オールスター

ここから更に 万全の手を打つのさ
全ての人間 全ての血族 全ての力を駆使してね
---魔人探偵脳噛ネウロ-シックスのセリフより抜粋
ネウロですら、手も足も出ません。

DM>多分決まったはず。
2日と4日の入試が終わったら、とりあえず、5つのデッキの名前は公開。これは、確定かな。
ムゥ「あとは、調整だけだゾ。」
プラズマ「そやね。
あと、カードが何枚か足りて無いから、適当にあつめにゃならんね。」

ネウロ>今週は、サービス満載ですな。登場人物がいつも通りなのに、懐かしい方々が大勢。
22巻発売までに、一通り読み返しておくと良いかもよ?w
まあ、恐らく最終回が迫ってるっぽいです。つまり、これがファイナルバトルですかね。
スポンサーサイト

ハイパードライブ

FF?>カイザードラゴン強ぇw
さすが竜帝。見た目も強さも、半端無いぜ。

日常>携帯からは、更新出来る。ムゥ「だナ。でも、ネタが無いのは変わらないゾ。」
プラズマ「文句あっか。」

ホラー>「検索してはいけない言葉」というものが、ネット上にはあります。
「淫乱テディベア」「樹海のおとしもの」「POSO」「食卓のお肉が出来るまで」「終わらない夏休み」などなど、その数や種類は様々。
ムゥ「前に紹介したものばかりだゾ。」
プラズマ「そう。しかし、あれはまだ、ほんの一部に過ぎない。」
ムゥ「あれの、更に倍くらいはあるナ。」
プラズマ「そんなワードの中に、「イーブイスタジオ」というワードがある。」
ムゥ「イーブイ……?ポケモンのホラーカ?」
プラズマ「いや……
ただ、これだけは言っておく。
「純粋な」ポケモン好きは、見ないようにした方が良いかもしれません。」
ムゥ「……どういうことダ……」
プラズマ「実はな、かくかくしかじか……というわけだ。」
ムゥ「む…ムゥ。そういう訳カ。」
プラズマ「そういう事だ。
勘の良い方なら、分かったかもしれませんが、そういう事が、その先には待ち受けています。」

シューターカッター

こんなんだったら 世界滅亡のほうがいい
---魔方陣グルグル-ジュジュ・クー・シュナムルのセリフより抜粋
同感……あれは酷いw

日常>来週も試験+その後に入試という、ボス戦直後のラスボス戦なので、更新が途絶えます。
決して、事故死してるわけじゃないので、あしからず。

何か>ネギさん、真紅銀さん、バトンを受け取っていただき、ありがとうございました。

DM>『滅亡ルーレット』をうまく使いこなせば、相手の戦略を崩壊させることが出来ると思うのだが。
ムゥ「問題は、自分の手札だゾ。」
プラズマ「その通り。そのコストと同じ自分のカードまで、墓地に送られてまうねん。
せやから、相手の状況を崩すか、自分の状況を保つか、その場で判断せなあかんのよ。」
ムゥ「自分はともかく、相手の手札を予測する力も必要だナ。」
プラズマ「『5』を選ぶと『インフェルノ・サイン』や『龍神ヘヴィ』、『エンペラー・マルコ』や『トリプル・ブレイン』なんかが落とせるし、『7』を選ぶと『英知と追撃の宝剣』『龍神メタル』『邪眼皇ロマノフⅠ世』『ロスト・ソウル』『不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー』『聖鎧亜キング・アルカディアス』なんかが落ちる。」
ムゥ「『7』を選ぶと、強いカードを落とせるかもしれないゾ。ただ、『提督』が出てくるナ。」
プラズマ「それが難点。それで再び手札を補充されたりしては、意味が無い。」
ムゥ「そこで、『百発人形マグナム』だゾ。」
プラズマ「相手の手札にある全ての『提督』が出てくれば、大量除去が可能になるやもしれん。
まあ、そんなことはまず無いんやけども。」
ムゥ「……その程度だナ。」
プラズマ「その程度ッスね。ただ、使い方次第では結構強いんじゃね?」

ミラクルとミステリーの扉

運命は…  だらしなく口を開けて待っている
---魔人探偵脳噛ネウロ-???のセリフより抜粋
いよいよラストバトル…か?
でも、まだ何かいる……

日常>なんか、最近些細な事に対してもイライラする。ストレス溜まってんのかなぁ~。
まあ、登場させる悪役の『悪』っぽさに磨きがかかりそうで、別に嫌でもない。

DMその1>そろそろ、5Dcで使用するデッキがほぼ確定してきたっぽいです。
後は、少し調整してから……

DMその2>さて、久しぶりの分類作業だ。

続きを読む

かいふくしれい

日常>センター本番戦。
数学IAはともかく、数学ⅡBはほぼ壊滅したorz
本命の一般は、来週。いよいよ、ラスボス戦突入ですな。

DM>ゴッドじゃないけど、6つ目のデッキを組んでました。
その名も『禁忌』。文字通りのデッキですので、大会では使用しません。
もう、お気づきですね?
ちなみに、コンセプトは今作のラスボス。の、弱体化ver

ポケ>プラチナ買ったら、
・ゴースト縛り(秘伝役を除く)
・基本的にショップ禁止
・ギラティナは色違いを粘る
でやりますです。
ムゥ「メリッサが強敵だナ。」
プラズマ「そやね。ま、気楽にいきましょうぜぃ~。
それより、ギラティナを粘るのがきついんですけど……。」

バトン>107さんが、渡そうとして渡さなかったバトンを無理やり奪っt(死

続きを読む

デモンズクラッシュ

ひとは、誰かになれる。
---魔方陣グルグル-アドバーグ・エルドル(キタキタおやじ)のセリフ(?)より抜粋
家に全巻揃ってるのは内緒だ。

何か>センターの解答が発表されてるという事で、調べるついでに更新。
え?結果?ズタボロに決まってるじゃありませんか。
リスニングとか、本番で歴代最低点叩き出しましたorz
明日がんばる。……某サークル様サイトっぽい名前だが、全く関係ない。

DM>ヒーローズ・クロスパックの内容、見ましたが……かなり豪華やん!
こりゃ、発売日に買いに行くしかないな!
前日が卒業式で、帰りにプロジェクトコア寄ったら売ってるかもしれん!
ムゥ「また、出費だゾ……。」
プラズマ「ポケモンも買うからなぁ~。どんだけ買えるんやろ。
あと、『マクスヴァル』が再録なんやね。
それと、帰りに通る事のある本屋に、『ヘヴィ・デス・メタル』が売ってたから、月曜日に買いに行く予定。
まだ残ってたら良いなぁ……
とすると、『究極神アク』が欲しくなってきた。なぜって?5Dcの6つ目のデッキに必要だからサ。」
ムゥ「最悪、どれかが消えて、コレになるかもナ。」
プラズマ「『アク』+『ヘヴィ』という、神ループが使えると楽しいのだが……
どっちも『マクスヴァル』と『ゴッド・ルピア』で軽減できるし。」
ムゥ「神まみれだナ。おまけに、『ヘヴィ×デス×メタル』も狙えるゾ。」
プラズマ「やっぱ、神様ってスゲー。」

日常>というわけで、今日はセンター試験初日でした。
まあ、俺が初日に受けるのは『英語』だけ。明日は朝11時からですが、会場に入るまで徒歩5分の俺は大分楽だと思うんだ、うん。
ムゥ「そこで運を使ってどうすル。」
プラズマ「はっ!?」

暴露/Unmask

つまらん。やつを戦場に出したら、一方的に勝つに決まっている。
---デュエルマスターズ-暗黒の騎士ザガーンのフレーバーより抜粋
つまり、バックストーリーと実際のカードの強さは、必ずしも比例するものではない、ということでしょう。
『スターマン』は『バジュラ』を倒したそうですし。

DM>『キキ』『カイカイ』が、あと1セット欲しい今日この頃。
ムゥ「やっと、デッキが決まってきたカ。」
プラズマ「あとは、『アポロヌス』が1枚と『母なる紋章』が2枚と、
      多分『DEATHドラゲリオン』が2枚と、『魔弾バレット・バイス』が2枚。」
ムゥ「多いゾ……。」
プラズマ「少なくとも、『絶対必要』ってことでも無いけどね。」
ムゥ「それで、『キキ』と『カイカイ』のデッキを作るのカ?」
プラズマ「いや、それはまだ決めて無い。
      ……あ、絶対必要なカードといえば、『テルス・ルース』があと3枚。まだ1枚しか無い。」
ムゥ「……」

カービィ>USDXの『ヘルパーマスターへの道』の、ボスとボスの間の休憩エリア。
あれで流れる静かなBGMをよく聞くと、『星のカービィ64』のリップルスターのステージセレクトBGMやね。
かなりアレンジされてて、元祖は熱く、こっちは落ち着く感じかな。

何か>テレビ朝日「情報整理バラエティー・ウソバスター! 」で仕込みブログ発覚…ネットで祭りに
へぇ~。
まあ、この記事自体100%信用したわけじゃないけど、見た限りほぼ確実に『やらせ』ですな。
ムゥ「偽装しきれて無いゾ。やるなら、もっと完璧にするべきだナ。」
プラズマ「やるなら完全犯罪だ。(古畑任三朗に出てたイチローっぽく)。
      それ以外の犯罪など、やる価値も無い。
      っていうか、罪を犯す気すら無い。」

ホラー>寒くなってきました。日本でも、雪が降る季節になってきました。
いかがお過ごしでしょう。恐怖を忘れてしまいましたか?
忘れた頃に来るのが恐怖。
ほら、あなたの後ろに今……血まみれだけど、あなたのストライクゾーン直撃な女の人が……
ムゥ「そんなのが立ってて、どうすル……。」
プラズマ「いや、絶対『俺は貞子みたいなのがタイプなんだ!』っていう人はいると思うんだ。」
ムゥ「……相当趣味が悪いナ。」
プラズマ「趣味に良し悪しなどあるものか。
      さて、そろそろ紹介といきましょや。」
ムゥ「読みたい奴だけ読メ。長いゾ。」
プラズマ「コピー+貼り付けも面倒なくらい長い。
      流石に、免疫ある人にとってはつまらないかな……。」
ブラブロ:変な日記拾った!まとめ - livedoor Blog(ブログ)

魔弾バクレツ・ストライク

DM>色々変貌していったのですが、ようやく5Dcのデッキが決まってきましたです。
というわけで、現段階での5つのデッキを、バレない程度に公開しときますです。

<オリジン> : 『ドラゴンパワーヘイストドリンク魔法剣フレアアルテマウェポン二刀流乱れ打ち』
円太専用デッキの強化版的な。名前が長いとか言うな。
<ディフェンス> : 『アルカディアス・ソウル』
俺とムゥのデッキ。ハンデスの究極系は、手札を使わせないことにある。
<クラッシュ> : 『邪炎』
テタヌスシルラのデッキ。まだまだですな。
<スピード> : 『絶対零度』
アウスキー明流という、まともな二人が組んだデッキ。早いです。
<ファッティ> : 『心無い天使』
『リクス×リサ』という、2作目ラスボス使用のデッキ。原作よりも大幅に強化されてます。
二重人格の彼らが、本気で牙をむきますぜぃ。その前に、『DEATH・ドラゲリオン』が足りないらしい。


ポケ>日曜日はポケサン。
あのメンバー、確かに実力は上がってきてるやもしれん。

何か>どうせ死ぬなら、自殺以外の方法で死にたい。
ムゥ「普通に寿命が終わるまで生きると良いゾ。」
プラズマ「アレだ。こんな事言うと、最近病んでると思われて怖いから、一応言っておかねば。

俺ぁピンピンしてますぜ!

オフ会が迫ってるのを思い出したら、自然と元気出てきた。」
ムゥ「その元気を、他の方向に向けられるともっと良いのだけどナ……。」
プラズマ「まったくだ。

日常>やっぱ、友達と話す。これが、一番のストレス発散方法やね。
ムゥ「冬休みは、相当気が落ち込んでたみたいだからナ。」
プラズマ「会話でストレスを発散できるのは、大阪人の性なんかな?
なにはともあれ、やっぱり友達って素晴らしいッスね。感謝感謝。」

ぎょーむれんらく>来週はセンター1週間前ということで、1週間以上更新が途絶えるかもしれませぬ。
1週間更新が途絶えても、死んだと勘違いなさらぬよう。
ムゥ「こいつ、そう易々と死なないけどナ。」
プラズマ「まあね。
明後日更新から、暫く途絶えるくらいかな。その後もテスト前になったりとかで……」

花と悪夢(イビルラベンダー)

お前の超感覚を駆使すれば わたしを不快にはさせないはずだ
---魔人探偵脳噛ネウロ-シックスのセリフより抜粋
某スレで感じたが、確かにエロい意味にも聞こえt(死
サイの時と同様、圧倒的な力ですな。車の運転技能とか。

DM>ようやく、暴走気味だった熱が冷めてきたところか……

ポケ>何も

日常>大阪府高槻市であったタクシー強盗。
現場、我が家のあるマンションから徒歩1秒w
夜は、『あくのはどう』を放ちながら歩かねば……

DMその2>ついに、5Dc開催の日程が決まったようだ。
調べたところ、今のところは大丈夫。
ムゥ「いよいよ、デビュー戦だナ。」
プラズマ「う~ん、復帰戦っていう方が正しくね?」
ムゥ「だナ。お前のデビューは、もう6年以上前だゾ。」
プラズマ「デュエルマスターズの開闢を知る男が、フィールドに降り立つ予定ですぜ。
      大丈夫。全然弱いから。」
ムゥ「そうだゾ。」
プラズマ「しかも酷い。何が酷いって、『円太×明流』のデッキより、俺達のデッキの方が強いんだから。」
ムゥ「もっと、あいつらにも頑張ってもらいたいゾ。」
プラズマ「まあ、あと少しで俺達が降格しそうだけどね。
      5つのデッキなんだから、全てまとめて『5本指』と呼ぶことにしておこう。」

何か>テタヌス「今日はまた、遅い更新だね。」
プラズマ「ん?夜の営みを邪魔したか?」
ムゥ「その質問はするナ。」
テタヌス「大丈夫。それは秘密だよ。」
シルラ「それにしても、また遅くなりましたね。」
プラズマ「さりげなく話を戻したな。
      どうってことない。ちょいと色々やってただけさ。」
シルラ「色々?」
プラズマ「お前たちも悪役ポジションなのだから、いかに悪役っぽいシチュエーションを作り出すか、だ。」
ムゥ「そういえば、敵だったナ。」
テタヌス「そうとも。」
プラズマ「優しい性格なのに、冷酷非情な悪の手先。このギャップがたまらないね。」
シルラ「私も、ムゥさんの敵ですね。」
ムゥ「『ですね』じゃないだロ……。」
プラズマ「このサイトで、唯一敵ポジションの登場人物だ。盛大に『祝って』あげないとなぁ。」
テタヌス「……嫌な予感がしてきた。帰ろうか。」
シルラ「は、はい!ご主人様。」
テタヌス「だから、『ご主人様』じゃなくて、『テタヌス』って普通に(ry」
プラズマ「やれやれ。忙しい方たちだ。」
ムゥ「お前もナ。」

みやぶる

日常>今日は金田一の『悪魔の手鞠歌』やるらしいね。タイトル合ってるか知らんけど。
……っていうか、今見てる。
昼にやってた『悪魔が来たりて笛を吹く』は、内容がすんげぇエグいんよね。
特に、人間関係が。

日常2>ジャンプの付録のカレンダー、12月にアスクレピオスが……
その頃には、多分「そんな漫画あったなぁ~」的な事になってそうな気が……
ネウロは、いよいよラストに近づいてきたようで。
という事は、ついにⅥ&ⅩⅠ戦ですな。
多分、ⅩⅠに惚れた俺は異端だと思う。

日常3>107さんのとことかで見た奴。
自分の好きなキャラクターを当ててくれるらしい。ちなみに俺の戦跡は
正解:『エクスデス』『アルバート・ウェスカー』
不正解:『貞子』『黒城凶死朗』
でした。皆さんは、このデータに勝てるかな?
ちなみに、弟は全勝しやがったw
Akinator, the Web Genius

何か>テタヌスアウスキーよりも私たちのほうが出番が多いのは、何か趣味なのかな?」
プラズマ「ちげーよ。あいつぁ忙しいんでさぁ。」
ムゥ「私の出番が多いのも、趣味だロ。」
プラズマ「ちげーよ。人の体にとり憑いておいて、そりゃねえだろ。」
シルラ「わ、私が目当てですか?!」
プラズマ「ちげーよ。人妻に手を出すほど堕ちてねーよ。」
テタヌス「それじゃあ、私が悪趣味みたいだろう。」
プラズマ「ちげーよ。お前の妻だろーが。」
ムゥ「知るカ。」
プラズマ「お前は知らねえだろうよ。」
シルラ「ど、どうせ私なんて、汚れた女です……。」
プラズマ「ちげーよ。まだ生粋の処女だよ。」
テタヌス「いや、違うけど。」
ムゥ/プラズマ「マジ?!」

デッドリー・ボウル

おまえが私を満足させ続けてくれるなら…私の次くらいには長生きできる。
---魔人探偵脳噛ネウロ-シックスのセリフより抜粋
仲間の野望も欲望も、彼にとってはただのおもちゃでしかない。

ポケ>ジラーチの声優って、七夕に亡くなったそうです。
専用技が『破滅の願い』だったりと、何か呪われてるみたいでカッコイイw
ムゥ「だナ。」

DM>まあ、特に何も。

何か>カルネアデスの舟板、という言葉がある。
どちらか片方の人間しか助からない時、片方を殺しても罪にならない、という事らしい。
要するに、この状況さえ作り出せれば、完全犯罪を達成することが可能なのだろうね。

日常>特に何も。
生活リズムが乱れたせいか、また精神不安定に陥りましたorz
大したこと無いことで妙に不安になったり、落ち着かなかったり、ドキドキしたり。
心臓に悪いわ、これ……血圧は変わらないんやけども。

賀正電子メデタイン

明けてめでたし!今年も元気に戦うぞ!
---デュエルマスターズ-賀正電子メデタインのフレーバーより抜粋
今年もよろしくお願いいたします。

日常>新年初の発言権を、お前たちに渡すものか。
ムゥ「その次に発言するサドは、この私だゾ。」
円太「いや、意味分からないって。」
テタヌス「新年早々、にぎやかにそうだ。」
明流「騒がしく……の方が、絶対正しいと思うけど。」
アウスキー「同感。」
シルラムゥさんも、プラズマさんに似てきたのではないのでしょうか。」
プラズマ「あれだ。飼い主はペットに似るって奴だろ?」
円太「逆だ!」
ムゥ「ペットでもないゾ。」
テタヌス「似てはいないかもね。サドなのは共通してるかもしれないけど。」
アウスキー「お前ら……」
明流「新年の挨拶をするんじゃなかったの!?」
プラズマ「そ、そうでした。」
ムゥ「早くやレ。」
アウスキー「まったくだな。」
プラズマ「えぇ~、それでは。お前たちのアドリブ力を試してやる。
新年明けまして」
明流「おめでとうございます!」
テタヌス「今年も、このブログと」
アウスキー「俺達を」
円太「よろしく頼むぜ!」
シルラ「……え、わ、私ですか?!
えっと……」
プラズマ「はい、ストーップ!詰まったからやり直しね。」
ムゥ「……終わる気がしないゾ。」
プラズマ「アドリブ力を試すと言っただろう。詰まった時点で、所詮はその程度。我々の同種(なかま)たる資格は無い。」
テタヌス「さりげなく、酷いこと言うなぁ……。」
アウスキー「……気にするな。次、頑張れば問題ない。」
シルラ「ご、ごめんなさい……。」
明流「それじゃあ、さっさと次やりましょ!」
プラズマ「あ~、それではテイク2。
新年明けまして」
明流「おめでとうございます!」
テタヌス「今年も、このブログと」
アウスキー「俺達を」
円太「よろしく頼むぜ!」
シルラ「それではみな---」
ムゥ「それでは皆さン」
シルラ「え、……えええぇぇ?!」
プラズマ「ようやった。」
円太「はい、そこ二人で笑わない~」
アウスキー「……」

続きを読む

プロフィール

プラズマ

Author:プラズマ
牢獄でもあり、我が家でもある。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク