上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わるあがき

DM>今日のレポを軽く。
一回戦から勝てる気がしなかったので、遊びでいくことに。
智リットルさんも来て下さってたりと、今日は何かとレベル高ぇなオイ。

2011年9月25日(日)
14:00~
プロジェクトコア高槻店
参加人数:24(?)人
方式:トーナメント
使用デッキ:水闇自然デス・ファントム
 一回戦:VSネクラ次元
  ゴーストで挑んで勝ち目が無いのは明らかなので、直前でデッキ変更。
  相手の事故が幸いして、こっち『デス・ファントム』。
  そこからエイリアンを展開して、相手が処理しきれないうちに殴って〆。
 二回戦:VSホーガン
  『青銅』『パルピィ』『オロチ』と綺麗に繋げられ、そのまま負け。

といった感じ。
『デス・ファントム』は、動き出すと強いけども、妨害に弱い印象。
相手を妨害して動きを弱めたところで張って、そこから、が無難かもしれない。
となると、やっぱり『ジェニー』などなど、が良いかもですねぇ。
リバイバルヒーローの奴にある、『ウイロウ』が相性良さそう。
場を離れても『ガロウズ』出てきたり、放置してても-3000のアタックトリガー飛ばせる。
う~ん、どうなんだろうなぁ。
大会前と後で、ネロ・グリフィスと大横綱のパーツが揃ったので、何度か回したり。
あと、4パック買ったら、二枚目の『ヴォルグ・サンダー』引いたり。
『ネロ・グリフィス』は、動き出すとそこそこな強さ。
ただ、構築難易度が相当高いのと、プレイングがかなり難しめ。
横綱は、まだまだ改良の余地有り。『義留の富士』が、結構強かったです。
で、帰る直前に、智リットルさんのデッキの相手を。
今まで見た事の無い動きなうえに、一番使い慣らしてるゴーストさえ手も足も出ない程度の力。何だあれは……
とりあえず、本日対戦して下さった皆様、ありがとうございました。
また次に会う事があれば、この愚か者をよろしくお願い致しますです。
スポンサーサイト

ミールストーム

DM>日曜日は、コアに行けるか微妙なところ。
作業の進み具合次第。ううむ……


詰めデュエマ>解答。

続きを読む

鵺符「弾幕キメラ」

DM>今日のレポを軽く。
久々だったので、物凄い、我が家に帰って来た気分だった。

2011年9月18日(日)
14:00~
プロジェクトコア高槻店
参加人数:10人
方式:トーナメント
使用デッキ:光水闇ゴースト
 0回戦:不戦勝
 一回戦:トリガーコン
  デッキタイプは、まあこんな感じ。
  『マザー・ホール』から『ガロウズ』と『ミルザム』。
  戻してもまた出て来て、相手のシールド一枚が11枚の束に。
  それに『ティーツー』まできたので、それ以外を全てブレイク。
  が、最後の要塞が恐かったので、そのままLO待ちで勝ち。
 二回戦:VS赤緑速攻
  トリガーとか、流星弾とか入ってるタイプ。
  序盤からガンガン攻められ、シールド0枚に。
  そこから、いつも通りの粘りを見せて、相手の場と手札を制圧。
  最後は巨大なフィニッシャーで圧殺。
 三回戦:VSネクラ次元
  相手は序盤から動いて『ハッスル・キャッスル』。
  そこから『ロスト・ソウル』で、ほぼ勝負あり。
  こっちが動けぬ間に相手が展開して、そのまま負け。

というわけで、二位。う~ん、どうなんだろうな。
その後のフリーでも、僅かな読み違いとかも目立った感じかなぁ。
以前のような露骨なミスは無くなってきたけど、細かいところでミスがまだ残ってる。
ここを潰せればねぇ。
とりあえず、本日対戦して下さった皆様、ありがとうございました。
また次に会う事があれば、この愚か者をよろしくお願い致しますです。

新難題「デビルブランコ」

DM>さて、久々に詰めデュエマでもやりましょうかい。
全て見られてても、テクニックで突破してしまいましょう。

続きを読む

フラフラダンス

DM>新弾情報出てきましたね。
とりあえず、力士は組もうかと考えてます。RIKISHIでSUMOですね!
で、情報出てきて、真っ先に騒がれてるのは『ボルバルザーク・エクス』と『リュウセイ・カイザー』の二枚。
一見強い様に見えますが、私はこっちより、『パンドラ城デス・ファントム』の方がもっとヤバい気配を纏ってる気がします。
ステータスは、

『パンドラ城デス・ファントム』

コスト5
文明:水
■城-自分のシールドをひとつ選び、このカードを付けて要塞化する。その要塞化されたシールドがシールドゾーンから離れた時、このカードを自分の墓地に置く。(「S・トリガー」能力を使う場合は、このカードを墓地に置く前に使う)
■自分のエイリアンがバトルゾーンを離れた時、それよりコストが小さいエイリアン・サイキック・クリーチャーを1体、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出してもよい。
■この城を付けて要塞化したシールドが他の城によって要塞化されていなければ、そのシールドが相手のクリーチャーにブレイクされる時、かわりに自分のシールドを1枚手札に加えてもよい。

というもの。
一見地味ながら、かなり恐い事が書いてあります。
まず、効果の起動条件が「離れた時」である事。
そのため、大型のエイリアンを排除する場合、除去する度に小型に化けるので、アタッカーが減る心配が無くなります。
尤も「超次元ゾーンにあれば」という条件はありますが、そこはあまり気にならないでしょうし。
例えば『義留の富士』の場合、その次に『ジオ・ザ・マン』『ハイドラ・ギルザウルス』『ザビ・リゲル』『地男の里』『座美の花』と、合計5回も化ける事が可能という事です。
ビートダウンで構築する場合は、これはかなりの好条件。
たとえ大型を『ガンヴィート』で除去されても、即座に別のアタッカーを呼び出す事が出来ます故。
コントロールの場合も、覚醒リンクのパーツを揃え易くなるというメリットも。
現段階でエイリアンのサイキックはそこまで多くないですが、今後増える事を考えると、かなり厄介な城です。
身代わり能力もありますしね。
とりあえず、私はコイツを集めようかと。
ちなみに『ボルバルザーク・エクス』は、確かに強いけどなーって感じ。面白いけども。
元祖に比べると、相当見劣りするかなぁ。
ミークSPさんも仰ってましたが、元祖は
・マナのカードを全てアンタップ
・全員スピードアタッカー
・今出てるクリーチャーは二回攻撃可能
・スピードアタッカー
・他の6000を全て破壊
・カードを一枚ドロー
と同等の性能を誇ってましたし。
『リュウセイ』は、『キリコ』との相性が凄まじいって事くらいかなぁ。
弱点であったハンデスメタにもなるし、出たらワンショットを狙えるしで、相当悪い事が出来そう。
それ以外だと、良い感じに強い程度のカードか。
いずれにせよ、騒がれてる程の流行は見せない気がする。
とちらかといえば、『ガガ・ラスト・ミステリカ』の方が……



DMその2>で、今回は秀逸な釣り情報も出回った時期であったり。
ほんと、あの情報は凄いよく出来てましたね。
能力のバランス、命名法則、全てにおいて完璧だったと思います。
個人が引っかかる分には、何も問題はありません。
言うのは難ですが、引っかかる方が悪いとしか言い用がありません。無闇に人を信じると痛い目を見るという、良い教訓になったのではないでしょうか。
怒るのはあまりに愚かしいと考えます。
今回の事を踏まえて、今後は無闇に相手の言う事を鵜呑みにしない事にすれば、それで良いでしょうし。
しかし、さすがに大手が引っかかるというのは、どうなのかと。
情報発信源としても大手だった場所が今回晒した醜態は、大きな影響を与えると言って良いでしょう。
なんといっても、あれだけ大手の場所が、情報源を買わずして、その辺に転がっている信憑性も無い情報を鵜呑みにしていたのですから、これは衝撃です。
情報は早さが重要ではありますが、ここまで大手の場所では、それよりも「正確さ」を優先しなければ、そもそもの信頼性が落ちて本末転倒。
今後どうなるのか。そして、どう対応するのか。それ次第ではあるものの、間違いなく、大きく信憑性を落としたのは間違いないハズでしょう。



ホラー>さて、今日は最近(というか、2年くらい前からの)マイブーム、「ゆっくり怪談」を。

続きを読む

バニッシュレイ

DM>今日のレポを軽く。
約7年ぶりのショップへ。

2011年9月11日(日)
15:00~
プロジェクトコア阿倍野店
参加人数:7人
方式:スイスドロー
使用デッキ:光水闇ゴースト
 一戦目:不戦勝
 二戦目:VSドロマー次元
  3ターン目『タイム・トリッパー』立てたり色々。
  最後は『デビル・マーシャル』とかで殴って〆
 三戦目:VSドラゴンキリコ
  まさかの『アクア・サーファー』4積み。
  『トリッパー』スタートで遅くするも、『マグナム』を処理される。
  手札に戻されただけなので、再び出すか先に進むか悩んだ挙げ句、先に進める事に。
  これが仇となり、展開され、そこからじわじわ巻き返されて負け。

こんな感じで、3位でした。まあ、こんなモンなのか……?
その後は、偶然出くわした氷華さんとフリー対戦。
やっぱり、コスト踏み倒しは強いですぜ。『ジュカイ』とか『キリコ』とか。
五色使いだけに、五色も強い。要するに強い。
そんなこんなで、帰りに『ネロ・フリフィス』を一枚回収して帰宅。
あ、始まる前に、『時空の支配者』を1480円で買えました。多分、安いはず。
これで、使ってなかった『ロマノフ・ホール』に使い道が見えてきたな。
とりあえず、本日対戦して下さった皆様、ありがとうございました。
また次に会う事があれば、この愚か者をよろしくお願い致しますです。

亡舞「生者必滅の理 -異界-」

「異界」は、バイオハザード アウトブレイクのシナリオの一つ。


DM>数年ぶりに『ユニバース』を使ってみたい気がしてきた。
多分すぐ興味が逸れる気がするけど。
どちらかというと、『ネロ・グリフィス』を組みたい気分。
魅魔様っぽく仕上げたいから、ちょっと捻るけど。
『デス・ゲート』が登場するし、『サプライズ・ホール』唱えられるし、弱くはないはず……
『グローリー・ゲート』『アルカディア・エッグ』で出て来るうえ、『エッグ』はトリガーで防御にも。
『ヘブンズ・ゲート』が、悩むところ。組み合わせは強いんだけどなぁ。
入れるカードは、一応
・『ネロ・グリフィス』
・『グローリー・ゲート』
・『アルカディア・エッグ』
・『転生プログラム』
・『ザビ・ミラ』
が確定っぽい。キャライメージだから、本格的なのは作らないよ。
ただ、『ザビ・ミラ』と『グリフィス』は相性良いかもしれない。重いけど。
入れるとしても一枚だろうから、問題無い……はず。多分。
後は、安定剤か。
ドローは必須だし、『レオポルディーネ』でも入れてみようかねぇ。


マーセ>とりあえず、全てのミッションクリアしたところ。
Ex.9は、最初クリア時でSSランク出せたが……200万欲しいな。
巨大チェーンソー男2体同時とか、ガラドール3体同時とか、色々キツい。
チェーンソー男4体は、さすがにいい加減にしろと……


ホラー>夏に全くやらなかったな。
怖い音楽というか、そういう類いで紹介され易いBGMを少し。

続きを読む

死海竜

DM>今日のレポを軽く。
ゴースト使おうと思ったけど、小学生二人相手にこれはキツい気が。
なので、決まればヒーロー性(というか、ヒール性)高いガロウズ使う事に。

2011年9月4日(日)
14:00~
ホビッツ南茨木店
参加人数:4人
方式:トーナメント(30分以内に2本先取)
使用デッキ:水闇自然ザビ・ミラ入りガロウズ・デビルドラゴン
 一回戦:VS次元ドルゲーザ
  ガチ相手には、それなりに戦えるのがこのデッキの長所。
  一戦目は『ザビ・ミラ』で『シュヴァル』『ファイブスター』をキメて勝利。
  残りの二戦は、展開に追いつけず敗北、といった感じ。
 二回戦:VS火光ガイアール・ゼロ
  何が出てくるのか読み辛いと、極端に弱くなるのもこのデッキの特徴。
  とにかく、この手の相手は何が出て来るか読めない。
  『ガイアール・ゼロ』が止められず、展開を許して敗北。

というわけで、普通の大会はこのザマです。まあ、楽しめたし良いや。
次は、殿堂ゼロ。

2011年9月4日(日)
16:00~
ホビッツ南茨木店
参加人数:3人
方式:総当たり戦
使用デッキ:BGM(ボルバル・ゲート・マッドロマノフ)
 一戦目:VSドロマー超次元
  序盤から攻めるも、攻めきれず『デビル・ディアボロス』で負け。
 二戦目:VS火光ガイーアル・ゼロ
  本戦二戦目の相手。
  容赦出来るはずもなく、『M・ロマノフ』から『ベター・トゥモロー』でシールド0へ。
  返しのターンに殴って〆。

と、こんな感じ。
殿堂ゼロは、もう出ないかなぁ。やってるところが少なすぎる。
とはいえ、殿堂無視のデッキは所持し続ける予定。
色々楽しいし、殿堂入りしたカードの恐ろしさを伝えるには、十分な性能だし。
大会の後は、店長さんと色々話を聞かせてもらいました。
ユーザ視点の話は今まで色々聞いてきたけど、経営者視点の話を聞くのは、何気に色々考えさせられますねぇ。
やはり、ホビーショップってのはなかなか難しい。う~む……
ホビッツ南茨木は去年もお邪魔したのですが、雰囲気が物凄く良いです。
何人か引き連れて、また行ってみたい感じ。
とりあえず、本日対戦して下さった皆様、ありがとうございました。
また次に会う事があれば、この愚か者をよろしくお願い致しますです。
プロフィール

プラズマ

Author:プラズマ
プラズマ:大学生の、ココの管理者。DMプレイヤーであり、ゴーストポケモントレーナー。
そろそろ忙しい割には、何かと遊ぶ遊び人。将来?何それ食えるの?
切り札:特に無し

ムゥ:種族ムウマージの「ムゥ」。なんかもう、ポケモンかどうかも怪しくなってきた。
切り札:『邪悪の魔黒デビル・マーシャル』

テタヌス:滅多に出て来ない、よくわからない奴。
いつもシルラと一緒。ちなみに、そこそこイケメン。
切り札:『究極神アク』

シルラ:テタヌスの恋人というより、妻であるサーナイトの「シルラ」。彼を「ご主人様」と呼ぶけど、本人はあまりその呼び方が好きではないようで。
ちなみに、かなり美人。らしい
切り札:『超絶神ゼン』

宇院 円太(ういん えんた):熱血的で直線的な少年。ムゥとはそれほど仲が良い訳ではない。そもそも、住む世界が違う。今年で恐らく高校一年の16歳。
切り札:『超神星アポロヌス・ドラゲリオン』

小林 明流(こばやし めいる):円太の暴走抑止係の少女。ツッコミ担当(?)。円太と幼馴染の、高校一年16歳。
切り札:『大勇者 二つ牙』

アウスキー・エルスパー:円太達との接点は薄い。常に冷静沈着で、ほとんど表情を変えない男。
明流以上の的確なツッコミと、暴走阻止能力が売り。
ちなみに、笑ったところは誰も見たことがないという、都市伝説さえあるとか。
切り札:『エンペラー・マルコ』




ポケモン(バトレボ)のフレンドパス
0945 8186 0673
対戦したいという物好きな方がいれば、喜んで承りますです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
Twitter
デュエル・マスターズ開発部XX
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。