上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルマゲスト

幻想鏡現詩>大会は4位でした。
まあ、今回のデッキは前回より自由度が遥かに高いので、弄れば勝てない事も無いかなーとか。
『断迷剣「迷津慈航斬」』強いんだから、みんな使おうぜ。
一度でも霊玉加速挟めば、4ターン目に登場。デメリットあるけど、強いんだけどなー。
3ターン目に『レイビーズバイト』が飛んで来て強いなら、4ターン目にこれが出ても強いハズ。
尤も、役割も性能も全く違うので、比べる事自体が間違いですけども。
ただ、『レイビーズ』どころか、『金剛螺旋』にまで殴り返しを警戒させるのは、優秀。
あと、こいつ、『贄符「御射山御狩神事」』の神速時コストに使えたり。
相手の宣言カードが残り1枚以下のとき、コイツを犠牲に場に残すと、殴り手が増えたり色々できます。
あとは、素出しで『レイビーズ』を除去出来たり、色々と。
そんな感じのギミックですわ。



DM>こちらは、5コスト7000Wブレイカーに、デメリットどころか除去性能まで付く世界。
という訳で、今日のDRレポでも。

2012年3月25日(日)
14:00~
プロジェクトコア高槻店
参加人数:9人
方式:トーナメント
使用デッキ:光水闇オールイエスゴースト
 一回戦:VS火光
  デッキの中身は、よく分からず。色々入ってた感じ。
  序盤で『ムルムル』3体並んだうえ、『シルヴァー・グローリー』まで出る始末。
  途中で『シャイニー』『プリンプリン』で突破しそうだったものの、相手トリガー『スーパースパーク』。
  こちらの打点が減るも、そこから巻き返して勝利。
 二回戦:VSヤヌスビート
  1ターン目『ブレイズクロー』が出るも、2ターン目は相手が動かず。
  殴られたシールドから『サプライズ・ホール』が登場で『パックン』が出現。
  殴り返し、更に防御をガチガチに固めて、『デビル・マーシャル』と『オール・イエス』で〆。
 決勝:VSエクスλ
  こちらも、最初のシールドから『サプライズ・ホール』で『パックン』が出たのが救い。
  そこから『ジェニー』で手札も減らし、完全にこちらのペースに。
  3連続トリガーを踏むも、相手の手札を常に切らした状態をキープ。
  そのまま、何とか勝利。

という訳で、久々の優勝でした。
ビート相手に、最初のシールドから『サプライズ・ホール』は強いですわ。
この要領で言えば、『友情パワー』も弱くは無いハズなんですけどねぇ。
ちなみに、新弾からは、『スネーク』2枚『ジャンヌダルク』1枚『シャーロック』1枚が出ました。
『シャーロック』は一番欲しかっただけに、まあ、良いかなー。
『スネーク』も、一応ネタはあるので、組んでみるか。
それにしても、やっぱり『シャーロック』のイラストは秀逸。
とりあえず、本日対戦して下さった皆様、ありがとうございました。
また次に会う事があれば、この愚か者をよろしくお願い致しますです。
スポンサーサイト

傘符「一本足ピッチャー返し」

DM>今日もコア高槻のDRへ

2012年3月18日(日)
14:00~
プロジェクトコア高槻店
参加人数:8人(?)
方式:スイスドロー
使用デッキ:光水闇オールイエスゴースト
 一戦目:VS闇水自然超次元
  序盤から『トリッパー』『ジェニー』などで圧力を加えつつ。
  5コスト超次元で『ジョン』『アンタッチャブル』を揃え、相手のシールドを0枚まで追い込む。
  が、そこからなかなか攻めきれない。
  最後は、再び『ジョン』『アンタッチャブル』を覚醒させて、勝ち
 二戦目:VS火水自然超次元GENJI
  かなり苦戦するも、トリガー2連発で相手の行動を停止。
  再び殴りきられる事を恐れつつ、慎重に展開して攻撃。
  何度かトリガーを踏むも、『オール・イエス』と『アンタッチャブル』で阻止。
  そのまま〆
 三戦目:VS火水自然λエクス
  若干相手の動きが遅かったのが、せめてもの救い。
  途中で鎮圧して、そのままこちらが並べる。
  今回も慎重に並べて殴ったものの、最後の最後でトリガー。
  直後エクスが飛んできて、ギリギリで負け。

というわけで、2位でした。
現詩の方でもそうだけど、『サーファー』は、今の環境だと結構強い。
相手の攻撃を止めつつ、場数が増えるってのは、なかなか。
『コアクアンのおつかい』で墓地に落として、『デス・ゲート』で『セツダン』破壊から出てくるのも優秀。
なんだかんだ、強いです。



幻想鏡現詩>先日の決勝戦が、動画になったようです。

アクア・サーファー

幻想鏡現詩>昨日も大会に参戦しておりました。
詳しい内容はほとんど忘却してしまいましたが、何とか優勝できました。
全体的にビートダウンが多い中、そっちの対策を薄くしてたのにも関わらず・・・
なんか、決勝戦は動画になるとかならないとか。
私の長考が凄まじく酷いので、そこはご勘弁くださいませ。
いや、相当状況が厳しかったですからね!
かなり運の絡む試合でしたが、相当熱かった感じです。
『一本足ピッチャー返し』が、暫くトラウマになりそうな気配。
とはいえ、ようやく、念願のプリズムリバーでの優勝を果たした訳ですが、今後のデッキは一応考えてあります。
気が向いたら、またプリズムリバーは使いますが、一度は別のデッキで出てみたいですからねー。
幽霊使いの真骨頂は、まだまだ、これからが本番ですよ。
とか言いながら、組んでる最中に破綻しそうな気配がすっげーしてますけどね。
まあ、気楽にいきましょう。
という訳で、続きは今回のデッキレシピと解説っぽい何か。

続きを読む

無理難題「偽りの名(コードネーム) ゾルゲ」

DM>ありひなCSに特攻。
当日枠に期待してなかったものの、出れました。
テレサのぬいぐるみを持ってたので、見た人は見てるはず。あれこそが、私ですよ。

2012年3月11日(日)
11:00くらい~
ありひなCS
参加人数:80人
方式:予選卓から2人、決勝トーナメント
使用デッキ:光闇オールイエスゴースト
 一戦目:VSλエクス
  序盤から攻められて、普通に負けましたわ
 二戦目:VS青黒速攻
  こちらも同じく
 三戦目:VSλエクス
  同じく

というわけで、綺麗に3敗。
とはいえ、あながち戦えない感じでもなかった。プレイングと構築さえしっかりすれば、やっぱりオールイエスは強いっぽいです。
とはいえ、これがゴーストと噛み合ってるかと言われると、結局の所微妙な感じ。
もう少し、練り直す必要があるかもですね。
大会全体の印象としては、だいぶデッキが固まってきた感じですかねぇ。
とはいえ、ドロマー、ネクラ、青黒ハンデス、青黒速攻、黒緑速攻、紅蓮ゾルゲ、λエクス、ザビ・ミラ、などなど色々居ましたけども。
上位を見る限り、紅蓮ゾルゲはやはり凶悪な性能のようで。今回は特別に『エクス』と『N』を同時に入れられないので、完全なサンプルとなるかと言われると、そうでもないですからねぇ。
それにしても、速攻が上位に入るのは、かなり意外だったという印象ですねぇ。俺も、もう一度頑張ってみるか。
あと、今回は久しぶりに、色々な人と再会したりしました。
お陰で、モチベーションがある程度回復。さて、デッキでも練りましょうかねぇ。
とりあえず、本日対戦して下さった皆様、ありがとうございました。
また次に会う事があれば、この愚か者をよろしくお願い致しますです。



幻想鏡現詩>今日、ちょっとだけ回してました。
デュエルマスターズ相手に。
結果はというと、惨敗。
とはいえ、青黒コントロールが、紅蓮ゾルゲに引けを取らない戦いをしてたので、完全に負けてるって感じでもなかったです。
ちゃんとした環境トップのデッキ(金剛レイビーズ、黒単、ネクラ、ドロマー、魔神速)ならば、それ以上の戦いが見込めるので、もしかすると・・・?
特に、魔神速はDMには無いタイプのデッキなので、かなり相手を困惑させる事が出来るかと。
ちなみに、プリズムリバーも、そこそこ戦えてました。
今のままで良いのか・・・?と思ったけども、環境が違うから、そうとも言えない。
というか、DMでもこっちでも、『深緑の魔方陣』『ロウ・ディレクション』が強いっす。それで仕込まれる『DNA・スパーク』と『マスター・スパーク』も、なかなか。
弾幕は火力だよ。

ストップ

幻想鏡現詩>昨日の大会は、久々に圏外という散々な結果に。
そろそろ、プリズムリバーの最初の限界点が見えてきた感じ。
かなり一新しないと、これ以上の強化が見込めない気がしてきたので、色々考えてみてます。
何気にこの娘達、コントロール寄りの構築も出来たりしますしねー。
まあ、上手く構築出来れば、の話ですが。
とはいえ、コントロール寄りにしたところで、現存のコントロールの劣化になりかねないのが・・・
そちらに無い長所を生かせれば、戦えない事も無いですけども、そこを調整するのがまた難しい。


DM>明日は、ありひなCSです。
私は登録できてませんが、当日のキャンセル枠を狙ってみようかなーとか。
恐らく無理なので、多分顔出し程度の挨拶だけに行く、って事になりそうですけどもね。
ただ、それだけでもモチベ回復に繋がればなー、と。
仮に出るとしてもゴーストなので、優勝狙ってるって感じではないっす。
ある程度は調整した、完全機密の新種ゴーストですけどねー。
近場なので、行ってすぐ帰るっていうのも手段の一つ。
午後からコアで大会あるし、そっち出るってのも、ね。

騒符「リリカ・ソロライブ」

幻想鏡現詩>一週間空けての大会。
あと一息、なのだが・・・

2012年3月2日(金)
23:00~
参加人数:18人
方式:スイスドロー(20分制限、1本先取)
使用デッキ:青黒赤プリズムリバーwith妖夢
 一戦目:VS金剛レイビーズ
  こっちは初手から事故(というか、この大会はほとんど微妙な初手でした)。
  が、相手も動きが遅かったので、そのお陰で先に殴り勝ち。
 二戦目:VS白黒コントロール
  序盤から『人鬼「未来永劫斬」』で、相手の霊玉を5で縛りながら攻撃。
  結局それが響いたようで、こっちが攻めきって勝ち。
 三戦目:VS青緑ビートダウン
  だったか忘れた。
  かなり途中で危なかったものの、最後にミスとか犯しつつ、何とか勝利。
  危なかったです。
 決勝:VSネクラ
  序盤から攻めて、最速『騒符「リリカ・ソロライブ」』で勝負を決めにいく。
  が、相手トリガー『ヴァンパイア・ハンド』で、こちら壊滅。
  そのまま攻めきれずに負け。

という訳で、またしても2位。
あと一歩だけども、その一歩が遠い感じですかねぇ。
もうちょっと練らなければ。
今回は大幅改造で、防御面をほとんど捨ててます。
というか、今回は実験的に使ってみたので、決勝まで進めたのは、正直予想外。
幽霊が29枚という、誰得仕様となっております。
弱点であった魔神速への対処法の一つとして、『人鬼「未来永劫斬」』をチョイス。実は対策になってないんですけどね。
で、実はその種である『畜趣剣「無為無策の冥罰」』が、『星符「エスケープベロシティ」』への対策方法となる事に気付いて、今回のデッキが完成。
もう一つの種である『転生剣「円心流転斬」』も、相性が良かったり。重いけど。
防御面は非常に脆いものの、そこさえ目を瞑れば(瞑ってはいけないけど)、それなりに戦えるっぽいです。
ちなみに『人鬼「未来永劫斬」』は、弱点であったパワー不足のカバーにも使えるので、効果起動せずとも、最速4ターン目に飛んでくる6000W・ブレイカーってだけでも強いです。
そこは、『騒符「リリカ・ソロライブ」』で実証済みですから。
続きに、今回使ったデッキのレシピでも。

続きを読む

プロフィール

プラズマ

Author:プラズマ
プラズマ:大学生の、ココの管理者。DMプレイヤーであり、ゴーストポケモントレーナー。
そろそろ忙しい割には、何かと遊ぶ遊び人。将来?何それ食えるの?
切り札:特に無し

ムゥ:種族ムウマージの「ムゥ」。なんかもう、ポケモンかどうかも怪しくなってきた。
切り札:『邪悪の魔黒デビル・マーシャル』

テタヌス:滅多に出て来ない、よくわからない奴。
いつもシルラと一緒。ちなみに、そこそこイケメン。
切り札:『究極神アク』

シルラ:テタヌスの恋人というより、妻であるサーナイトの「シルラ」。彼を「ご主人様」と呼ぶけど、本人はあまりその呼び方が好きではないようで。
ちなみに、かなり美人。らしい
切り札:『超絶神ゼン』

宇院 円太(ういん えんた):熱血的で直線的な少年。ムゥとはそれほど仲が良い訳ではない。そもそも、住む世界が違う。今年で恐らく高校一年の16歳。
切り札:『超神星アポロヌス・ドラゲリオン』

小林 明流(こばやし めいる):円太の暴走抑止係の少女。ツッコミ担当(?)。円太と幼馴染の、高校一年16歳。
切り札:『大勇者 二つ牙』

アウスキー・エルスパー:円太達との接点は薄い。常に冷静沈着で、ほとんど表情を変えない男。
明流以上の的確なツッコミと、暴走阻止能力が売り。
ちなみに、笑ったところは誰も見たことがないという、都市伝説さえあるとか。
切り札:『エンペラー・マルコ』




ポケモン(バトレボ)のフレンドパス
0945 8186 0673
対戦したいという物好きな方がいれば、喜んで承りますです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
Twitter
デュエル・マスターズ開発部XX
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。