グランドトライン

日常>卒業式。というわけで、先輩の追い出し会やってきましたです。
まあ、色々とお世話になったので、流石にテスト勉強とか論外決定で参戦。
開始まで時間があったので、1年数名とぷよぷよやっておりました。使用キャラは、当然『フェーリ』です、はいw
ムゥ「相変わらず、黒い女に付きまとわれるナ。いや、お前が選んでるだけカ?」
プラズマ「どうだろ。とりあえず、あいつはカウンターフィーバーが狙いやすいから使ってるだけ。キャラ的にも好きだけどw邪魔ぷよ飛んできたら、とりあえず相殺して、ひたすらフィーバー狙って潰しにいくのみ。」
ムゥ「それでも倒せない時は、破滅するだけだけどナ。」
プラズマ「まあね!
つか、あいつって『グランドトライン』より『グランドクロス』使った方が強くね?『グランドクロス』も、占い用語にあるわけだし。」
ムゥ「決まってるだロ。そんなものが使えれば、ファイナルファンタジーのラスボスが、人間と同等のレベルに下がるからナ。」
プラズマ「ああ、言われて見ればそうやねw」

FFⅤ>ガルキマセラが、捕獲できないのですが……orz

FFⅣ>プロトバブイルが倒せませんぜ。

ポケ> ミ カ ル ゲ

DM>久々に『ワームコン』組んでみたけど……やっぱり『カオスワーム』が強いわ。
明流「見た目はともかく、能力は凶悪よね。『チェイン・スラッシュ』を標準装備した、パワー5000のクリーチャーだもの。種の「パラサイト・ワーム」も優秀な奴が多いから、なかなか厄介なクリーチャーね。」
円太「でも、フィニッシャーが居なくならないか?まさか、デッキ切れを狙うわけでも無いし。」
プラズマ「そこは当然、『魔翼虫ジェノサイド・ワーム』でしょw」
円太「今頃あいつを使うのか!?」
プラズマ「なめるなよ!パワー11000のWブレイカーだぞ!十分、フィニッシャーとして使えるだろうが!」
明流「上位互換に『奇面超人エル・アンドレ』がいるけど。」
プラズマ「気にするな。種族が違いすぎる。
そういえば、『腐食虫スワンプワーム』も、予想以上に強いみたい。アンタッチャブル潰せるし、種にもなるし。使い時が難しいけどな。」
円太「確かに、並べてくるデッキには、効果は薄いよな。」
明流「『カオスワーム』などで相手のクリーチャーを減らして、狭い選択肢を選ばせるってのも面白いわね。」
プラズマ「まあ、それ以外に使い道が無いけど。」

スマブラX>やっぱ、『カービィ』だね、うん。
スポンサーサイト

デスペル

DM>それほど停滞する必要も無かったようで。今日からは、実質3連休なのでゆっくり勉強しますです。
円太「風邪治ったみたいだな!」
ムゥ「まだだゾ。咳がまだ続いていル。」
プラズマ「夜がきついね。一昨日に病院行って、薬もらったからいいものの……それでもきつい。夜がなかなか寝れない。」
明流「まあ、あと少しの辛抱よ。頑張って!」
プラズマ「いや、薬で大分楽になってますです、はい。まあ、それでも出るときゃ出るんですがね。」
ムゥ「で、ポケモンの方は順調カ?」
プラズマ「孵化作業が終わらないorz」
円太「面白いデッキは、出来たのか?!」
プラズマ「色々試行錯誤した結果、『ゼノパーツって強くね?』ってことになった。」
明流「また、変わった種族に目をつけたわね。」
円太「なんか、地味じゃねえか?」
プラズマ「何を言うか!破壊されるとリアニメイト効果をもたらす『アルバトロス』や、シールド除去能力を持った『トリエール』、ブロッカーを破壊する『ドライバー』、そしてゼノパーツを強化する『ゼノメノン』などなど、優秀なクリーチャーの宝庫なのだぞ!」
ムゥ「『縁の下の力持ち』とは、まさにこいつらだナ。」
明流「確かに、面白い種族ね。進化クリーチャーには『ダンギルバー』がいるし、破壊された時に破壊効果をもたらす『バジル』とか、トリッキーな攻撃が可能ね。」
プラズマ「防御力は低いだろうけど、攻撃力が高いからねぇ。使ってみても、損じゃないかも。」

ポケ>ミ~カ~ル~ゲ~

日常>とりあえず、テスト真っ最中。明日は卒業式+『見学で出来なかった体育のバスケの実技テストを、俺一人だけで行う』というイベント発生。
卒業式で先輩送り出したら、早速テスト。合計で4回シュート入れるテストだけど、俺何秒かかるんだろうなw

スマブラX>やべぇ、昼間のチーム戦で戦った『クッパ』が強いw
今日は『15分間耐久組み手』を攻略しておりましたです。普通に戦ったらほぼ無理なので、ひたすら逃げます。ひたすらひたすら逃げます。
が、当然それにも限界があるわけで。そんな時、俺の目に飛び込んできた、最強のアイテム。その名は……

 ハ リ セ ン 

Aボタン連打を、約13分間続けて勝利。倒した数は、70でしたとさ。(使用キャラは『カービィ』)
以下、ネタバレ注意。もうじき、発売1ヶ月か。

続きを読む

停滞

今日から、しばらく更新が停滞しますです。
風邪で遅れた分の勉強を、取り戻したいので。それでも、毎日『箱庭』更新するために、ちょっとだけネットやったりしますけどもw

PKフリーズγ

日常>テスト前最後の休日なので、勉強しないといけない。それは分かっているが
勉強→寝る→勉強→寝る
を、3:7くらいで繰り返しておりました。寝る理由は、かなりひどい咳を鎮めるため。
ムゥ「むぅ、風邪が治ったから出来ると思ったが、厄介な置き土産があったナ。」
プラズマ「厄介なんてもんじゃねえぞ、これ!夜中は目が覚めるわ、集中力が無いわ、気分転換のゲームも出来ないわで、酷いぞこれ。」
円太「ってことは、デッキも作れてないのか?」
プラズマ「当然だろ。」
明流「のど飴をなめてたら、少しは咳もおさまるんじゃないの?」
プラズマ「口の中で消滅→速攻で咳発動のパターンなので、常になめ続ける→胃もたれ発動。」
明流「どうしようも無いわね……。」
円太「げぇ~、それじゃあ小説も更新できねえじゃんか。」
プラズマ「昨日は、ポケモンの方は更新したが……今日は無理だな、うん。咳がひどい。」
ムゥ「それで、勉強はどうするつもりダ?」
プラズマ「どうするもこうするも、地道にやるしかないでしょ、これ。この時期に風邪ひくとか、マジねえわ。」

DM>面白いデッキ、無いかなぁ~。

スマブラ>修行中。弟とやったり、WiFiやったり。弟が、最近妙に強い気が……負けられない、絶対に!

ポイズン

日常>風邪は、かろうじで治りつつありますが、今日学校に行って再び悪化した模様です、はい。
とりあえず、最後の体育休んだのがかなりの痛手。来週、放課後にバスケのテスト受けないと……。とりあえず、シュート4回入れたら終わりだから、さっさと終わらせて帰りますか。
ちなみに勉強は、基本的に明日から行動開始。今日まで、じっくり風邪の完治に勤めます。
ムゥ「むぅ、ようやく暇潰しが出来そうだナ。」
明流「でも、まだ咳がひどいわね。体調も良くないみたいだし、本当に大丈夫なの?」
プラズマ「風邪+花粉症がきやがったから、常に『スリップ』+『毒』+『やけど』+『花』状態が続いてるくらいの勢いで、体力消耗が続いてやがる。半端なきつさじゃないぜ、これ」
円太「ってことは、いよいよ花粉症シーズン到来ってわけか。」
プラズマ「まあ、そういうことかね。これから約半年、またこいつに世話になるわけだが……あぁ~、日本全国の杉、燃やしてぇ~。」
明流「それよりも、今日は早く寝たら?まだ、風邪も治りきってないんだから。」
ムゥ「だナ。さっさと治して、良い点取れるよう頑張レ。平均が60切ったら、貴様の魂を半分もらうゾ。」
プラズマ「それは困る。」

DM>ううむ、何か面白いデッキは無いかな?

スマブラX>とりあえず、1対1の対戦では『リュカ』を。乱闘では『カービィ』を使い手にしますです。
WiFiのズレには、未だに慣れず。慣れてる俺の友達は、一体どれだけやってんだろうかw
以下、ネタバレ注意

続きを読む

寝冷えビーム

風邪ひきましたです、はい。昨日は、ここ数年の体温最高記録更新しておりました、はい。
ムゥ「おかげで、暇で仕方なかったゾ。少しは、体調管理をしておケ。」
プラズマ「まあ、そこまで元気が無かったわけでもないんですがね。だが、熱が38度オーバーで学校行くのは、流石に無理でしょうに。」
明流「結構高い熱出てたのね。それで、今はどうなの?」
プラズマ「37度台前半まで下がったから、明日は学校に突撃できるかと思われ。遅れた分を取り戻すべく、化学の時間をフル活用しますです。」
円太「熱のせいで、面白いデッキとか思いつかなかったか?」
プラズマ「小説のネタなら、思いついたかなw」

スマブラX>以下、ネタバレ注意

続きを読む

呪縛の冷気

報告>宣伝っぽい及び、アダルトサイトへのリンクを目的としたコメントが多いため、『アダルト』と『http』の言葉が入る場合のコメントを封殺させていただきました。
ネギFXさんの所と同じような手法ですが、いかし方ありませぬ。アドレスを掲載する必要のあるお方は、あらかじめご報告くださいませ。

日常>風邪ひいたぁ~。喉痛ぇ。
ムゥ「むぅ、お前に倒れてもらっては、暇潰しが無くなるナ。」
明流「テストも近いんだし、早く治さないと。今日は、早めに寝ること。いいわね?」
プラズマ「残念、10時からスマブラ対戦の予定。」
明流「治す気無いわね……。」
プラズマ「いや、治す気はある。対戦終わったら、速攻で寝るだろうし。流石に、今学校を休むのは厳しい。テスト前だしね。」
円太「って、テストの準備しなくていいのかよ!」
プラズマ「大丈夫。そろそろ本腰入れるから、まずは生活リズムの改革をするため、あと3日程度で勉強モードの生活リズムを作り出すはずだから。」
ムゥ「ともかく、今は風邪を治せ。お前が居なければ、私が暇で仕方ないんだゾ。まあ、その後はテスト勉強があるけどナ。」
プラズマ「ええっと、心配してくれるのはありがたいが、裏を返せば、俺はお前の暇潰しの道具でしかないということになりますが。」
ムゥ「当然ダ。」

DM>『無敵悪魔カースペイン』を使ったデッキを考慮中。ええ、あのバトンの罰ゲームの奴ですとも。
勝者チームのバトン継承者である俺がやる必要は無いが、妙に組みたいんだなこれが。実際に組むのは無理でも、脳内構築なら……

スマブラX>後で友達と対戦。昨日の対戦は、友達にボッコボコにされて終わったからなぁ。修行しないと。
以下、ネタバレ注意。発売1ヶ月が経つまで、この方式を取ろうかと思いますです。

続きを読む

生ける屍/Living Death

ポケ>バトレボのWiFi復帰は、テスト後になりそうな。
ムゥ「む、忘れていたと思ったが、ちゃんと覚えていたカ。」
プラズマ「まあ、あれだけやってれば、忘れたくても忘れられないわな。」
ムゥ「その前に、テストという壁があるゾ。忘れるな。」
プラズマ「そろそろ、本腰入れますぜぃ。」

スマブラX>今日は友達何人か誘うが……一人しかできねぇorz
というわけで、ほぼタイマン状態の対戦レポでも。以下、ネタバレ注意。そろそろ、ネタバレはタブーじゃなくなってきたかな?w

続きを読む

PKスターストームΩ

DM>ビートダウンどうしよっかなー。

日常>そろそろ花粉症の季節。ということで、午前に耳鼻科をネット予約→1時くらいまで待ち時間あったので、その間宿題やらスマブラやらやってましたです、はい。
ムゥ「むぅ、私はそういうのが無いが、大変だとは聞いているゾ。ざまあ見ろダ。」
明流「でもほんと、大変よね。私もまだだけど、毎年たくさんの人が苦しむのを見てるもの。」
プラズマ「ちなみに、何歳になっても花粉症は突如発祥するものなので、春頃は花粉症で無い人も、毎日が恐怖の日になるわけです、はい。」
円太「俺も明流も、全然問題ないぜ!でも、お前の言うことが正しいなら、いつなることやら。」
明流「もし花粉症になったら、治す方法は無いの?」
プラズマ「無い。あるとすれば、レーザー治療ってのがあるけど、和らげるだけだし。」
ムゥ「呼吸しなければいいゾ。」
円太「無理に決まってるだろ!」

スマブラX>ピット試したけど、結構いける。けどわずかにズレるんだな、これが。
で、WiFiで久しぶりにリュカをクラウスカラーで使用。
……こいつだなw
やっぱり、俺にはクラウスリュカしかいない。うん、こいつを新たな使い手として迎え入れるとしようではないか。
というわけで、こいつで色々と挑戦してきますか。
以下、ネタバレ注意。そろそろ、大丈夫だろうか……?

続きを読む

ライフシェイバー

DM>最近デッキのネタがねえなあ。バトン対決でのネギFXさんの戦いを見て、妙にビートダウンを組みたいとは思うけども……
明流「組みたいなら、組めばいいじゃない。」
プラズマ「いや、ビートダウンって、どういうカード入れたら良いのか分からんのよ。DM始めて今年で6年。ここまできてもなお、分からないものがあるとは。」
円太「確かに、難しいかもな。速攻とも違うし、コントロールとも違うわけだし。」
明流「それに、『殴るだけ』というわけでもないのよね。攻撃の中にも、たくさんの戦略が組み込まれている。それが、本当のビートダウンよね。」
プラズマ「うむ。だからこそ、面白さがあるんだろうね。とりあえず、試しに『キリュージヴェルスビート』でも組むかね。」

スマブラX>ピクミン&オリマーは無理でした。というわけで、次の標的はショタコンホイホイピットでいってみますです。こいつも空中戦型だから、まだマシだと思うけど、どうだろ。

バンアレン帯

日常>あ、今日ってあれか?『バンアレン帯』。
円太「なんだそれ。」
明流「『バレンタイン』でしょ?何よ、『バンアレン帯』って。」
プラズマ「太陽風から地球を守ってる、空高くにある場所らしいです、はい。」
ムゥ「む、チョコレートをあげたりもらったりする、あれカ。」
明流「そうよ。本命は好きな人に、義理は友達感覚の人に、女の子が男の人にチョコレートをあげる日なの。」
ムゥ「説明されなくても、分かってるゾ。」
プラズマ「お前の知識は、どこから取り入れている。」
ムゥ「秘密だゾ。」
明流「それじゃあ、円太。はい、チョコレート。」
円太「おっ、マジか!ありがとう~!」
ムゥ「本命カ?」
明流「そ、そんなわけないでしょ!義理よ義理!」
プラズマ「まあ、そうでしょうね。」
ムゥ「というわけで、お前にもチョコレートダ。受け取れ。義理じゃなくて、本命だからナ。」
プラズマ「へぇ、お前にしては珍しい。何入れた?」
ムゥ「メタミドホス。他にも、ジクロルボスとかも入れておいたゾ。」
プラズマ「ははは、そりゃあ本命だなぁ!」

スマブラX>ううむ、カービィに限界を感じてきた。DX時代から、使うこと千回以上はあると思うが、流石にそろそろ……冗談じゃなくて、マジで1000回くらい使ったかもしんねえ。
次の使い手は……ピクミン&オリマーかな?

コロッサス・ブースター

ムゥ「今日は、マスター多忙のため私達で運営するゾ。」
明流「でも、何について話せばいいのよ。話題提供は、いつもあの人だったでしょ?」
円太「とりあえず、適当に喋ってればいいんじゃねえか?」
ムゥ「適当に喋っているだけで面白い記事が書けるなら、とっくにやっているゾ。もう少し、頭を働かせロ。」
円太「んだとぉ~!」
明流「ストップ!相変わらず、仲悪いのね。」
円太「だってこいつが。」
明流「口答えしない!」
ムゥ「そうだゾ。少しは黙って、聞き過ごすんだナ。」
明流「あなたも、もう少し口を慎みなさい?」
ムゥ「む……」
円太「それで、何を話せばいいんだよ。」
明流「ほら、もうすぐバレンタインデーでしょ?それについては、どうかしら。」
円太「それよりも、例のバトンについて語るのはどうだ?」
ムゥ「それ以前に、既に十分喋ってるけどナ。」
明流「……難しいわね。出だしが出だしだけに、結構。」
ムゥ「だナ。」
円太「今日は……もう帰るか?」
明流「そうするのが、無難かもね。」

レーザー

DM>『超神龍アバス・ノナリス』を軸に、デッキを組みたい今日この頃。
ムゥ「相手の攻撃クリーチャーを、強制攻撃させるカードだナ。スレイヤーや高パワー、除去呪文に弱いのが弱点カ。」
明流「でも、『パラ・オーレシス』と一緒だと、相手のターンの間はパワーが10000にもなるわね。除去呪文にも『ペトリアル・フレーム』があるし。」
円太「早い段階で出せれば、結構良いと思うけどな。相手の手札とかを見て、状況判断してから出さないと、すぐに除去されるけど。」
プラズマ「決まれば強い。けども、なかなか決まらない。っていうのが、このカードかね。」
明流「でも、上手く使えれば厄介なカードに違いないわね。手札破壊で行動を制限したりしたら、結構良いんじゃない?」
円太「早い段階で出すのも、有効だと思うけどな!」
プラズマ「ううん、どうなんだろ。」
ムゥ「まあ、完成させる前に、テストがあるだろうけどナ。」
プラズマ「それを言うなって。」

日常>特になし。久しぶりに『ひぐらし』見たくらいかね。まだ、解にすら到達してないです。
とりあえず、宿題がうっとおしいくらいあるんですが。

スマブラX>以下、ネタバレ注意。

続きを読む

波動の嵐

DM>バトンデッキ対戦、決勝戦の結果が出たようです。
円太「うっ、ついにきたか。」
ムゥ「相手は、『オルゼキア』や『母なる大地』を入れた強敵だからナ。簡単には勝たせてくれないだロ。当然、『勝てるなら』の話だけどナ。」
明流「それで、結果はどうだったの?」
プラズマ「なんと、『優勝』しちゃったみたいです!」
円太「うお~!やった!」
ムゥ「当然だナ。」
明流「『ボルシャック・大和・ドラゴン』の素早さが、とっても活かされた戦いだったわね。とどめには、いつもこのカードだったみたいだし。」
ムゥ「『コアラ大佐』も、なかなか良い働きをしていたゾ。」
プラズマ「ううむ、ビートダウン恐るべし。いや、使う人がそりゃあ強いからそうなんだけど。攻め時とかが、本当に上手いですね、ネギFXさん。」
円太「俺だったら、常に攻撃しかしないもんな!」
ムゥ「それを、バカと言うんダ。」
円太「なんだとぉ~!」
ムゥ「私なら、じっくり攻め時をうかがうけどナ。常に攻めることだけが頭にある奴は、簡単に倒せるゾ。」
プラズマ「ビートダウンは、殴るだけじゃないからね。多彩な戦術を織り交ぜながらの攻撃だから、扱う人が上手ければ上手いほど、底なしに強さが上がっていく。」
明流「守りを固めようとしても、『ジェット・アール・イー』で突破されちゃうし、除去してもいくらでも出てくる。ある意味、脅威ね。」
ムゥ「だが、『デクロワゾー』には苦戦しそうだったナ。運良く出されなかったものの、中盤から出されていれば、多分勝てなかったんじゃないカ?」
プラズマ「ううん、どうだろ。『ザークピッチ』『ヒャックメー』『大和』っていう、高パワークリーチャーも何体かいたからなぁ……。」
明流「でも、『ヒャックメー』は手札を失うわよ?自分のターンに出すと、自爆行為だし。」
円太「それに、そんなコストの高いクリーチャー、出した瞬間に『オルゼキア』で破壊されちまうからな。」
プラズマ「まあ、的確に除去できていたわけだから、『運良く』って事は無いかな。」
明流「そうね。『コーライル』『アクア・スナイパー』『母なる大地』とか、クリーチャーをどける良いカードが、結構な枚数入ってたものね。」
プラズマ「本当、選ばれたカードが良かったんだろうな、これ。誰だよ、『牢黒の伝道師ミリエス』とか選んだの。」

 召 喚

日常>Wiiのネットへの接続を、有線にいたしました。これで、今まで以上に安定した対戦が可能かと思われ。
DSは、相変わらずWiFi使わないと不可能。まあ、あんまし使わないからいいや。
今日はナッシング氏の家に召喚され、ひたすらスマブラやってましたです。普通に対戦をやったり、色々と。


スマブラX>というわけで、今日の対戦レポでも。以下、ネタバレ注意

続きを読む

さぶざむ

DM>バトンの1戦目の結果が出たようです。
円太「うっ。罰ゲームか、回避か、どっちだ……?」
明流「私、ボクっ娘とかいやよ?」
プラズマ「何を言うか!俺はともかく、他の優秀な方々の選んだ下さったカードが、負けるわけなかろう!」
円太「ってことは、勝ったんだな!!」
プラズマ「相手の回りが悪かった、ってのもあるかもしれんが、結果は勝利みたい。ログ見たけど、初戦で『ミリエス』が妙な活躍してくれたみたいです。」
明流「やっぱり、あの人が選ぶカードはすごいわね。」
プラズマ「ああ、アウスキーさんのことですね。実は、今回の勝敗で小説の展開を変えようかと思ってたのは秘密。で、勝ったのでアウスキーさんには、やっぱり生きてもらいますか。」
円太「なぁ~んだ。やっぱり、死なないんじゃん。」
プラズマ「設定上、かなりしぶといですよ、彼。」
明流「話がズレてるわね。で、他にも『ジェット・アール・イー』や『ボルメテウス・武者・ドラゴン』とかが、活躍したみたいね。」
円太「今回は殴ってくるタイプじゃなかったから、『ヒャックメー』は出なかったな。ま、次からは使えるだろうけどな!」
プラズマ「他にも優秀なカードはズラリとあるから、ボロ負けって事は無いかな。勝てるかどうかなんかは知らないけど、優勝が不可能なデッキでは無いかもしれない。今回のログ見てて、そう思えましたです。」
円太「大丈夫だって!絶対優勝できる!」
明流「だ~か~ら、一回勝っただけで調子に乗りすぎないの!それに、ネギさんにプレッシャーかかるでしょ?戦うのは私達じゃないんだから、静かに見守りましょう。」
プラズマ「そやね。とりあえず、今日は上位2チームの対戦。明日の結果が、非常に楽しみですな。」

日常>雪すげぇw
久々に積もったの見たわ。朝は積もってなかったらしいが、1時間ほどで結構積もったみたい。
ムゥ「むぅ、そういう時は起こしてくれと言っただロ。」
プラズマ「可愛い寝顔だったから、眠らせておきました。後悔はしていない。」
円太「当然、外で雪遊びだよな?!」
プラズマ「え、家でスマブラ三昧だったんですがw」
明流「それに、まだ風邪が治りきってないんでしょ?」
プラズマ「まあね。大分楽になったから、明日からは大丈夫だと思われ。とりあえず、明日は運動がてらに散歩でも行くかな。父上が、休日の朝は散歩に出かけてるから、それについていくとするか。」
ムゥ「む、親か。私の親は、今どこに……」
円太「そういえば、お前親の設定とか考えてんのか?」
プラズマ「え、あ、うん。と、当然、か、かか、考えてますとも。」
明流「考えてなかったのね。」
円太「なにぃ~!?今すぐ考えろ!今すぐ!」
プラズマ「大丈夫、問題ない。生みの親は俺だぁ!」
ムゥ「『メテオ』唱えるゾ。」
プラズマ「え、いや、それは困る。」

スマブラX>BGMに、ポケモンダイパをやりこんだ人なら当然知っているであろう、あの曲『209番道路』こと『廃人ロード』があるではないか!
あれ聞いたせいで、妙にポケモンやりたくなったじゃねえかちくしょう!
で、今日はWiFiで数戦やりました。勝率は7割程度ってとこかな?4人対戦だと、結構戦略が幅広い。逃げるなり攻めるなり、アイテム取るなり自由自在。
円太「男なら、どんな状況だろうが立ち向かわないとだめだろ!」
ムゥ「殴るだけが勝負じゃないゾ。時には逃げ、時には守り、時には攻め、それが戦いダ。」
プラズマ「ムゥの言うとおり。臨機応変に戦術を使い分けてこそ、真の猛者なのです。俺なんか、まだまだ未熟者です、はい。」

ポケ>さて、そろそろ新しいゴーストパーティ構成のため、動きますか。

スマブラXその2>以下、ネタバレ注意

続きを読む

ホーリー・メール

ポケ>ダブルを組もうか、シングルを組もうか……ゴーストパーティだけど。

日常>喉いてぇ~。風邪か?先週から引っ張ってる、妙に悪化しないけどじわじわ悪化する謎の風邪か?
明流「喉を乾かさないことね。特に、夜中は用心しないと。」
円太「この時期はインフルエンザやらノロウイルスやらがはやるから、気をつけたほうがいいぜ?」
プラズマ「特に、ノロだけは感染したくねえな。インフルエンザよりえげつないぜ、あれ。」
ムゥ「まあ、無理しないことだナ。」
プラズマ「まあ、明日行ったら3連休だし、それまで耐えますか。3連休は宿題もやらねぇとまずい。」

考察>今日は、まじめ。
近頃騒がれている、毒物入り餃子。あのニュース、最初新聞に載った時、どんな風に書かれていたか覚えておられるでしょうか。
大体、今見ているのと一緒です。が、タイトルの横にはやや大きめの字で『中国産』とかかれておりましたです。
そして、販売元のメーカーの名前は、その更に隣に、ほんの小さく書かれていただけ……
もしここに、メーカーの名前が書かれていただけでは、「うおっ、マジか!」ってなったと思います。が、『中国産』と書かれていた今回の場合の反応は、『またか』です。分かりますね?

表記方法一つで、注目度や関心がかなり変わっております。

これこそ、今のマスメディアのもつ恐るべき能力。強調する部分一つで、日本の社会の流れを完璧に左右できる。
もしこの事件、メーカーの名前を強調していた場合、これほど餃子が売れなくなる自体にはならなかったはず。売れなくなるとしても、これほど酷くはならない。
逆に、名だしされたメーカーの商品は完璧に売れなくなり、大損害となるでしょうな。
数ヶ月前にもここで書いておりましたが、もう一度言いましょうか。

メディアを鵜呑みにする奴は、速攻で破滅します。

みんなが見ているニュースだろうが、ネットの情報だろうが、関係ありません。表記法一つで操作されているかもしれませんし、そもそも根本的に嘘かもしれません。ある事件で『○○氏が犯人か!?』と書いてあるだけでも、その人が犯人だと思うでしょう?
今回も同じ。第一、あの冷凍餃子、どこのメーカーの商品だったか覚えてますか?
円太「うっ、初めてまじめな話になってんな。」
ムゥ「初めてではなく、久々に、ダ。確かに、今の人間はメディアの報道に影響されすぎているナ。メディアが報道した通りに考え、行動していル。今回のように『中国産』と書かれただけで、中国製品が売れなくなったのが証拠だゾ。」
プラズマ「そうやね。他にも、『消費税問題』があるか。『消費税が上がる』と報道しているから、みんな『上げてほしくない!』って思うわけじゃん。でも、上げないと後悔するのは俺達なんよね。国債、どんだけ溜まってると思ってんの?」
明流「でも、私達へのふたんが大きくなり過ぎない?特に、低所得者に対しては不平等な税金じゃない。商品にかかる税金だから、所得に関係なく税金を納めないといけないわけだし。」
ムゥ「だナ。国債を返したいなら、まずは高所得者に対しての所得税を上げればいいんだゾ。」
プラズマ「だけど、高所得者である議員達は、当然それをやろうとはしないわけなんだよね。」
円太「やっぱり、大事なのは自分なのかよ。」
明流「そうね。」
プラズマ「だから、頭の良い奴は好きにはなれんのだよ。頭が良くとも、人間的に腐っていては意味がないからね。」

スマブラX>全キャラ出現完了。とりあえず、第1段階の半分くらい到達かな?
以下、ネタバレ注意

続きを読む

スターロッド

ポケ>新しいゴーストパーティを組もうと思うとすれば、新たに孵化作業を再開しなければならないことが判明。めんどくさいなぁ~。
ムゥ「また、ゴーストタイプの軍団が、お前のボックスを埋め尽くすゾ。」
プラズマ「そこんとこの対策は万全ですぜぃ。」

日常>明日はクラブなし。というわけで、再びクラスの友人とWiFi対決。今日にいくらかきわめてみないとなぁ。

スマブラX>亜空の使者クリアいたしました。今日からは、他の要素の攻略をしたいと思います。
以下、ネタバレ注意

続きを読む

おきみやげ

今日は、この後色々と出かける用事があるです、はい。夜はパソ使用が難しいので、クラブ休んでやることやらねば。

スマブラX>やっぱり、カービィが一番しっくりくる。安定性も、攻撃ヒットの確率も、ダントツで良いわw
以下ネタバレ注意

続きを読む

テレポ

日常>今日は特に何もなし……か。

ポケ>さて、スマブラで『亜空の使者』攻略してひと段落したら、新しいパーティでも組むとしますか。当然、ゴーストタイプ統一でw
ムゥ「なんだ、まだやる気はあるのカ。」
プラズマ「当然。どっちも面白いからね。」

スマブラX>友達2人と1時間ほど対戦。場所は、ほとんど『戦場』。
色々キャラ変えたりしてたけど、やっぱり『カービィ』が一番しっくりくるか。というわけで、やっぱし持ちキャラは『カービィ』で。初代と変わりませんな。
以下、ネタバレ注意

続きを読む

PKビーム

日常>とりあえず、模試の家庭受験の奴やらないとなぁ。物理のやつ、初っ端から習ってないとこ出されたので、問題見ないで攻略。やる気起こらん。
現代社会は、余裕すぎて面白くなさすぎるw
明流「あなたの弟と違って、現代のことには強いみたいね。」
プラズマ「弟は、歴史が異常に強いからね。俺の模試の歴史の問題みて、結構解いてたしw」
ムゥ「それだけ、お前の頭脳レベルが低いということだゾ。」
円太「おいおい、俺なんか、考えても解けないぜ?」
プラズマ「お前は中学生だから、無理なのは当然。」

スマブラX>亜空の使者プレイ。以下、ネタバレ注意

続きを読む

ハイパードライブ

DM>ついに、バトンが終点まで到着したようです。とりあえず、選ばれたカードを見てみましょう。

《ボルシャック・大和・ドラゴン》@ネギFXさん
《勇騎聖者ジェット・アール・イー》@YesManさん
《霊騎秘宝ヒャックメー》@カクタスさん
《翔竜提督ザーク・ピッチ》@ファラオ.さん
《サイバー・ブレイン》@bbさん
《エナジー・ライト》@ハムさん
《青銅の鎧》@蒼穹さん
《牢黒の伝道師ミリエス 》@プラズマさん
《パクリオ》@黒姫さん
《アクア・スナイパー》@ma!@酒屋さん
《コーライル》@blacks0726さん
《ボルメテウス・武者・ドラゴン》@化身さん
《アクア・スーパーエメラル》@安部さん
《森の指揮官コアラ大佐》@杉信さん
《母なる大地》@ナラ・セラフィムさん
《幻緑の双月》@ウミネコさん
《アクア・サーファー》@todayさん
《無頼聖者スカイソード》@デスボルケーノさん
《クリスタル・パラディン》@DMクリスタルさん
《バルキリードラゴン》@FARUさん

円太「久々の登場だい!」
明流「自然、水のカードが豊富ね。『クリスタル・パラディン』は、最後の切り札ってとこかしら。」
プラズマ「序盤からシールドを割りにいけるのは、頼もしいね。あと、『スカイソード』もナイス。これで、シールド追加カードは『ジェット・アール・イー』との2枚になったわけです。」
明流「何気に、マナソース風味な動きもできるわね。そこに『アクア・スナイパー』がくるし、フィニッシャーも『ボルシャック・大和・ドラゴン』や『バルキリー・ドラゴン』とか、結構良いのが揃ったね。」
プラズマ「『アクア・スナイパー』は『母なる大地』で使いまわしが可能。『バルキリー・ドラゴン』は『ザーク・ピッチ』を呼んで来て、『ヒャックメー』でカウンター。」
円太「『ボルメテウス・武者・ドラゴン』は、『スカイソード』や『ジェット・アール・イー』で効果を連打できるし、『ボルシャック』との相性も良いよな!」
明流「しかも、『クリスタル・パラディン』には『アクア・スーパーエメラル』を使いまわしたり、それから進化したりもできるわね。」
プラズマ「これはこれは、結構面白いデッキが出来上がりましたな。

スマブラX>使い手が、『リュカ』になりました。いや、結構強いわあれw
亜空の使者プレイ日記。以下、ネタバレ注意?

続きを読む

ジャッジメント・デイ

DM>バトンが、ゆっくり回っております。残りは3枚。とりあえず、行く先をじっくり見届けさせてもらいますか。

日常>スマブラしかやってねぇw
と言いたいが、風邪引いてたから、クラブ休んで少し寝てましたです。2月は、胃腸炎という嫌な思い出があるので、結構慎重になってたり。
とりあえず、明日からは休日……だと思うなよ!
明日は模試、日曜は11時30分~4時までつぶれるから、ろくに休む間もなし。何だこれw
来週は3連休ということで、そこで『亜空の使者』を制覇したいと思いますです。

スマブラX>亜空の使者プレイやら、色々プレイ中。以下、ネタバレ注意

続きを読む

プロフィール

プラズマ

Author:プラズマ
牢獄でもあり、我が家でもある。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
Twitter
デュエル・マスターズ開発部XX
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク