィール

プラズマ

Author:プラズマ
牢獄でもあり、我が家でもある。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク