ミラージュアタック

幻想鏡現詩>プリズムリバーを色々考えてますです。
なんというか、プリズムリバーって何かに似てるなと思ったら、ウェーブストライカーだった。
何かしら、これからヒント得られないかなーとか考えてます。
発動条件がストライカー並程度なので、それさえクリア出来れば・・・
あちらは、同名が3体ならんでも発動。対してこちらは、他のプリズムリバーが存在してるのが条件。
似てますが、プリズムリバーは2体でも発動出来るのが利点。
ただし、カードの種類に制限が出来るので、一長一短といった感じですかね。
パワーの低さも、短所か。
今後のカードプール次第では化ける彼女らですが、今現在はそこまで、といった感じ。
ただし、動き次第では十分強いので・・・構築力とプレイングか。
ビートダウンはあまり得意じゃないので、練習ですかねぇ。
あるいは、一度ストライカーっぽい動きを試してみるのも、ありかも。
並べてから、それから殴るって感じで。
全体除去に弱いという点は、ストライカーと共通。
故に、同じ処置方法が効くのかもしれない。『トロンボ』的なの無いけどな。

DM>ゴーストをどうするか検討中。
環境が変わらないうえ、ハンデス冷遇が酷くなりつつ有るので、どうとも。
『ドグマグ』にしても良いけど、利点は「殴り返しに強くなる」って事なのかねぇ。
『ヴィルジニア』で蘇生出来るってのも、一つの長所。
あとは、4コストホールから次元クリ+『シャドウ』で、殴り手と進化元を確保出来るって事か。
ゴーストビートってのも、良いかもしれんね。
3ターン目『トリッパー』で相手の動きを縛れるってのも、良いね。
次に考えるのがカラーリングな訳だけども、青黒はほぼ確定・・・?
赤入れて、『ガッツンダー』辺りをスレイヤー化させて特攻、というのも良いかも。
『ローズ・キャッスル』圏内になってしまうのが、若干辛いけども。
ドローソース無くとも、4コストホール『カトラス』で何とか・・・
とりあえず、その方向で考えてみますか。

バイオハザード>リベレーションズ、とりあえず一周クリアしました。
で、二週目は日本語音声で。
ラスボスは、攻略法さえ分かれば、後は気合いで。
とりあえず続きには、今回の「かゆうま」こと「通信兵長の日記」でも。

続きを読む

スポンサーサイト

なみのり

DM>先週から、ほとんど手を着けず。
なんというか、かなりマンネリ状態。新しいタイプのゴーストでも作れると良いんだが・・・
難しいね。



バイオハザード>リベレーションズやってます。
テスト前なのに。
一応、最後の方まで到着。
評判はまちまちですが、やってみれば、そんな悪い感じでもないかと。
船一隻分のマップを搭載してるらしいので、大きなマップ変更時に、ロード時間が長いくらいで。
操作法は4、5と同じですが、ゲーム的には、1、0に近い感じですかねぇ(相手が得体の知れない奴って点と、限られたマップ内を行き来するという意味合いで)。
スキャグデッドがトラウマすぎてもう・・・
メーデー!メーデー!



幻想鏡現詩>昨日のスカイプ大会「鏡現の幻」に出てました。
テスト前なのに。

2012年1月27日(金)
23:00~
参加人数:16人
方式:スイスドロー(20分制限、1本先取)
使用デッキ:青黒赤プリズムリバー
 一戦目:VS白黒緑コントロール
  序盤攻めるも、場を制圧されて相手のペース。
  コントロール相手に止まると、多分無理っすわ。
  ロウ・ディレクションで盾回復され、逆転不能に陥って負け。
 二戦目:VSおりんくうランデス
  序盤から『フィクストスター』『スプリーンイーター』で除去&ランデス。
  DMの「アッシュランデス」そのままの組み合わせで、場と霊玉が沈黙状態に。
  結局守りを固められずに負け。
 三戦目:VS青黒コントロール
  序盤からガッツリ攻めて勝ち。
  プリズムリバーは、勢いに乗れば強いんだけどねぇ。
 四戦目:忘却
  トリガースペルカード2枚が出て、それでカウンターしたのは覚えてる。
  状況が状況だけに、記憶に残す余裕無かったかー!

というわけで、2勝2敗で圏外。
プリズムリバーの構築を、一から見直す必要があるかなぁ。
一度場を壊滅させられると辛いので、そこをどうくぐり抜けるか。
プリズムリバー自体がパワー低めなので、全体除去を抜けるには、他の対処法が必要。
となると、やはり『アンディファインドダークネス』『トリリトンシェイク』辺りが候補。
しかしながら、スペルカードの全体火力にはほぼ無意味な訳で。
となると、やはり「破壊されない」より「破壊するとデメリット発動」の方が良いのか?
と思ったけど、結局場数を減らされる事に代わりは無いので、変わらない。
先週、もにさんと「スライ気味にする?」ってな感じの会話になったので、とりあえず考えてみる・・・か?
う~ん、難しいっすわ。
勝ちパターンに入った試合を全て振り返ると、
・プリズムリバーがしぶとく残ってビートダウン
・『ヒノファンタズム』が安定して殴れる
・プリズムリバーが揃うと、他のスペルカードが不要な程に強い
って点で共通してるから、やっぱり揃える事重視の方が良いんだろうか。
しかしながら、揃えるのが遅いと、結局コントロールには勝てない訳で。
よって、序盤に揃えないと意味が無い訳ですが、そこで壁にぶち当たる。
5ターン目から『ヒノファンタズム』が安定して殴りだすと強いので、『アンデュレイションレイ』は、間違った選択ではない・・・はず。
となると、更に回転率を上げる為に『諸行無常の教え(パーセプト・トランジエント)』を入れるのも手。
これだと、幽霊を落とせば『円心流転斬』で回収も狙えるし、3ターン目までにデッキを最大5枚めくれるから、その後に『アンデュレイションレイ』出せば、確率的には一枚は手札に加えられる。
もちろん、「確率的には」ってだけなので、そうなるとは限らないけど。宣言カードに埋まってたりすると、また確率変わりますし。
あとは、『リリカ・ソロライブ』を活かせるかどうか、も重要。
手札に握ったら、下手に殴らないプレイングも必要になるのかもなー。
まあ、色々試してみましょうかね。

続きに、今回使ったレシピ載せておきます。

続きを読む

貫通ワイドウェーブ

DM>約一ヶ月ぶりくらい、今年初のDR。
プレイングを忘れてるのは承知の上なので、感覚を取り戻すべく。
案の定、扱い方を完全に忘れてた訳だが。

2012年1月22日(日)
15:00~
ホビーショップこのみ
参加人数:9人
方式:トーナメント(30分制限、2本先取)
使用デッキ:光水闇ゴースト
 一回戦:VSアナカラーイプシロン
  一戦目:忘却。『エクスカリバー』と『ディアス』で攻めきられた印象。
  二戦目:途中『魔天降臨』でペースを崩すも、マナ加速で即立ち直られて、負け。

という訳で、一没。
感覚を完全に忘れてたので、多分大量のミスを犯してたんだろうなぁ。
これから取り戻せれば良いんだが、取り戻せるだろうか。
その後は、その場に居た方とフリーして帰宅。
それと、ゴーストのスリーブを魅魔様に変えました。
なんというか、こうなってくると、本格的にデッキの変更を迫られてる気がするなぁ。
ハンデス対策がかなり増えてるので、『デビル・マーシャル』が結構辛いです。
相変わらず強い事に変わりないのですが、どうも最近、出す暇が無いです。
6ターン目、6マナのチャージを済ませるのが、ドロマーだと結構厳しいんスよね。
そろそろ『ドグマグ』辺りに変更しようかねぇ。
あっちのメリットは、『ヴィルジニア』で釣り上げられるって事と、パワーと殴り返し耐性だよ。
下手に並べる構築にしなくとも、しぶとい奴を搭載しておけば良いってのも、長所さね。
とりあえず、本日対戦して下さった皆様、ありがとうございました。
また次に会う事があれば、この愚か者をよろしくお願い致しますです。



現詩>そういえば、金曜日の「鏡現の幻」に出場してみたので、そのレポでも。
デッキ名なんか、適当っすわ。相手の名前は、DMと同様の理由で、敢えて伏せ。

2012年1月20日(金)
23:00~
参加人数:8人
方式:スイスドロー(30分制限、1本先取)
使用デッキ:プリズムリバー
 一戦目:VS赤黒緑妖力コントロール
  序盤から『産霊「ファーストピラミッド」』で加速され、一気に霊玉差をつけられる。
  こっちは地道に溜めて並べるも、『結界「魅力的な四重結界」』で場を一層。
  結局手札が尽きたこっちが展開出来ず、そのまま負け。
 二戦目:VS赤黒青紅魔(だったか忘れた)
  相手アタックから『転生剣「円心流転斬」』が登場。
  その後『グァルネリ・デル・ジェス』『ヒノファンタズム』と展開しながら攻撃。
  5ターン目『リリカ・ソロライブ』とつなぎ、Mロマレベルの攻撃で〆
 三戦目:VS赤黒緑ビートダウン(だったか忘れた)
  『グァルネリ』『ヒノファンタズム』『ファツィオーリ冥奏』などで殴って、安定した〆

というわけで、2勝1敗で4位でした。
ってか、対戦相手忘れ過ぎだろオイ・・・
プリズムリバーは使ってて楽しいので、今後も練ってみたいですねぇ。
続きに、そのとき使ったレシピを載せておきます。

続きを読む

ストップ

DM>ゾルゲループを崩壊させた張本人なので、ルール的な考察を。
まず、質問内容は

Q「自分のバトルゾーンに『青銅の鎧A』『ゾルゲ』、デーモン・コマンドが1体居ます。
この状況で、デーモン・コマンドを『バロム・モナーク』に進化。
『ゾルゲ』効果で『青銅の鎧A』と『バロム・モナーク』をバトルさせ、『バロム・モナーク』がバトルに勝ちます。
この時『バロム・モナーク』で、墓地から『青銅の鎧B』をバトルゾーンに出しました。
この場合、『青銅の鎧A』が破壊されるのが先か、『青銅の鎧B』の効果及び『ゾルゲ』の効果を処理するのが先か、どちらか。」

それに対する回答は、

A「『青銅の鎧B』及び『ゾルゲ』効果が先に行われます。それまで『青銅の鎧A』はバトルゾーンに残ります」

という事なので、発展系の質問として

Q「その場合、更に『ゾルゲ』効果で『青銅の鎧B』と『バロム・モナーク』をバトルさせ、効果によりパワー11000以下のクリーチャーを蘇生。
その後、また『ゾルゲ』効果がトリガーするが、それが処理されるまで『青銅の鎧A』と『青銅の鎧B』はバトルゾーンに残ったままか。
更に言えば、その後もこれを繰り返した場合、破壊が予約されたクリーチャーは、全ての処理を終えるまでバトルゾーンに残ったままなのか。」

それに対する回答は、

A「残り続けます。」

との事。そして、更に発展系の質問として、

Q「その場合、最後の『復活の祈祷師ザビ・ミラ』を出し、破壊が予約されているクリーチャーを破壊して効果を使えるか」

A「処理が複雑なので、確認します。暫定回答は、出来るという事で。」
との事。

一番最後のは、その場の思いつきでやったので、今回の件とは関係無いです。
が、最初の二つは、今回の『紅蓮の怒 鬼流院 刃』と『ゾルゲ』のコンボに深く関係のある裁定です。
何故、バトルゾーンに残り続けるのか。私なりに考えてみました。
まず、「バトルの負けによる破壊」が何なのか、を考えます。
この破壊は、カードの効果や処理によっての破壊ではなく、「戦闘によるステップの一つ」なのではないかと考えられます。
デュエルマスターズは性質上、一度全ての処理を終えるまでは(例外はありますが)次のステップに進む事が出来ません(タップアンタップからの呪文詠唱・クリーチャー召喚のステップ、「ブロックされなかった時」からのシールドブレイクのステップなど)。
つまり、「バトルに勝った時・負けた時」というステップの次に「バトルに負けたクリーチャーの破壊」というステップが存在するとすれば、全ての効果が処理されない限り、このステップには進めない。よって、今回の裁定が正しいという解釈が出来ます。
Vaultのカード評価で「一度全ての処理が終わった段階があるのだから(今回の場合で言えば、『青銅の鎧B』が出た直後)、破壊はその段階で発生するのではないか」という意見を見ましたが、それはあり得ないです。
『青銅の鎧B』が登場した段階で全ての処理は終えられた様に見えますが、この段階で既に、『青銅の鎧B』の効果と『ゾルゲ』の効果がトリガーしているので、処理は終わっていません。
仮にこれが『ヴォルグ・サンダー』であっても、同じです。
よって、全ての処理を終えるまでは次のステップへ進めないため、破壊が発生しないまま処理だけが進む、という奇怪な光景が発生するのでしょう。

逆に、この解釈では、『マグナム』をコンボに加える事で、理想のループが使える事になります。
『マグナム』による破壊は、「破壊の段階」というステップではなく、カードの効果なので、次のステップに移る前に処理されるべき効果として処理されるからです。
ただし、この場合は、デッキの構築難易度が跳ね上がるため、結局ネタ止まりになるでしょうねぇ。
タカラトミーやウィザーズも、そこまで考えていない、という事はなかった様です。

賀正電士メデタイン

日常>新年明けまして、おめでとうございます。
今年も更新頻度は落ちる一方でしょうが、何卒よろしくお願いします。
ちなみに私は、年末から胃の不調でぶっ倒れ気味です!
ムゥ「相変わらず、貧弱だナ。」
運動不足って、恐いね。



DM>詰めデュエマの要望があったので、ちょいと考えております。
難しすぎず、かといって簡単すぎず。
バランスが難しいっすよねぇ。



幻想鏡現詩>新篇の情報が出たので、とりあえず、プリズムリバーをば。
二篇がもう一つ手に入ったら、一篇はプロキシ有りでもスカイプ大会出れるらしいので、これを使うかもしれないですねぇ。

4×冥鍵「ファツィオーリ冥奏」
4×弦奏「グァルネリ・デル・ジェス」
4×管霊「ヒノファンタズム」
2×神弦「ストラディヴァリウス」
2×騒符「リリカ・ソロライブ」
2×転生剣「円心流転斬」
2×鵺符「鵺的スネークショー」
3×繋がれし悪魔の手(ヴァンパイア・ハンド)
2×天符「天仙鳴動」
2×妖狐仙閃(クロム・アロー)
1×身体強化魔法(マジックアイド・スリーブ)
2×鳳凰の試練(ブレイズ・ウォール)
4×ダブル・ドロー
2×兎符「因幡の素兎」
2×白符「アンデュレイションレイ」
2×傘符「一本足ピッチャー返し」

黒×13、青×14、赤×13

プリズムリバービートダウン。
『ファツィオーリ冥奏』がグレイズ持ちのアタッカーになるので、殴り返しには微妙に強め。
『ストラディヴァリウス』の登場で、更に殴り返され辛くなっております。
また、ある程度シールドを削ったら、『リリカ・ソロライブ』で一気にフィニッシュに持ち込む事も。
ただし、序盤の動き方によっては戦略の変更も必要なので、扱いは若干難し目かも。
幽霊キラーが若干増えた感じなので、その点も考えて動かなければ・・・
プロフィール

プラズマ

Author:プラズマ
牢獄でもあり、我が家でもある。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
Twitter
デュエル・マスターズ開発部XX
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク