ミニマム

今日から、内容がすげぇ薄っぺらくなりますぜぃ。テスト前なんよ。
ムゥ「むぅ、暇潰しが消えるゾ。」
プラズマ「円太明流も、時間が時間なので暫く来ませんね、恐らく。」
ムゥ「夜更かしはいけないんだゾ。」
プラズマ「というわけです、はい。」
スポンサーサイト

不明の卵/Dingus Egg

DM>何か、今度の構築済みデッキは『勝負&白凰』のデッキと『ザキラ&イエスマン』のデッキだそうで。
というわけで、ここの住人でも、そんな風なデッキを作ってみよ~!
明流「でも、誰と誰を合わせるのよ。」
プラズマ「そりゃ、『プラズマ&ムゥ』、『円太明流』のデッキでしょ。」
明流「やっぱり。」
円太「でも、どうするんだ?俺はドラゴン主体だし、明流は水と自然のビートダウンだぜ?」
プラズマ「え、『火/水/自然』で組めば問題無くね?」
明流「二人の要素を組み込むとなると、結構難しいと思うけど。」
円太「お前の方もどうなんだよ。」
プラズマ「え、俺は『光/水』で、あいつは『水/闇』だから、必然的にドロマーカラーになりますよ。」
円太「楽だな、おい。」
プラズマ「まあ、心配せずともネタはありますよ、と。」

ポケモン>さあ、前回に引き続き『タマゴ』について考えてみようか。

続きを読む

しらべる

さて、今回はちょっと変わったコーナーでもやってみよーかなぁ……

続きを読む

たまごうみ

どーでもいーこと>ふと思ったんだ。『ひぐらしのなく頃に』のアニメのタイトルって、FFの『バハムート』と同じ法則にのっとっているのだと。
最初は『ひぐらしのなく頃に』。次は、『ひぐらしのなく頃に 解』。で、3期目が『ひぐらしのなく頃に 礼』らしい。
で、FFⅦにおいてのバハムートは、『バハムート』、『バハムート 改』、『バハムート 零式』。最後の『零』は『れい』とも読めますやん。なんか、被ってんのねw
ちなみに、FFⅤの裏ボスは『オメガ 改』と『神龍 改』。『改』と『解』……『零』と『礼』……そんだけ。

DM>何か、面白いデッキは無いかなぁ~。

ポケ>さて、107様のところでもやっておられた、ポケモンの『タマゴ』について考えてみるか。

続きを読む

ナイツ・オブ・ラウンド

日常>夏休みの講座&夏期講習の予定を見ると、軽く死ねる量だったぜw
まあ、人生一度くらい死ぬ目にあわないとねえ。というわけで、夏休みに一回死んできますともww

何か>やっぱり、俺が得意な戦術は『速攻』なんかなぁ……

DM>昨日の続きぃ~

続きを読む

バイオレンス・ヘブン

日常>今日は妙に眠くなかったです。何でやろなぁ~。
ムゥ「プレゼント程度に、適当に回復魔法かけておいたゾ。」
プラズマ「おっと、たまには良いことしてくれるんやね。」
ムゥ「お前が回復しない限り、お前から恐怖の念を吸い取れないからナ。回復させておかないと、こっちが危ないゾ。」
プラズマ「そ……そうッスか。」

DM>どうでも良い、ふと思ったことを長々と書いております。以下、読みたい方のみどうぞ~。

続きを読む

母なる紋章

そういえば、今日友達に言われて思い出したのだが……

続きを読む

聖なる炎(セイントフレイム)

昨日は、23~14時くらいまでバトレボやってましたです、はい。
……いや、『ねこのて』で『聖なる炎』を5連発くらいされたんですがw
ムゥ「……どうしようもないゾ。」
プラズマ「『ブニャット』にほぼ完封されるとは思わんかったなぁ。
で、今日も4~5時くらいまでバトレボ~。結構な猛者が多かったですよ、ええ。」
ムゥ「私の活躍もそれほど無かったナ。最近、読みにくい相手が多いゾ。」
プラズマ「それが問題なんよね。こっちが読むことを読んでくる相手までいるから、どこまで深読みして良いのか分からん……
そういえば、今日ようつべのバトレボ動画あさってたら、最近(てかおととい)アップされたナッシング氏の動画あったぜ。どうやら、ちゃんと生きてたようですね、はいw」
ムゥ「お前の受験が終わったら、アイツを呪いに行くゾ。」
プラズマ「ケッケッケ、呪わずとも、リベンジは果たす。絶対にぃ!」

DM>メイデンビートを、弟と対戦してちょいと実験。
と言っても、お互い初手が悪かったせいで、それほど実験にならんかったです。

日常>今日は、土曜日学校あった分の代休~。が、朝から講座あったんで登校。

続きを読む

永刻のクイーン・メイデン

もうすぐHIT数が1000になるね。踏んだ方は、出来ればご報告してくだされば嬉しいです。別に、景品とか何もありませんけども……

ポケ>6戦くらいやったかな?勝率はほどほど。
試しにジュペッタ入れて、物理受けのヤミラミ抜いて、メノコの持ち物を『食べ残し』に、ジュペッタの持ち物を『気合の襷』にしてみました。
ムゥ「今頃になってメンバーチェンジカ?」
プラズマ「ジュペッタは、ダークライメタ。『悪の波動』耐えて『ギガインパクト』出せれば、多少ながら正気はあると思うんだ、うん。」
ムゥ「ゴーストタイプ最強の物理攻撃力でも、流石に厳しいゾ……。」
プラズマ「うぅ~ん、どうなんだろ。計算してないから、どうともいえないや。」

日常>す~ずしぃ~!じめじめしてるけど、風が冷たい。こりゃ楽だw

DM>メイデンビート組んでみたよ~。4色で。

続きを読む

デストロ

ポケ>ギラティナ様の待ちうけかっこいいw
ムゥ「8ヶ月ぶりに変えたカ。」
プラズマ「そのとおり!この前は、FFⅤの裏ボス『エヌオー』だったけど、もうこれに変えるぜ!」
ムゥ「それで、明日の対戦はどうなル?」
プラズマ「また4時から出陣かな。
てか、そろそろミカルゲあたり育てていきたいけど、時間が……受験生は忙しいのだ。」
ムゥ「本当に忙しかったら、一人で寂しくデッキの改造などしないだロ。」
プラズマ「……そうだね。」

日常>今日は体育~……グランドぐちゃぐちゃだから、体育館の中でバレーボール!
おい、この湿度の中これは、拷問ですか?w
円太「おい、何だこれ……。」
明流「じっとしてるだけで汗が出てくるわよ……暑すぎる。」
プラズマ「ヤバイぜ、こりゃ。昨日から、湿度60%常にオーバーしてるんですけどもw
カード大丈夫かなぁ~と思う前に、自分の心配した方が良さそう。夜に脱水症状とか、話にならねえ。」
ムゥ「むぅ、情け無いナ。」
プラズマ「でも、森の中はまだマシじゃね?あっちは風通し良いわけだし。」
明流「そうよね。湿度は高くても、風通しが良いだけマシじゃない。」
ムゥ「そうでもないゾ……詳しいことは、また今度だナ。暑くて説明する気にならないゾ。」
プラズマ「くそっ、俺も文字を打つのが難しいくらいに暑いぜ。」

DM>もう、読みたい方のみどうぞ~。

続きを読む

ニュートンリング

暑い。暑すぎる。
いや、正確には湿度が高すぎる。70%って何だ……。
じめじめしたのは嫌いでは無いが、暑いのは嫌いだ。これで涼しかったら、文句無いのだが。
ムゥ「むゥ?森の中は、こんなものじゃないゾ。」
プラズマ「植物の『蒸散作用』ってのがあるから、昼間は地獄でしょうね、そりゃ。」
ムゥ「夏の日照りの時は、森ほど涼しいところは無いけどナ。」
プラズマ「それも同じ。『蒸散作用』によって水蒸気が発生し、それが周囲の熱を奪ってくれるのだ!」
ムゥ「ところでマスター。」
プラズマ「ん?どうした。」
ムゥあした学校だロ。
プラズマ「ま、まあね。
授業参観的な奴で、中学生やら保護者やら、中学の先生やらが来られるようです。なので、明日は月曜日の時間割で学校~。
その代わり、本物の月曜日が休みです、ええ。」
ムゥ「明日の夜は、寝るのが遅くなるというのに……死なない程度に頑張レ。」
プラズマ「あいよ~。」

究極銀河ユニバース

DM>学校の友達と2戦ほど……ネタで5神使ってみましたw
あまりにふざけすぎてたので、明日は『ユニバース』繰り出しますよ、ええ。たった一度の攻撃で終わらせてやりますとも。
でもまさか。学校の教室でDMやるとは考えもしなかったなぁ……来年の今頃は、どうなってんのかな。やってるのかな、俺。やってるだろうさ、きっと。ここまで続けてきたんだもんね。
俺は引退なんかしねえ!一時的に休止することはあっても、絶対この世界から消えることなど無い!

