亡舞「生者必滅の理 -異界-」

「異界」は、バイオハザード アウトブレイクのシナリオの一つ。


DM>数年ぶりに『ユニバース』を使ってみたい気がしてきた。
多分すぐ興味が逸れる気がするけど。
どちらかというと、『ネロ・グリフィス』を組みたい気分。
魅魔様っぽく仕上げたいから、ちょっと捻るけど。
『デス・ゲート』が登場するし、『サプライズ・ホール』唱えられるし、弱くはないはず……
『グローリー・ゲート』『アルカディア・エッグ』で出て来るうえ、『エッグ』はトリガーで防御にも。
『ヘブンズ・ゲート』が、悩むところ。組み合わせは強いんだけどなぁ。
入れるカードは、一応
・『ネロ・グリフィス』
・『グローリー・ゲート』
・『アルカディア・エッグ』
・『転生プログラム』
・『ザビ・ミラ』
が確定っぽい。キャライメージだから、本格的なのは作らないよ。
ただ、『ザビ・ミラ』と『グリフィス』は相性良いかもしれない。重いけど。
入れるとしても一枚だろうから、問題無い……はず。多分。
後は、安定剤か。
ドローは必須だし、『レオポルディーネ』でも入れてみようかねぇ。


マーセ>とりあえず、全てのミッションクリアしたところ。
Ex.9は、最初クリア時でSSランク出せたが……200万欲しいな。
巨大チェーンソー男2体同時とか、ガラドール3体同時とか、色々キツい。
チェーンソー男4体は、さすがにいい加減にしろと……


ホラー>夏に全くやらなかったな。
怖い音楽というか、そういう類いで紹介され易いBGMを少し。

続きを読む

スポンサーサイト

ダウンロード

日常>一日中プログラミングに悩まされてた気がする。
課題を片付ける作業。昨日遊んだのが響いたな。
明日からは通常通りの日程になるから、風邪には気をつけたいところ。
それにしても、来月からもう、冬休みか。今年ももう終わりですぜ。


DM>『ドグマグ』のゴーストを弄ってみた。
まあ、制圧力はかなり高め。ハマるとかなり鬱陶しい程。
呪文を封じる手だては、やっぱり欲しいなぁ~と思うけども。
ただ、クリーチャーを相打ちで打ち取りまくるのはかなり爽快。
いやぁ、良いねこれ。


ポケ>ホウエン御三家解放で、そこら中から悲鳴が聞こえる気がする。
俺は完全スルー状態なので、高みの見物してますが。
明日でそれなりに課題が片付くはずなので、そこから育成再開しようか。
もとい、孵化作業ですが。


ホラー>詰めデュエマやろうと思ったけど、普通のクイズやろうと思ったけど、ネタがなかなか思い浮かばなかったのでコイツで良いや。
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?から、個人的なおすすめを紹介。
何気に、政治関連の現実的な話とかあるけど、そっちは回避する方向で。

続きを読む

おんねん

英文:Spring has come!
訳 :バネ持って来い!
まあ、有名なネタですよね。

DM>『トラップ・コミューン』を、とりあえず一枚だけ再録してみた。
一体だけ破壊するだけでも、それなりの性能なのだと思うのだが、どうだろう。
そういえば、Vault様にて、一人回しが出来なくなったようですね。
初心者により一層厳しい措置ですが、重さ故仕方ない。
初心者歓迎、という方が増えて下されば、安心して利用する事は可能ですが。
それはともかく、今夜はゴーストを、ちょっとだけ使ってみたいと思ってます。
ある程度の相手には対応出来るけど、コントロール系には分が悪い。
『クイーン・アルカディアス』が出せれば良いけど、なかなか出ないからねぇ。
序盤から『ゴースト・タッチ』『ジェニー』で妨害出来れば良いが、そう簡単にもいかない。
コントロール相手のプレイングが、どうにも必要なようです。
それか、コントロール相手にも対応出来るよう、改良していくべきか。
いずれにせよ、まだまだ課題は見つかります。困った困った。
今後の環境は、パワー1000が増えるので、『ローズ・キャッスル』が重宝しそうです。
ということで、メタとして『光器ペトローバ』も再録。
こちらもパワー1000が多いので、一枚でも要塞化されると、かなりきついです。
一応、他にも『セイント・キャッスル』という手もあるのですが、どうもイマイチ。
ただこちらは、『ブラッディ・シャドウ』を早い段階で強化可能。
これが、『キリンソーヤ』をブロック出来るか否か、の分かれ目でもあります。
まあ、今後の経験次第で、入れ替えて行きますかね。

クロスカップ>明日から本気出す。
昨日も同じ事を言っていたから、多分明日も同じ事を言いそうだな、うん。

ホラー>そうだな。そろそろ、マジなモノをご紹介したいから、紹介しよう。
ムゥ「久しぶりの、本物だナ。」
プラズマ「ニコニコ動画にもある、The Houseって奴。
The House
The House 2
1は、下にある日本国旗マークをクリックすると、日本語verで遊ぶ事が出来ます。
2は、まだ日本語には対応してない模様。英語の勉強に使いましょう。
ホラーというより、ビックリ系ですね。まあ、ホラーフラッシュ程の不意打ちはありませんが。
なかなかの良作。怖さだけを追求したら、まあこんな感じなのかねぇ……
ムゥ「初見殺しだナ。なかなか思う様に進まないから、余計に怖いゾ。」
まあ、暇な時にでも、是非一度プレイしてみてくださいな。
そんなに長くないので、時間をそこまで取られる事は無いはず。
もっともそれは、あなたがビビらずにプレイできれば、の話ですけどね。
ちなみに、制作者様のサイト(?)を、下に貼付けておきます
SINTHAIstudio

BGM>ゲーム曲の神アレンジ色々。つべから

続きを読む

八尺瓊勾玉

正直、黄猿どころか、海軍大将は全員、反則級の強さだと思う。

DM>ゴーストを、どう弄ろうか考えてます。
新殿堂が発表されたので、環境は暫く混沌としそうですからね。
新殿堂後に活躍しそうなデッキを使う人や、最後までキリコ辺りを使う人。
それぞれが入り乱れるかもしれないので、対策が難しいのです。
なので、あえて<長所を伸ばす構築>というのが無難なのかもしれませんねぇ。
まあ、ぼちぼち考えましょうか。
今週のコアは、土曜日だったはず。人来るかなぁ……?

DMその2>無限死神に、『オルゼキア』が収録されるそうな。
『ジャックバイパー』で使い回す最強の切り札なので、是非手に入れたいところ。
使い回せば、相手はクリーチャーが一気に減らされていく訳です。
で、役目を終えたら、『ジェニー』辺りを回収し、フィニッシャーとして運用。
邪魔だからといって除去すると、再び使い回される。
う~ん、実に嫌らしい。
まあ、更に嫌らしいカードを、次の弾に期待してみたりするけどね

ホラー>ホラーって程でもないけど、検索してはいけない言葉を。
wikiから、おすすめの奴をいくつかご紹介。
エログロは回避する方向で。回避出来なくても、レベルは低い程度に抑えてます。多分。

続きを読む

バリアチェンジ

プラズマ・プリズムリバー……いや、物凄く紛らわしい名前だと思っただけだ。
そういえば、本日4月6日は、妖夢の日らしいね。

DM>ネタが無いので、『ギャラクシー・オペレーションθ』を考えてた。
とりあえず、扱いがめちゃくちゃ難しい奴です。
まず、究極進化MAXであるため、デッキがクリーチャーで占領されます。
そのため、このカードの能力を最大限に発揮させる事は、かなり難しい。
なので、ドリームを狙いにいくと、完全に本末転倒という事になってしまうのですよ。
ドリームを狙わないけど、でも能力を活かしたい。
と言う事で、「素出し出来るけど、『オペレーションθ』と組むと強い!」な奴を入れてみる。
というか、そんな呪文でないと、『オペレーションθ』が場を離れた後の能力が活かせない。
まず、『英知と追撃の宝剣』。
撃てば、相手のクリーチャーとマナを吹き飛ばせます。
自然のマナブーストがあれば、普通に唱えられるコストなので、まず採用。
次に『ロスト・ソウル』。
何気に『オペレーションθ』とは、相性良しです。シノビ対策になりますからね。
更に『死神アトミック・デストロイヤー』。
普通の進化クリが居る時に唱えても、二体破壊。
『オペレーションθ』が居れば、なんと四体も破壊出来る恐ろしい呪文です。
疑似『インビンシブル・アビス』になるので、あちらよりこちらの方が優秀ですよ。
んでもって、『リアルとデスの大逆転』
こいつは、相性というより『クイーン・アルカディアス』対策。
能力を完封されるので、出来れば対策として入れておきたいカードなのですよ。
まあ、これくらいかなぁ~。
ちなみに『母なる星域』との相性が、物凄く良いカードでもあります。
破壊されても、墓地から『星域』を回収して、マナに封じてあった『θ』を召喚、とか。
こいつはどうやら、使い手の構築に大きく左右されそうなカードです。
同じ超神羅の『ギャラクシー・デスティニー』より、圧倒的に扱い辛いカードかと。

ホラー>明日から、学校が再開!
微妙に鬱な気分になりがちなので、怖い話を聞いて気分を紛らわしてた!
前にも言ったと思いますが、俺は嫌な気分になった時、よく怖い話を聞きます。
恐怖心は、常にあらゆる感情より優先されて、感情を支配します。
故に、嫌な事も良い事も、全て忘れさせてくれるのですよ。
恐怖ってのは、防衛本能ですからねぇ。最優先されて、ある種当然なんですよ。
というわけで、ニコニコから怖い話を色々。
ゆっくりしね!

続きを読む

プロフィール

プラズマ

Author:プラズマ
牢獄でもあり、我が家でもある。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
Twitter
デュエル・マスターズ開発部XX
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク