上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファントム・ベール

バイオハザード>ひたすらレイドモード。
いよいよ、難易度ABYSSが解放されました。
2ステージ程やりましたが、どうやら敵の種類と配置が完全に変わってるようで。
序盤から死にかけてます。



幻想鏡現詩>昨日も、スカイプ大会「鏡現の幻」に出てみました。
当初は出れそうになったのですが、何とか・・・
という訳で、軽いレポ。
ってか、書いてて気付いたけど、もう2月だよ!

2012年2月03日(金)
23:00~
参加人数:16人
方式:スイスドロー(20分制限、1本先取)
使用デッキ:青黒赤プリズムリバー
一回戦:VS青黒ビートダウン ○
 序盤若干押されるも、プリズムリバーを揃えて、そのまま圧殺
二回戦:VS赤緑青t白ビートダウン ×
 3ターン目『小傘ーファー』で、場が壊滅。
 その後、相手『レイビーズバイト』で大量展開し、こちらの展開が追いつかず負け
三回戦:VS赤黒速攻 ○
 嫌な予感しかしないものの、トリガー『円心流転斬』で返しに相手を殲滅。
 そのまま場をキープしつつ、相手が動けないと踏んだ所で攻撃開始し、〆
四回戦:VS赤黒除去ビート ○
 盾0まで追い込まれるも、『ゴーストクリフォード』がここで真価を発揮。
 その後『ヒノファンタズム』2体を展開し、さらにプリズムリバーを。
 数の暴力で最後は〆

という感じで、3位だったようです。
優勝まで、あと一歩・・・
今回分かった事は、殴るタイミングの重要性。
トリガー読みで、殴るべきか殴らないべきか、考えないといけませんねぇ。
相手の初動などからトリガーの枚数・トリガーの種類を推測して、困るトリガーが出る確率がどの程度か、を計算しつつ殴らないと、痛い目見ますね。
これはDMにも流用出来るテクニックなので、これから先、磨いた方が良いかもですわ。
あとは・・・『ドールオブラウンドテーブル』相手に、どう立ち回れるか。
まだ一度も戦った事が無いので、未知の領域だったりします。
序盤からブロッカーを排除出来る『戸隠山投げ』はありますが、恐らく殴り返されて終わりでしょうし。
まあ、その時はその時で考えますかねぇ。
とりあえず、本日対戦して下さった皆様、ありがとうございました。
また次に会う事があれば、この愚か者をよろしくお願い致しますです。

続きに、今回使用したレシピを載せておきます。

続きを読む

スポンサーサイト

ミラージュアタック

幻想鏡現詩>プリズムリバーを色々考えてますです。
なんというか、プリズムリバーって何かに似てるなと思ったら、ウェーブストライカーだった。
何かしら、これからヒント得られないかなーとか考えてます。
発動条件がストライカー並程度なので、それさえクリア出来れば・・・
あちらは、同名が3体ならんでも発動。対してこちらは、他のプリズムリバーが存在してるのが条件。
似てますが、プリズムリバーは2体でも発動出来るのが利点。
ただし、カードの種類に制限が出来るので、一長一短といった感じですかね。
パワーの低さも、短所か。
今後のカードプール次第では化ける彼女らですが、今現在はそこまで、といった感じ。
ただし、動き次第では十分強いので・・・構築力とプレイングか。
ビートダウンはあまり得意じゃないので、練習ですかねぇ。
あるいは、一度ストライカーっぽい動きを試してみるのも、ありかも。
並べてから、それから殴るって感じで。
全体除去に弱いという点は、ストライカーと共通。
故に、同じ処置方法が効くのかもしれない。『トロンボ』的なの無いけどな。

DM>ゴーストをどうするか検討中。
環境が変わらないうえ、ハンデス冷遇が酷くなりつつ有るので、どうとも。
『ドグマグ』にしても良いけど、利点は「殴り返しに強くなる」って事なのかねぇ。
『ヴィルジニア』で蘇生出来るってのも、一つの長所。
あとは、4コストホールから次元クリ+『シャドウ』で、殴り手と進化元を確保出来るって事か。
ゴーストビートってのも、良いかもしれんね。
3ターン目『トリッパー』で相手の動きを縛れるってのも、良いね。
次に考えるのがカラーリングな訳だけども、青黒はほぼ確定・・・?
赤入れて、『ガッツンダー』辺りをスレイヤー化させて特攻、というのも良いかも。
『ローズ・キャッスル』圏内になってしまうのが、若干辛いけども。
ドローソース無くとも、4コストホール『カトラス』で何とか・・・
とりあえず、その方向で考えてみますか。

バイオハザード>リベレーションズ、とりあえず一周クリアしました。
で、二週目は日本語音声で。
ラスボスは、攻略法さえ分かれば、後は気合いで。
とりあえず続きには、今回の「かゆうま」こと「通信兵長の日記」でも。

続きを読む

なみのり

DM>先週から、ほとんど手を着けず。
なんというか、かなりマンネリ状態。新しいタイプのゴーストでも作れると良いんだが・・・
難しいね。



バイオハザード>リベレーションズやってます。
テスト前なのに。
一応、最後の方まで到着。
評判はまちまちですが、やってみれば、そんな悪い感じでもないかと。
船一隻分のマップを搭載してるらしいので、大きなマップ変更時に、ロード時間が長いくらいで。
操作法は4、5と同じですが、ゲーム的には、1、0に近い感じですかねぇ(相手が得体の知れない奴って点と、限られたマップ内を行き来するという意味合いで)。
スキャグデッドがトラウマすぎてもう・・・
メーデー!メーデー!



幻想鏡現詩>昨日のスカイプ大会「鏡現の幻」に出てました。
テスト前なのに。

2012年1月27日(金)
23:00~
参加人数:16人
方式:スイスドロー(20分制限、1本先取)
使用デッキ:青黒赤プリズムリバー
 一戦目:VS白黒緑コントロール
  序盤攻めるも、場を制圧されて相手のペース。
  コントロール相手に止まると、多分無理っすわ。
  ロウ・ディレクションで盾回復され、逆転不能に陥って負け。
 二戦目:VSおりんくうランデス
  序盤から『フィクストスター』『スプリーンイーター』で除去&ランデス。
  DMの「アッシュランデス」そのままの組み合わせで、場と霊玉が沈黙状態に。
  結局守りを固められずに負け。
 三戦目:VS青黒コントロール
  序盤からガッツリ攻めて勝ち。
  プリズムリバーは、勢いに乗れば強いんだけどねぇ。
 四戦目:忘却
  トリガースペルカード2枚が出て、それでカウンターしたのは覚えてる。
  状況が状況だけに、記憶に残す余裕無かったかー!

というわけで、2勝2敗で圏外。
プリズムリバーの構築を、一から見直す必要があるかなぁ。
一度場を壊滅させられると辛いので、そこをどうくぐり抜けるか。
プリズムリバー自体がパワー低めなので、全体除去を抜けるには、他の対処法が必要。
となると、やはり『アンディファインドダークネス』『トリリトンシェイク』辺りが候補。
しかしながら、スペルカードの全体火力にはほぼ無意味な訳で。
となると、やはり「破壊されない」より「破壊するとデメリット発動」の方が良いのか?
と思ったけど、結局場数を減らされる事に代わりは無いので、変わらない。
先週、もにさんと「スライ気味にする?」ってな感じの会話になったので、とりあえず考えてみる・・・か?
う~ん、難しいっすわ。
勝ちパターンに入った試合を全て振り返ると、
・プリズムリバーがしぶとく残ってビートダウン
・『ヒノファンタズム』が安定して殴れる
・プリズムリバーが揃うと、他のスペルカードが不要な程に強い
って点で共通してるから、やっぱり揃える事重視の方が良いんだろうか。
しかしながら、揃えるのが遅いと、結局コントロールには勝てない訳で。
よって、序盤に揃えないと意味が無い訳ですが、そこで壁にぶち当たる。
5ターン目から『ヒノファンタズム』が安定して殴りだすと強いので、『アンデュレイションレイ』は、間違った選択ではない・・・はず。
となると、更に回転率を上げる為に『諸行無常の教え(パーセプト・トランジエント)』を入れるのも手。
これだと、幽霊を落とせば『円心流転斬』で回収も狙えるし、3ターン目までにデッキを最大5枚めくれるから、その後に『アンデュレイションレイ』出せば、確率的には一枚は手札に加えられる。
もちろん、「確率的には」ってだけなので、そうなるとは限らないけど。宣言カードに埋まってたりすると、また確率変わりますし。
あとは、『リリカ・ソロライブ』を活かせるかどうか、も重要。
手札に握ったら、下手に殴らないプレイングも必要になるのかもなー。
まあ、色々試してみましょうかね。

続きに、今回使ったレシピ載せておきます。

続きを読む

賀正電士メデタイン

日常>新年明けまして、おめでとうございます。
今年も更新頻度は落ちる一方でしょうが、何卒よろしくお願いします。
ちなみに私は、年末から胃の不調でぶっ倒れ気味です!
ムゥ「相変わらず、貧弱だナ。」
運動不足って、恐いね。



DM>詰めデュエマの要望があったので、ちょいと考えております。
難しすぎず、かといって簡単すぎず。
バランスが難しいっすよねぇ。



幻想鏡現詩>新篇の情報が出たので、とりあえず、プリズムリバーをば。
二篇がもう一つ手に入ったら、一篇はプロキシ有りでもスカイプ大会出れるらしいので、これを使うかもしれないですねぇ。

4×冥鍵「ファツィオーリ冥奏」
4×弦奏「グァルネリ・デル・ジェス」
4×管霊「ヒノファンタズム」
2×神弦「ストラディヴァリウス」
2×騒符「リリカ・ソロライブ」
2×転生剣「円心流転斬」
2×鵺符「鵺的スネークショー」
3×繋がれし悪魔の手(ヴァンパイア・ハンド)
2×天符「天仙鳴動」
2×妖狐仙閃(クロム・アロー)
1×身体強化魔法(マジックアイド・スリーブ)
2×鳳凰の試練(ブレイズ・ウォール)
4×ダブル・ドロー
2×兎符「因幡の素兎」
2×白符「アンデュレイションレイ」
2×傘符「一本足ピッチャー返し」

黒×13、青×14、赤×13

プリズムリバービートダウン。
『ファツィオーリ冥奏』がグレイズ持ちのアタッカーになるので、殴り返しには微妙に強め。
『ストラディヴァリウス』の登場で、更に殴り返され辛くなっております。
また、ある程度シールドを削ったら、『リリカ・ソロライブ』で一気にフィニッシュに持ち込む事も。
ただし、序盤の動き方によっては戦略の変更も必要なので、扱いは若干難し目かも。
幽霊キラーが若干増えた感じなので、その点も考えて動かなければ・・・

バキューム・クロウラー

カービィ>今更Wiiのを買ってみました。
やってみた感じは、Wiiの画質でスーパーデラックスをやってる感じ。
久々の順当なカービィなので、操作はかなり楽に感じます。
難易度は、少し高め。最近のカービィにしては、珍しいです。
普通にステージをクリアするだけなら簡単。ただし、エナジースフィアを全て回収するとなると、一発攻略はまず不可能という、従来のシステムを敬称してるです。
さらに、仕掛けやトラップも、過去のものに類似したものが多め。
歴代の集大成と言われるだけはあります。
今現在、ステージ3を攻略したところ。エナジースフィアは、回収出来なかったらスルーして進めてます。
とはいえ、半分以上は回収してるので、後々回収するのは楽・・・なハズ。
今までの経験上、回収に一週間かかりそうだけども。
今回も、据え置き型恒例の、真ボスが居るそうな。


DM>ガガ・アルカディアスを組んでみました。
が、明日の大会はパス。
課題を進めたいのと、カービィやりたいので。
次回は行く予定なので、その時に色々と。


ポケモン>何気にモチベーションが上がってきてます。
しかしながら、やる時間が無い。
少なくとも、カービィを一通りやり終えてから、になりそう。
それまでモチベを保ち続けられるかどうか・・・
プロフィール

プラズマ

Author:プラズマ
プラズマ:大学生の、ココの管理者。DMプレイヤーであり、ゴーストポケモントレーナー。
そろそろ忙しい割には、何かと遊ぶ遊び人。将来?何それ食えるの?
切り札:特に無し

ムゥ:種族ムウマージの「ムゥ」。なんかもう、ポケモンかどうかも怪しくなってきた。
切り札:『邪悪の魔黒デビル・マーシャル』

テタヌス:滅多に出て来ない、よくわからない奴。
いつもシルラと一緒。ちなみに、そこそこイケメン。
切り札:『究極神アク』

シルラ:テタヌスの恋人というより、妻であるサーナイトの「シルラ」。彼を「ご主人様」と呼ぶけど、本人はあまりその呼び方が好きではないようで。
ちなみに、かなり美人。らしい
切り札:『超絶神ゼン』

宇院 円太(ういん えんた):熱血的で直線的な少年。ムゥとはそれほど仲が良い訳ではない。そもそも、住む世界が違う。今年で恐らく高校一年の16歳。
切り札:『超神星アポロヌス・ドラゲリオン』

小林 明流(こばやし めいる):円太の暴走抑止係の少女。ツッコミ担当(?)。円太と幼馴染の、高校一年16歳。
切り札:『大勇者 二つ牙』

アウスキー・エルスパー:円太達との接点は薄い。常に冷静沈着で、ほとんど表情を変えない男。
明流以上の的確なツッコミと、暴走阻止能力が売り。
ちなみに、笑ったところは誰も見たことがないという、都市伝説さえあるとか。
切り札:『エンペラー・マルコ』




ポケモン(バトレボ)のフレンドパス
0945 8186 0673
対戦したいという物好きな方がいれば、喜んで承りますです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
Twitter
デュエル・マスターズ開発部XX
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。