僕は 永遠の命として 世界が 終わるまでを 見届けて やる。
---MOTHER3-ポーキー・ミンチのセリフより抜粋

というわけで、小説更新しなきゃなぁ~w
円太「シリアスなこと言っておいて、結局そういう事になるのかよ!」
明流「プラズマがシリアスな事を言った後は、絶対まともな言葉が出てこないわ……。」
プラズマ「何を言うか!まともではないか!今月は、なんとまだ一度も更新してないのだぞ!ネタはあるけど時間が無いのだ!」
円太/明流「あるじゃん。」
プラズマ「え……えぇ~……。
そういえば、明日元DMプレイヤーのI氏から『タイムトリッパー』4枚を150円で譲ってもらうのです。これで、リアルで『ムゥムゥによるムゥのためのデッキ』が組めるのだぁ!」
ムゥ「もう少し、恥ずかしくないネーミングは出来ないのカ……。」
プラズマ「え、ダメ?」

バトンタッチ

友達からバトンもらってきましたです。

続きを読む

物体199

今日は特に書くこと無いなぁ~。
ムゥ「じゃあ、一々更新する必要も無いだロ。暇人か、お前。」
プラズマ「そうですとも。」
ムゥ「むぅ……ダメだこいツ。」
プラズマ「そういえば、お前って夢の中だとすげえ強いやん。俺とどっちが強いんやろね。」
ムゥ「試してみるカ?」
プラズマ「二度と夢から覚めない気がするから、遠慮しとくわ。」
ムゥ「そうカ。」

神の誕生

ポケ>さぁ~て、今回はゴーストタイプについて語りまくってやろうじゃないか!

続きを読む

ストップ

今日は創立記念日で休みぃ~。ということで、朝から「麻疹」の予防接種~。なぜか痛みを感じなかったのは、気のせいだという事にしましょう。

続きを読む

魔天降臨

ポケ>今日の勝率もまずまず……なのか?微妙だった。
とりあえず、ロトムって相変わらず使いにくいね。『相手がこっちの行動を読めてるかどうか』を読まなあかんわけですから。
といっても、ハマるとこれほど強い奴もそうそういない。
ムゥ「お前たちがゴーストタイプと分類した奴らは、大抵そうだゾ。特に、私なんかがナ。」
プラズマ「ほかはミカルゲやらヤミラミ、ジュペッタや、最近ではゲンガーも読みにくく……ってことは、今はゴーストパーティが動きやすい時期なんか……?」
ムゥ「そもそも、ゴーストタイプに動きにくい時期などないゾ。」
プラズマ「そやねw」

DM>今更ながら『護聖妖精トビ・ゴンゴン』を使おうかと思う今日この頃。
マナゾーンにカードが置かれるたびに相手のクリーチャーをタップできるため、『ハリケーン・クロウラー』や『魔天降臨』と相性抜群!だと思うんやけど。
明流「後者だと、この先の相手の行動まで制限できるわね。状況によっては、結構詰むかも。」
円太「『ハリケーン・クロウラー』だったら、その他の行動だってできるぜ!」
プラズマ「せやけど、問題はこいつを除去されないようにする方法なんよね。やから、『ダーク・ヒドラ』入れて……ってやると、『魔天降臨』が有力候補かな?」
明流「ドローカードは?」
プラズマ「そこが問題。だが、一つ方法がある!
マナを溜めなければいいのだぁ!」
円太「はぁ!?お前、どうかしちまったか?」
プラズマ「どうもしていない。要するに、手札を消費しないためには、手札をマナにしなければ良いのだ。」
明流「でも、どうやって?」
プラズマ「クックック、『春風妖精ポップル』や『恵みの化身』があるであろう。特に、後者はマナ回収カード『カブラ・カターブラ』と相性抜群だぜ。」
明流「でも、それだけじゃ手札がもたないのは、分かってるわよね?」
プラズマ「そこで、『吸引のシーリゲル』の出番ですよ。1枚刺しでも、そこそこ活躍するぜ、こいつ。」
円太「お前、ほんと微妙なカードを出してくるな。」
明流「『ポップル』とか、正直忘れ去られたんじゃない?」
プラズマ「良いやん、別に。まあ、今まで色々言ってきたけど、一つ問題あるんよね。
タップキルだけど、『キル』出来るカードがない。」
円太/明流「ダメじゃん。」

FFⅤ>オメガ改が止まらないぜ!

シャドーボール

ポケ>バトレボ~……ごめん、グレイシア強すぎるわw
ムゥ「一方的な試合だったゾ。」
プラズマ「でも、勝率も五分くらいじゃなかったかな。でも、やっぱり無理な相手には無理……か。まだまだ修行が足りませんな。」
ムゥ「少なくとも、プラチナ発売後の腕前は極端に上げておけよナ。出ないと、私も楽しめないゾ。」
プラズマ「うぃ~っす。」

FFⅣ>弟が携帯で『ジ・アフター』を入手したということなので、早速やらせてもらいました。
まずは、『サンドウォーム』撃破まで。というより、ストーリー自体知らない人も多い気がしますが。
主人公は、前作の主人公『セシル』と『ローザ』の子ども『セオドア』です。そういえば、あの二人結婚してたっけ……。
今回は月の満ち欠け『月齢』によって敵味方の能力に若干影響が出るシステム(『満月』なら攻撃ダウン、黒魔法アップとか)なので、それを利用することで強いボスも攻略可能……かも。
まだ序章ですが、他にも『リディア編』とか『エッジ編』、そして脇役だったはずの『パロム』『ポロム』が主役のストーリーまで、色々。
私的に、『ポロム』編が気にn(以下略

DM>特に進展なしぃ~。久しぶりやなぁ。

日常>髪伸びてきたなぁ~。前髪が目の下までいくなぁ~。
明流「じゃあ、切れば?それだけの問題でしょ?」
プラズマ「うん……そうなんだ。でも、時間が。夏休みかなぁ?」
円太「って、まだ1ヶ月以上あるぞ、おい!」
プラズマ「問 題 な い。」
ムゥ「大有りだナ。」
プラズマ「少なくとも、1ヶ月ちょい後くらいに切るかね。髪切ったら、記憶がいくらか飛ぶんよ、俺w」

マインドブラスト

昨日のレポ、最後の重要な対戦を書くの忘れてるのに、今日の朝気がついた……

続きを読む

更に戦う者達

今日でレポートも最終回!気を引き締めていくぜぇ~!(棒読み
そういえばふと思ったんだけど、『レオパルドⅡ世』の効果は、
「ナイトを1枚選び」
であって、
「ナイト・クリーチャー」
とは書いてないんだよね。ってことは、「ナイト呪文」も手札に加えられるってこと……なのかぁ!?

続きを読む

リバース・エナジー

日常>さぁ~て、レポ打ち終えて瀕死の俺だが、最後に一つ伝えておかねばならんことがあるんだ。

続きを読む

守護と偶然の象徴

まずはバトンからぁ~!



☆ポケモン大好きバトン☆

これはポケモンが大好きな人のためのバトンです♪好きな人は必ずやりましょう!


★ポケモン始めたのはいつ頃?
小学1年か2年くらいだったっけな?

★初代からやってましたか?
赤版で。

★一番好きなバージョンは?
パールor銀

★理由をどうぞ
銀はやりこみ要素多そうだし、パールは現在進行中でやってますしw

★プレイした中で、始めの3匹の中から選んだポケモン教えて下さい
赤:確かゼニガメ
緑:
青:
黄:電気鼠
金:
銀:ワニノコ
水晶:
紅玉:
青玉:
翠玉:
炎赤:
葉緑:
金剛:
真珠:ポッチャマ

★一番好きなポケモンは?
ゴーストポケモンの中から『一番』なんか選べないぜ!(黙れ

★バージョン関係なく、こんなパーティあったらいいなと思うのがあればどうぞ
ゴルベーザ四天王
……冗談ですw
ゴーストタイプの奴が6体いれば、殺されても心残りありませんよ、ええ。


★好きなキャラをいくつでもあげてください
鷹野シロナ
ムウマージ
ゲンガー
マツバ


★自分が一番やりこんだと思うバージョンのパーティを教えてください(レベルも)
パール……やけど、どんなパーティやったか完全に忘れたわw


★好きな技
道連れ、滅びの歌、痛み分け、呪い、挑発、怪しい光、怨念、恨み

★これいらないだろうと思う技
う~んと……特になし。


★好きなボール
シャドーボール。あれ?何か間違えてる?

★好きな街
シオンタウン

★好きなパソコン管理者は?
……いや、一人しか思い浮かばないんだけどw

★一番好きな博士
ウツギ

★FRLGはプレイしましたか?
いいえ

★ミュウツー ホウオウ ルギア カイオーガ グラードン レックウザ パルキア ディアルガの中で一番好きなのは?
ギ ラ テ ィ ナ は ?

★ポケスペは読みましたか?
ノー

★ダンジョン系やレンジャー系はプレイしましたか?
ノー


★次回もし出るとしたらタイトルは何だと思いますか?
石灰石w

★次回作楽しみですか?
プラチナ楽しみやなぁ~。

★お疲れ様でした!
いえいえ。コレからが本番ですから。

★すきなだけ回して下さい
ポケモン好きで、やりたい方のみどうぞぉ~!




DM>レポの続きぃ~。

続きを読む

孤独の影ロンリー・ウォーカー

「死が動きだし、世界を滅ぼさんとす。」ダーク・スクエアで発見され解読された予言は、最悪の形で現実となった。
---デュエルマスターズ-『黒神龍グールジェネレイド』のフレーバーより抜粋
こいつのフレーバー、今日初めて知ったけど……かっけぇw

ポケ>ミカルゲ孵化作業中でございます。
ムゥ「む、この期に及んで、まだあがくのカ。」
プラズマ「そろそろ、面白いスパイスが欲しくなってきたもんでね。」

DM>さぁ~て、土曜日のレポの3分の1を書くぞぉ~!
円太「前置きは良いから、さっさと聞かせろよ!」
明流「私たちだって、まだほとんど聞かされてないんだから!」
プラズマ「そ、そう焦りなさんな。今からじっくり書いていくから、続きを読みたい方のみどうぞ~。」

続きを読む

どわすれ

こいつは返すぜ テメーが失くしたモンと一緒にな
---魔人探偵脳噛ネウロ-吾代忍のセリフより抜粋
ヴァイジャヤ、これで終わり……か?
やっぱり最後は、最強タッグの笹塚and吾代でしたか。

考察>107さんとこの見てて思ったけど、本当に『挑発』ってどうやんの?
ムゥ「む…ぅ…マスター……なんだか、体がウズウズして熱いんだゾ……。」
プラズマ「うっ、やめろやめろ。そんな顔で近寄られたら……。」
ムゥ「ハァハァ……マスター、何とかしてくれないのカ……?」
プラズマ「あぁ~……我慢だ我慢。こらえろ!こらえるんだ、俺!」
ムゥ「我慢できないんだゾ……。」
プラズマ「…………」
ムゥ「あうぅ……マスター。」
プラズマ「え……えぇい!俺も男だ!何とかしt」
ムゥ「『シャドウフレア』!」
プラズマ「ぐふぁ!」
ムゥ「と、こんな感じだナ。」
<返事が無い ただの屍のようだ>
円太「お……鬼だ……。」
ムゥ「お前のような、単細胞とは違うんだゾ。」
円太「何だとてm」
ムゥ「『シャドーボール』!」
円太「ぎゃあ!」
ムゥ「こういうパターンもあるゾ。」
<返事が無い ただの屍のようだ>

DM>さぁ~て、この前大阪で行われた『戦国舞踏会』のレポを、本格的に書いていくぜぇ~!
で、レポってどう書けば良いんだぁ~!
円太「やる気だけじゃねえか!もっと、そこんとこ勉強しとけよ!」
プラズマ「いや、だってほとんど大会出ない俺ですぜ。レポなんざ、ほとんど書かないし……。」
明流「言われてみれば、ほとんどイベント参加したこと無いわね。あるとしたら、今回みたいな大きなイベントだけ。」
円太「何だ?お前もやっぱり、大会は初心者かよ!」
プラズマ「何を言うか!俺はデュエルマスターズの開始と同時にこの道を歩み始めた男だぞ!行く頻度は少なくとも、行った回数はそれほど少なくないわい!」
円太「でも、あんまりイベント参加してねえじゃねえか!行くとしても、大体友達に誘われたら、だろ!」
明流「確かに……。」
プラズマ「まあね。さて、グダグダ言ってても仕方ないので、1日の分を3日に分けていきますか。
とりあえず、明日から書いていきますです。つっても、先日の奴を詳しく書いていくだけなんですがねw」

連絡>リンクに『炭酸少年』追加でw

れんぞくま

「お子様ランチ」をくれ
---ダブルアーツ-ファラン・デンゼルのセリフより抜粋
いろんな意味で、こいつ何者ですか?w

DM>さて、遊びはここまでにしよう。『ルドヴィカ×レオパルド ラブラボコン』を崩壊させて、普通の呪文コン型の『ルドヴィカ×レオパルド』にしようと思ったんだ、うん。
明流「だから、もっとマシなネーミングは無いの?」
プラズマ「無いね。」
円太「と言うより、普通に『ルドヴィカ×レオパルド』で良いじゃねえか!」
プラズマ「良くない!面白い名前の方が、相手にとっても自分にとっても、印象が残るだろう。」
円太「そうだけど、いくらなんでもコレは無いだろ!」
明流「もう良いわ……それで、どういうデッキにするの?」
プラズマ「青入れるかどうかを検討中……緑入れて赤入れて、青以外の4色で組むのも手だと思うんだけど……どうだろ。」
明流「呪文主体のデッキから水を抜いたら、意味無いじゃない!」
円太「おいおい、もっとしっかりしてくれよ!」
プラズマ「何を言うか!光にだって、『アヴァラルド公』やら『レングストン』やらという、優秀な呪文ドローが居るんだぞ!」
明流「前者はともかく、『レングストン』はクリーチャーが居ないと意味無いわよ!」
円太「でも、どっちも4枚ずつ入れたら、そこそこドローできる気がするぜ。」
プラズマ「だろ?ま、『アヴァラルド公』は2枚しか無いけどな!」
円太/明流「ダメじゃん。」

ポケ>ゴーストパーティの新入りを育てよっかなぁ……?
ムゥ「誰ダ?」
プラズマ「『フワライド』『ジュペッタ』『ヌケニン』『ミカルゲ』とか。」
ムゥ「むぅ……どれも難しい奴らだナ。」
プラズマ「特に、『ミカルゲ』は同型対戦においてはアルテマウェポン級の働きをしてくれるぜ。」
ムゥ「読みにくくしておけば、普通の対戦でも強いゾ!」
プラズマ「『ヌケニン』は……襷を持たせない、ってのも一つの手だね。」
ムゥ「……すぐ倒れるゾ。」
プラズマ「そこは仕方ないっしょ。後は、『フワライド』か……いっそのこと、特殊受けっぽくしてみるか?」
ムゥ「あいつは、苦手な相手が多すぎるゾ。少し扱いに慣れておかないと、すぐにコテンパンにされるからナ。」
プラズマ「読みさえ冴えてれば、結構な働きしてくれると思うけどなぁ……どうだろ。」

日常>まあ、どうでも良いこと。ジャンプの感想とか、そんくらい。
見たい方のみ、続きをどうぞ

続きを読む

ねがいごと

ポケ>今日の結果は2勝3敗……今日は、強いお方ばかりでしたです。
ムゥ「お前の調子もまずまずだったがナ。」
プラズマ「相手の読みが強いわ、そもそも相性悪かったりとか。いや、相性悪いのは関係ないか。普通に強かったわ、ありゃ。」
ムゥ「お前のやり方も、冴えなかったゾ。」
プラズマ「今日は、訳わかんねえや……調子悪いかな?」

DM>昨日の事を、最初から途中まで報告いたしますです。

続きを読む

ルドヴィカ×レオパルド

というわけで、いくつかの対戦のレポを軽くお伝えいたします。

VS『グールジェネレイド byあかがね様』

いや、俺チャンプじゃないって。いや、『イングマール』とか出してないしさ。え、何『グール・ジェネレイド』が3体も並んでんの?え、スピードアタッカー?何それ、甘いの?
はい、ボッコボコで終わりですw
明流「要するに、何も出来ずに終了ってわけね……」
プラズマ「何も出来なかったわけではない!全く何も出来なかったのだ!」


VS『ジャックビート』

え、何?パイロン?π論?何か、すごい勢いで殴ってくるんですけど。とりあえず守りを……え、『ジャック・ヴァルディ』?何ですかs(ry
ムゥ「むぅ……一方的すぎるゾ。」
プラズマ「いや、やっぱり強いわこいつ。」


VS『神』

あれ、何か神様がアタックするたびに、クリーチャーとマナが3枚ずつ消えていくんですけども。
円太「ダメダメじゃねえかぁ!」
プラズマ「うるせえ!それじゃあお前が戦ってみろよ!絶対勝てねえよあんな奴!」
円太「じゃあ勝てるように頑張れよ!」
プラズマ「分かっとるわぁ!」


VS『リミット10』

火が少なかったので、火を取り除いた4色ビートで出撃。2勝1敗という結果でした。
明流「さすが、制限ルールにはある程度強いみたい……だけど、1敗したんだ。」
プラズマ「まあ、相手もなかなかの人でしたし。いや、どう見ても年下だったけど、年齢で実力なんか決まらないしね!」
円太「そうだ!見た目で実力を判断した時点で、そいつの負けだ!」
ムゥ「特に、お前がそうだゾ。」
プラズマ「……うぃ~っす。」


VS『天国の門 byあかがね様』

長期戦の末、「いくぜ!『ドラゴン・ラボ』!」で勝利しました……危ない危ない。
円太「まずまずだな……。」
明流「『ドラゴン・ラボ』でどうやって勝つの?」
プラズマ「『ルドヴィカ』が『ドラゴン・ラボ』連打によりシールドブレイク枚数を増幅させたり、『マルガレーテ郷』がバウンス連打してくれたりとか。」
明流「……なるほどね……。」

他にも色々なデッキと対戦いたしましたが、特に印象に残っているのはこれくらいかな?とりあえず、かなり楽しめましたとも。
……あ、小説に手をつけてないw

ドラゴン・ラボ

戦いこそが我が愛。それ以外の愛などただの戯言に過ぎない!
---デュエルマスターズ-『魔光神ルドヴィカII世』のフレーバーより抜粋
シズカ……といえば、最後が非常に美しかった覚えが。リッチと末永くお幸せに……
ってか、こいつ普通に強いんですけどもw

DM>さて、どこから話そうか。
明流「行ってきたんだ。」
円太「俺にピッタリのカードは見つかったか?!」
プラズマ「焦るな焦るな。小説のネタなら、十分過ぎるほど仕入れて来ましたぜぃ。」
円太「おお!ってことは、見つかったんだな!」
プラズマ「正解~。ラスボス戦のシナリオが、大体完成しましたぜぃ。」
明流「でも、昨日までは『まずい。ラスボスを倒す術が思いつかない!』って頭を抱えてたわよね……。」
プラズマ「帰りの電車の中で、ふと思い浮かんだんだ。あのカードなら、最後の最後の逆転を見せる事が出来る!」
明流「ふぅ~ん。それで、私にピッタリなカードはどうなの?」
プラズマ「当然ありますぜ。呪文だけど、明流にピッタリのカードが!」
ムゥ「私は『ソウル・アドバンテージ』が気に入ったゾ。」
プラズマ「聞くどころか、自分から気に入っちゃってるよ……でも、こいつはマジでヤバイ。ビート相手はともかく、コントロール系にはとてつもない致命傷を与えられる。いや、ガチですぜ。」
明流「シールドの枚数だから、最大5枚以上ね。まあ、5枚って言ったら、大抵手札全てだけど。」
円太「さすが、気に入るカードが違うぜ……。」
プラズマ「そやね。
とりあえず、長くなりそうなので、続きは見たい方のみどうぞ~。」

続きを読む

無双海王ソウル・ドルジ

DM>さぁ~て、いよいよ明日だ。財布は?デッキは?金は?お金は?資金は?ちゃんと持ったかなぁ?!
円太「後半、金ばっかじゃねえかぁ!」
プラズマ「ほんまやね。
まあ、冗談はここまでにして。
明日は、7時~7時30分くらいに着く予定かな?多分、7時15分くらいに着くと思いますです。まあ、

迷わなければね!

明流「今回のイベントは、妙に期待感あるわね。何でかしら。」
プラズマ「何でやろうね。まあ、面白ければ良いやん。
さて、ここで今までで教わった色々なことを書いていこう!

□早めに並べ!
 でないと、後々後悔することになります
□出来れば、友達とご一緒に
 途中でトイレに行きたくなったら、一人の場合は死闘が始まります
□非常食を忘れるな!
 腹が減っては戦はできぬ。用心すべし。
□マップを把握せよ
 自分の居場所を把握しておかなければ、いざと言う時困ったり困らなかったり。
□荷物にお気をつけください
 悲しいけど、盗難が結構あったり。自分の荷物(特に、トレード中のカードファイル等)からは、絶対に目を離さないように!

明流「後は、荷物の置き忘れね。気をつけてても、気付かないものだし。」
円太「後は、ゴミは自分で持ち帰るってことだな!」
プラズマ「その通り!最低限のマナーも守れないようでは、いつまで経っても強くなれないぞ!」
ムゥ「では、お前は最低限のマナーも守れてないという事だナ。」
プラズマ「それって、『いつまで経っても強くなってない』ってことか。」
ムゥ「だナ。」
プラズマ「さて、それでは最終確認。俺の特徴は……え、もう良い!?いや、ちょっとつけたしとか。

使用デッキ:白青緑マナソース改、準黒単ツナミビート
服:黒に『METROID』だZE!
カバン:黒いリュック
アクセサリー:左手首に黒い腕時計(デジタル)
髪の色:どす黒い。でも、たまに白髪が見えたり……
並んでる時:英単語覚えるカード(暗記するあれ)で単語覚えてるか、DS(初代の奴)やってるか、どちらかです(やってるゲームは、恐らくポケモン)
その他:腕の血管が浮き出てたり浮き出てなかったり。


よし、コレだけアピールしておけば大丈夫だろ。」
円太「アピールしすぎだって!」
明流「見苦しいわ……。」
プラズマ「いや、だって誰かに会ってみたいやん……。
何を言っても、明日!というわけで、もし見かけたりしたらよろしくお願いしますです(礼」

バト~ン>前代未聞の二重バトン。さあ、頑張れ。ムゥ

続きを読む

クイック

日常>さて、明後日が戦国武闘会ということなので、私の特徴をある程度詳しく書いておきますです。デッキも決まりましたので……
身長:160程度
体型:普通。腕の血管が異常に浮き出てますw
服装:全体的に黒っぽい。服は、前に『METROID』って書いてます。
カバン:黒いリュック
装飾品:左手首に、黒い腕時計
その他:待ち時間は、ゲームやってるか、英単語覚えてますよ、ええ。
デッキ:白青緑マナソース改、準黒単ツナミビート
……まあ、こんな感じ。つっても、見つけても何もないけどね!
円太「意味ねえじゃん!」
プラズマ「そういえば、入場券と別にプレイ券ってのを買わないといけないみたいやけど、何円くらいなんやろね。教えて詳しい人~!(黙れ」
明流「できるだけ、お金は多めに持っていったほうが良さそうね。」
プラズマ「そやね。往復の電車賃やらパック購入やらチケット購入やら考慮すると、破格の金額になりそう……。」
円太「そういえば、何時くらいに着く予定なんだよ。遅すぎても、結構危ないぜ?」
プラズマ「そうだねぇ……7~8時。じゃないと、リミット10とか参加出来ないっぽいし。」
明流「7時から一人で列に……孤独との戦いね。」
プラズマ「それを言うなぁ!
まあ、見かけたらよろしくです。」

DM>青白緑マナソース改の調子は、まずまずってとこ。『ソウル・ドルジ』が結構面白そうです。
明流「ついに、来たわね。半年間だけ引退する前の、一応引退試合なんだから、頑張りなさいよ!」
円太「そうだ!負けたら承知しねえからな!」
ムゥ「でも、土産も忘れるなよナ!」
プラズマ「う……うぃ~っす……。」

日常その2>昨日はマジで疲れました……
プロフィール

プラズマ

Author:プラズマ
牢獄でもあり、我が家でもある。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
Twitter
デュエル・マスターズ開発部XX
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク